Tag Archives: Aretha Franklin

Aretha Franklin Sings The Great Diva Classics

AfranklinClassics_100314

Арета Франклин выпускает новый альбом

日本語

The Queen of Soul Aretha Franklin has had a bit of a hiatus from the music scene after some complications with an undisclosed illness but she is back and finished her new album “Aretha Franklin Sings the Great Diva Classics.” Producers on the 10-track album include Kenneth “Babyface” Edmonds, Harvey Mason Jr. and Andre 3000. Among the many diva hits that Aretha will add her own spin to are: Whitney Houston’s (and Chaka Khan’s) “I’m Every Woman,” Gladys Knight’s “Midnight Train to Georgia,” Etta James’ “At Last,” Barbra Streisand’s “People,” Alicia Keys’ “No One,” Gloria Gaynor’s “I Will Survive,” and the veritable favorite “Teach Me Tonight” (Janet Brace, Dinah Washington, Ella Fitzgerald, Natalie Cole, Amy Winehouse, popularized by Phoebe Snow).

andre-3000-babyface-aretha-franklin“Aretha Franklin Sings the Great Diva Classics” comes out October 21.

Davis came up with the concept and songs, which Franklin said she immediately took to. “Mr. Davis said he doesn’t just want another CD,” she said. “He wants a blockbuster event.”

Throughout this week before the release, Aretha Franklin will be promoting the album on a major media circuit that will include a performance on David Letterman’s “The Late Show” on Sept. 29 where she will perform a cover of Adele’s popular song, “Rolling in Deep.” Franklin’s version, which infuses some of “Ain’t No Mountain High Enough,” has more than 2 million views on its official YouTube post.

aretha-franklin-clive-davis-92y-2014-billboard-650An Evening with Aretha Franklin @ 92nd Y

The Queen of Soul, who sat next to longtime collaborator and album producer Clive Davis, held a listening for the album this week at the 92nd Street Y, a nonprofit cultural and community center.

aretha_franklin_-_jump_to_it_-_front“I haven’t felt so up on a CD since ‘Jump to It’ (was released in 1982) or the first time one of my records was played on the radio,” seventy two still going strong, Aretha Franklin said in an interview at 92nd Y.” “I don’t think I have ever been as excited as I am now.”

“I like all of it. I like the whole CD, from cut to cut to cut. It kind of reminds me of, I said, ‘You know, this is kind of similar to Marvin Gaye’s “What’s Going On?”'” she said before the event. “You know the kind of records from cut to cut; I don’t care what comes up (but) you like it. You like it! I think it may be that kind of album.”

“Aretha has always held a very special place in my heart. She’s universally recognized to be the greatest singer of all time,” Davis told.

Luther VandrossMr. Vandross

Franklin recalled the incident with her former collaborator and friend, Luther Vandross. ‘In early 80’s Luther Vandross’ first hit “Never Too Much” was on the radio and caught my ear. I told Clive that I’m interested working with him. He said, “I’m sure he’ll be pleased to work with you.” The result was “Jump to It,” my first number one record in seven years. It was logical, then, for Luther to produce the next record. All of a sudden Luther wanted to tell me how to sing. He says, “Sing it like this,” and I was like “what!” I definitely didn’t’ need him to tell me how it should be sung. I walked out of the studio and went back to my hotel. The next day Clive intervened and we came back to the studio and finished the song.

Alicia-Keys-Will-Be-Face-of-New-Givenchy-Fragrance2Alicia Keys Right On The Money

Franklin covers Alicia Keys’ “No One,” which is meshed with a Caribbean vibe. “I love that flavor!” Franklin exclaimed. It was Keys who suggested that flavor from the beginning. “And she was right on the money,” Franklin added.

Andre 2000?

Rapper Andre 3000 also helped her album. Franklin spoke highly of one half of rap duo Outkast saying, “What’s his name, Andre 1000 or 2000? I love everything he does. He’s got a groove that I really, really like.” The singer and the producer eventually settled on the song written by Prince and became a massive hit for Sinead O’Connor in 1990 “Nothing Compares 2 U.”

Etta-James-at-LastThe album also includes Franklin’s interpretations of classics such as “At Last,” ”I Will Survive” and Barbra Streisand’s “People.”

