Tag Archives: Kiss FM

One Family, One Station, Our Voice キスFMとWBLS突如合併!

Add to FaceBookAdd to Twitter

One Family – One Station – Our Voice
キスFM とWBLS 突如合併!

ずっとライバル同士で鎬を削ってきたニューヨークのブラックFMステーション、 KISS FM と WBLS が突如合併することになりました。NYのブラック・コミュニティーと共に歩んできたこの2つのFMステーションが1つになってしまうなんて…….。

今後はキスの98.7は、キスを買収する形となったWBLS107.5に移行
http://wbls.com

98.7は売却先のディズニー系列のESPNが引継ぎ、スポーツ番組中心の局としてあらたに始動を開始するとのことです。

その影響で、キスの音楽フォーマットは同系列会社のホット97に一部受け継がれるとのことです。つまり、ヒップホップ一色だったホット97でも積極的にR&Bやソウル・クラシックスをかけていくことになりそうです。

Keith Sweat

この合併によって、両局の番組を整理することになり、 WBLS FMのキース・スウェットの番組,「クワィエット・ストーム」が姿を消すことになります。このまま残るのは、 WBLS の看板番組、「スティーヴ・ハーヴィー・ショー」、キス FM の夕方のソウル・クラシック番組、「レニー・グリーン・ショー」など。

Steve Harvey

4月30日ミッドナイトよりキスは WBLSと統合され、 WBLS107.5にて放送を続けることになっています。今週末は「Farewell to Kiss FM」として30年間にわたるキスの歴史を振り返り、 周波数98.7最後の番組をお届けしています。

さようなら、キス・エフエム。Kiss fm

伊藤弥住子

98.7 KISS-FM Is No More…..!New York Radio Rivals Kiss-FM and WBLS to Merge

In a stunning change for New York radio listeners, Kiss-FM and WBLS — longtime rivals in the R&B format — have become one.

This merger came as a complete surprise.

The two stations began simulcasting at 10 a.m. on Thursday, and through the weekend are scheduled to celebrate the three-decade legacy of Kiss (WRKS, 98.7 FM), a bastion of black music that has been one of the most highly rated stations in the market.

At midnight on Monday, the stations will merge on WBLS (107.5 FM), according to a joint announcement made Thursday. Shaila, Kiss’s midday personality, and its nighttime disk jockey, Lenny Green, will join WBLS.

Emmis has sold WRKS’s intellectual property to WBLS’s new parent, YMF Media.

The merger is part of a complicated shuffle involving three broadcasters. Disney obtained a long-term lease for 98.7 FM from Emmis, and will bring its ESPN sports franchise — currently at 1050 AM — to that frequency on Monday.

The companies behind WRKS and WBLS have both had financial difficulties. Emmis, burdened with debt, has sold several stations over the last year, including 101.9 FM in New York, which is now a news station, WEMP. WBLS was recently taken over by YMF after its former owner, Inner City Broadcasting, declared bankruptcy.

98.7 KISS FM ホィットニー・ヒューストンの葬儀を生中継!

New Hope Baptist Church, Newark, NJ

98.7 キスFM ホィットニー葬儀を生中継!

ニューヨークのブラック・コミュニティーに貢献して30年を誇るキスFMがホィットニー・ヒューストンの葬儀の模様を彼女の育った地元ニューアークの教会、ニュー・ホープ・バプティスト・チャーチより明日土曜日、12時より生中継することを発表しました。

KISS FM (WRKS)プログラム・ディレクターのジェイ・ディクソン氏の声明は以下の通り。

「彼女のお葬式に参列できないファンの方達のため、(ブラック)コミュニティーのために奉仕するのが局の使命ですから…..。彼女の功績を讃えるセレブレーションにしたいと思います。」

出席予定者は、クライヴ・ディヴィス、アレサ・フランクリン、ボビー・ブラウン、ケヴィン・コスナー、スティーヴィー・ワンダー、ビヨンセ、ジェイZ、アリーシャ・キーズ、ジェニファー・ハドソン、Rケリー、タイラー・ペリー……とスターが勢揃い。まるでグラミー賞がハリウッドからニューアークに移動してくるかのようです。