The diva said: “We’re going to give you exactly what you’re expecting and what you’re not expecting.”

Track List

1          At Last (Etta James cover)

2          Rolling In The Deep (Adele cover)

3          Midnight Train To Georgia (Gladys Knight and the Pips cover)

4          I Will Survive (Gloria Gaynor cover)

5          People (Barbra Streisand cover)

6          No One (Alicia Keys cover)

7          I’m Every Woman (Chaka Khan cover) / Respect

8          Teach Me Tonight (Dinah Washington cover)

9          You Keep Me Hangin’ On (The Supremes cover)

10        Nothing Compares 2 U (Sinead O’Connor)

 

Advertisements

98.7 KISS FM ホィットニー・ヒューストンの葬儀を生中継!

New Hope Baptist Church, Newark, NJ

98.7 キスFM ホィットニー葬儀を生中継!

ニューヨークのブラック・コミュニティーに貢献して30年を誇るキスFMがホィットニー・ヒューストンの葬儀の模様を彼女の育った地元ニューアークの教会、ニュー・ホープ・バプティスト・チャーチより明日土曜日、12時より生中継することを発表しました。

KISS FM (WRKS)プログラム・ディレクターのジェイ・ディクソン氏の声明は以下の通り。

「彼女のお葬式に参列できないファンの方達のため、(ブラック)コミュニティーのために奉仕するのが局の使命ですから…..。彼女の功績を讃えるセレブレーションにしたいと思います。」

出席予定者は、クライヴ・ディヴィス、アレサ・フランクリン、ボビー・ブラウン、ケヴィン・コスナー、スティーヴィー・ワンダー、ビヨンセ、ジェイZ、アリーシャ・キーズ、ジェニファー・ハドソン、Rケリー、タイラー・ペリー……とスターが勢揃い。まるでグラミー賞がハリウッドからニューアークに移動してくるかのようです。

BET, CNN など、主要ケーブルTVの生中継も予定されていて、当日はメディアの中継車で交通マヒになりそうな気配…….。

そして実はオンラインでもストリーミングされます。AP通信のストリーミングサイト:

http://www.livestream.com/aplive

 

New Hope Baptist Church – Map

98.7 KISS FM to Broadcast Whitney Houston Funeral

 

Thursday, February 16th, 2012

For Immediate Release

 

 

98.7 KISS FM BRINGS TRI-STATE TOGETHER TO PAY RESPECT TO

WHITNEY ELIZABETH HOUSTON

THIS SATURDAY, FEBRUARY 18TH

(NEW YORK, NY) 98.7 KISS FM–WRKS announces that on behalf of the family of Whitney Elizabeth Houston, 98.7 KISS FM will broadcast her service from the New Hope Baptist Church in Newark this Saturday starting at noon. “We’re providing this service to our community and for her fans that are unable to attend – but want to celebrate her homegoing. We are thankful for the honor,” says KISS Program Director Jay Dixon.

Whitney Houston 急死 1963 – 2012 続報

Whitney Houston 1963 – 2012

ホィットニー・ヒューストンの突然の死

クライヴ・ディヴィス主催の恒例、グラミー前夜祭パーティーに出席する予定だったホィットニー・ヒューストンが急死、まだ原因はわかっていないそうです。

マイケル・ジャクソンに次ぐ音楽界のビッグ・スター、ホィットニー逝去のニュースはグラミー・アワード前日のハリウッドに集まっていたセレブたちの間で瞬く間に広がりました。彼女の死が確認されたロスアンジェルス・タイムの2月11日、3:55pmの2時間後には現場のビバリー・ホテルよりテレビの生中継でニュースは全米に伝わり、ホィットニーに関するツィーターが飛び交い一時は混乱状態におちいったとか…….。

"Whitney" Album Cover

いつもはとっさの対応が苦手なブラックTV局のBET でもニュース速報を流し、翌日の12日、日曜日の午前中には「ホィットニー・ヒューストン追悼特別番組」を放映しました。プログラム・ディレクターのスティーヴン・ヒルが前夜11時にスタッフを招集、異例のミーティングを行い、このスペシャル番組を企画、たった一晩で脚本を書き上げ生中継をするという離れ業をやってのけたのです。司会は人気ヒップホップ番組「106&パーク」のテレンスとBET所属ナイジェリア生まれのジャーナリスト、ローラ・オグンナイケ。いつもはおふざけホストのテレンスもビッグ・スター、ホィットニーの追悼番組とあって緊張気味、いつものコンビ、ロクシーがグラミー関係の取材でLA滞在中のため、急遽ローラが相手役というちょっとぎこちないカップリングでしたがきちんとお務めを果たしました。ローラは元CNNのポップ・カルチャー・キャスター、大統領夫人のミシェール・オバマとレポーターとしてアフリカ取材旅行に同行した経験を持つベテランです。

Whitney Is Back - Ebony Magazine Cover 2009

番組は、ホィットニーのデビューから現在までのヒット曲をミュージック・ビデオとさまざまなエピソードで綴り、スター、Whitney Houston の業績を讃えるという内容です。懐かしいヒット曲が次から次へと流れます。覚えていますか、彼女の初期のヒット曲、「Greatest Love Of All」。撮影場所はハーレムにある音楽の殿堂、アポロ劇場です。ビデオを見るととても大きな劇場に見えますが、 収容人数は1、500人 、実はわりと小さいんです。彼女のキャリアのハイライトともいえる1991年スーパー・ボールの国歌斉唱、声高々と歌う若いホィットニーの姿に感動したのは黒人のファンたちだけではありません。アメリカ国歌「The Star Spangled Banner」 は過去にもいろいろなアーティストが歌っていますが、ホィットニーのヴァージョンがあまりに素晴らしいのでシングル・カットされ、チャート入りするという快挙を成し遂げました。

The Bodyguard

翌年、1992年には映画、「ボディガード」に主演、410ミリオン・ドルという驚異的な売り上げを記録しました。もちろん、サントラ「ボディガード」も映画同様に大成功、シングル、”I Will Always Love You” は400万枚というメガ・ヒットを飛ばしました。

予算に厳しいBET 制作にしては珍しく、ホィットニーが育ったニュージャージーのニューアークにある教会、The New Hope Baptist Church にもキャスターを配置し、彼女のクワィアー時代のストーリーもカバーするというオマケつき。

番組中、彼女と親しかったマライア・キャリー、アレサ・フランクリン、クリティーナ・アギレラといったセレブからツィッターでメッセージが続々と届き、テレビの画面に映し出されました。

With her daughter, Bobbi

ポジティヴなイメージを大切にする BET、ホィットニーのドラッグ問題にはいっさい触れませんでした。

ホィットニーの生のステージを見た人はみんな同様に、「あんなに細い体のどこからあんなソウルフルな声がでるのだろうか。」と驚いたはず。それがドラッグと関係があるとは思えませんが……..。

90年代半ば、「ホィットニー・ヒューストン、マリファナ、コカインを常用、もう再起不能」という噂が流れた時、まさか…….といやな予感がしたのを覚えています。何年か前、「106&パーク」に出演した時も履いていたブーツを突然脱いで裸足になってしまったり、じっと座っているだけなのに異常に汗をかいたり、インタビューにもとんちんかんな答えをしたり、 彼女の奇行は誰もが気がついていたと思います。

With Clive Davis

確か1998年だったと思いますが、クライヴ・ディヴィス主催のホィットニーの新しいアルバム(多分、My Love Is Your Love)の記者会見というのに出席したことがあります。テレビ中継が入っていて、ニュースとして生中継するということでした。生なのに肝心の本人は現れません。2時間以上も押してやっと会場のソニー・スタジオに来たらしいのですが、私は他のラッパーの取材予定が入っていたため途中で断念してしまったのです。ホィットニーを優先させるべきだったと今でも悔やんでいます……..。

3年くらい前だったか、ホィットニーの家に出入りしていたアシスタントとかいう人が盗み撮りした彼女の部屋のバス・ルームの写真がニューヨークのローカル紙に掲載されたことがあります。クラックを料理(調合)した形跡がはっきりと写っていました。ま、それがホィットニー・ヒューストンの家だと断定できる証拠は何もないのですが……。

新しい映画、「スパークル」にホィットニー・ヒューストンが出演しているというニュースが届いたばかり、彼女のグラミー前夜の謎の死はわたしたちファンにとって本当に予期しなかった悲しい出来事です。

離婚した夫のボビー・ブラウンもツアー先のコンサート会場のファンたちに「アイ・ラヴ・ユー、ホィットニー!」という別れの挨拶をして涙ぐんだそう。残された娘のボビ、そして母親のシシー・ヒューストン、ご家族のみなさまに心からお悔やみを申し上げます。

伊藤弥住子

Whitney Houston 1963 – 2012

Whitney Houston, a guest in the room of Beverly Hilton Hotel had died.