BET, CNN など、主要ケーブルTVの生中継も予定されていて、当日はメディアの中継車で交通マヒになりそうな気配…….。

そして実はオンラインでもストリーミングされます。AP通信のストリーミングサイト:

http://www.livestream.com/aplive

 

New Hope Baptist Church – Map

98.7 KISS FM to Broadcast Whitney Houston Funeral

 

Thursday, February 16th, 2012

For Immediate Release

 

 

98.7 KISS FM BRINGS TRI-STATE TOGETHER TO PAY RESPECT TO

WHITNEY ELIZABETH HOUSTON

THIS SATURDAY, FEBRUARY 18TH

(NEW YORK, NY) 98.7 KISS FM–WRKS announces that on behalf of the family of Whitney Elizabeth Houston, 98.7 KISS FM will broadcast her service from the New Hope Baptist Church in Newark this Saturday starting at noon. “We’re providing this service to our community and for her fans that are unable to attend – but want to celebrate her homegoing. We are thankful for the honor,” says KISS Program Director Jay Dixon.

Absolute Funk ジョージ・クリントン「追悼」イベント アポロ劇場で開催!

ジョージ・クリントンの追悼イベントが10月25日アポロ劇場で開かれました。え?追悼……?まだ健在のはずなのに…….。

よく聞いてみたらジョージ・クリントンの業績を讃えるチャリティー・イベントだとのこと。ニューヨークの医療保険制度が危機に瀕しているというので各イベントを開催してその収益をシステム改善費用に充てるというのが目的だとか。各企業から寄付を募り、NYのブラック・ステーション、KISS FMが宣伝役をかってでました。

会場のアポロ劇場へはタイムズ・スクウェアから地下的 A Trainに乗って2つめの駅125丁目で下車します。開演は8時。まずはTye Tribbett率いるゴスペル・バンドが登場し、軽くウォーム・アップします。ショーの合間にビデオ・スクリーンでジョージ・クリントンとパーラメント・ファンカデリックのインタビュー・クリップやコメディアンのコメントなどが流れます。何と、今年でジョージ・クリントンはデビュー50周年を迎えたのだそうです。

クリス・ロックによると、ジョージ・クリントンは本人が死ぬ前に必ず見ておかないといけないアーティストなのだとか…….。「ジェームス・ブラウンも死んじゃったし、リック・ジェームス、バリー・ホワイト、アイザック・ヘイズも死んじゃった。あのマイケル・ジャクソンも死んじゃった。残っているのはジョージ・クリントンとプリンスだけ。」

この日のパフォーマーはフル・フォース、ノーナ・ヘンドリックス、ポール・シェーファー&クエスト・ラヴ、シーラE、ブーツィー・コリンズ、バーニー・ウォレル、ヴァーノン・リードなど錚々たる顔ぶれ。

ショーの進行役はキスFMのパーソナリティー、バグジィーです。「今日はPファンクのゴッドファーザー、ジョージ・クリントンも駆けつけてくれました。」というアナウンスが………。ふと見ると、アポロのステージ右手のロイヤル・ボックス席にあの伝説のジョージ・クリントン本人がいるではありませんか!トレードマークだった七色のヒッピー・ヘアをぷっつりと切り落とし、グリーンのピンプがかぶるような羽のついた帽子を被り、赤シャツにダーク・スーツと抑えたファッションではありますがギャングスターの親分といった貫禄があります。隣りには長年サイド・キックを務めてきたベーシストのブーツィー・コリンズが、カラフルな山高帽に星形のサングラス姿で座っていました。


ビデオ・スクリーンには、ジョージ・クリントンの「Atomic Dog」をサンプルしたおかげで大ヒットになったというコメントつきで、Dr. Dre プロデュースによるスヌープ・ドッグの「Who Am I (What’s My Name) ?」の音と映像が流れました。パーラメント・ファンカデリックの音楽は多くのヒップホップ・アーティストに引き継がれて今日に至っている、つまり、創始者のジョージ・クリントンはヒップホップ界のゴッドファーザーでもある、というような内容のナレーションでした。
パティ・ラベル、サラ・ダッシュとともに LaBelle のメンバーとして活躍していたノーナ・ヘンドリックスが昔と変らないスリムな姿で表れ、パフォーマンスを披露、ロイヤル・ボックスにいるジョージ・クリントンに敬意を表しました。
TV人気トーク番組、「ディヴィッド・レターマン・ショー」のハウスバンドのリーダー、ポール・シェーファーがファンキーなドラマー、ルーツのクエスト・ラヴを伴ってライヴを繰り広げます。ポールは白人ですが、ブルース・ブラザースの音楽を担当したほか、これまで多くのブラック・ミュージシャンとのコラボ経験があります。大好きなPファンクとあっておもいきりグルーヴィーなサウンドでアピール、アポロの観客にも認められていたようです。
リビング・カラーのメンバ−だったヴァーノン・リードによる「Maggot Brain」や、キーボード・プレーヤーのバーニー・ウォレル演奏のビートルズのヒット曲、「Come Together」、そしてPファンクの名曲、「Flashlight」……..、まさに funked out という表現がぴったりです。
久々に見るシーラEが若くて美しいのにはビックリ。Pファンク・ファンなら誰でも大好きな曲、「 Give Up the Funk 」をパーカッションを叩きながら歌います。比較的年齢層の高いオーディエンスも、 We want the funk と全員総立ちで歌いまくりました。
いよいよ、特別ゲストのブーツィー・コリンズの出番が回ってきました。準備万端、真っ赤でキラキラ光る衣装に着替えたブーツィーがステージの袖で控えているのが見えます。ところがなかなかステージに出てきません。何かハプニングがあったようです。エンジニアらしきスタッフがアンプをチェックしていますが渋い表情で首を振っています。しばらくしてブーツィーが登場、「故障してベースが使えないんだ。でもショーは続けよう!」とベースを弾くジェスチャーをしながらパフォーマンスをしました。
いよいよ大御所、ゴッドファーザー・オブ・ファンクの登場です。パーラメント・ファンカデリックは昔からステージにたくさんミュージシャンが集まってジャムセッションをすることで知られています。ヒップホップDJの草分け、クール・ハークをはじめ、ヒップホップ界のパイオニア、ファブ5フレディ、出たがり大学教授、コーネル・ウエストなどたくさんの人が駆けつけてくれて、フィナーレに近くなる頃には舞台に50人以上の人たちがひしめき合っていました。出演者全員が舞台に集合、One Nation Under A Groove を大合唱、まさにアポロ劇場がワン・ネーションと化したファンキーな夕べとなりました。
P.S. このあと出演者たちのアフター・パーティーがミッドタウンのタイム・ホテルで行われ、レディ・ガガも遊びに来ていたとのこと。

( 伊藤弥住子)

Absolute Funk : Honoring George Clinton

On Tuesday, October 25, STAT! For New York City’s Public Hospitals! and KISS FM hosted a tribute to legendary musician George Clinton, the “Godfather of Funk,” at the Apollo Theater.
It was one city under a groove in this all-star tribute to George Clinton aka ‘Dr. Funkenstein’ founder of Parliament Funkadelic, under the musical direction of Ray Chew Live (American Idol, BET Awards, Showtime at the Apollo). We celebrated George and his 50 years in the funk and soul business with an amazing variety of P-Funk friends, musical collaborators, and other guests. The evening will also commemorate the lives of Parliament/Funkadelic members no longer with us.

Featured performers were Paul Shaffer, Nona Hendryx, Vernon Reid, Full Force, Sheila E., Tye Tribbett, Questlove, Kim Burrell, Bootsy Collins, Bernie Worrell, and more. Tribute video conceived and produced by Reginald Hudlin and Vivian Scott Chew.