Cause of death: Unclear.

Time pronounced: 3:55 p.m., February 11, 2012.

Age: A mere 48.

The shock and grief from fans worldwide was immediate.

Inside the hotel, music industry’s biggest names gathered in elegant attire for an annual pre-Grammy party that had been long planned by Houston’s mentor, Clive Davis.

“I do have a heavy heart, and I am personally devastated by someone so close to me for so many years,” Davis told the gathering of artists and entertainers, that included Tony Bennett, Gladys Knight and Britney Spears.

“My heart goes out to her daughter Bobbi Kristina and her mother, Cissy.”

He then asked for a moment of silence.

“We dedicate this evening to her,” he said.

For a decade and a half, she ruled the charts: 170 million albums sold, including seven back-to-back multi-platinum ones. Numerous No. 1 hits, including the biggest-selling U.S. single of all time, “I Will Always Love You.”

Houston was born in Newark, New Jersey, on August 9, 1963, the daughter of gospel singer Cissy Houston. Her cousin was Dionne Warwick, her godmother Aretha Franklin.

In 1983, Gerry Griffith, an A&R representative from Arista Records saw her performing with her mother in a New York City nightclub and was impressed. He convinced Arista’s head Clive Davis to make time to see Houston perform. Davis too was impressed and offered a worldwide recording contract which Houston signed. Houston’s debut album Whitney Houston was released in February 1985.

For the next quarter century, he steered her career and served as her mentor.

Her string of Billboard No. 1 hits included “Saving All My Love for You,” “How Will I Know,” “The Greatest Love of All,” “Where Do Broken Hearts Go,” and “I Wanna Dance With Somebody (Who Loves Me).”

Houston performed “The Star Spangled Banner” at Super Bowl XXV on January 27, 1991. Due to overwhelming response to her rendition, it was released as a commercial single and video of her performance, and reached the Top 20 on the US Hot 100, making her the only act to turn the national anthem into a pop hit of that magnitude.

Houston’s first film role was in The Bodyguard, released in 1992 and co-starring Kevin Costner. It was hugely successful at the box office, grossing more than $121 million in the U.S. and $410 million worldwide, making it one of the top 100 grossing films in film history at its time of release. The film’s soundtrack also enjoyed big success.

On Sunday, starting at 11:30 a.m., BET will aired coverage, titled BET TRIBUTE TO WHITNEY HOUSTON, on the passing of the singer, who died at 48, followed by an encore presentation of BET HONORS 2010—where she was honored for her extraordinary achievements in the field of entertainment.

On Monday, February 13 at 6:00 p.m.*, 106 & PARK will pay tribute to the singer’s life and legacy with a 3-hour special episode

Whitney, you will be missed.

ドン・コーネリウス自殺……?‘Soul Train’s’ Don Cornelius Found Dead

ドン・コーネリウス自殺 「魂電車」は何処へ
‘Soul Train’s’ Don Cornelius Found Dead

Don & Aretha Franklin

アメリカの黒人が大好きだったTV番組、「ソウル・トレイン」の司会者、ドン・コーネリウスがカルフォルニアの自宅で自殺したらしいという悲しいニュースがインターネット上を駆けめぐりました。2月1日早朝、銃で頭を撃ち抜き病院に運ばれたものの時すでに遅し、息を引き取ったとのことです。

「ソウル・トレイン」といっても実際に見たことのない人も多いと思います。まだ黒人音楽が主流でなかった1970年代に、黒人のためのテレビ番組を制作、放映してしまったという事実は当時を知るミュージシャン、ジャーナリスト、そして黒人の人たちに聞いてみて初めてそのインパクトの大きさがわかります。なにしろ、プロデューサーも黒人なら出演者も黒人、スポンサー(ジョンソンプロダクツ)も黒人なのですから……。前代未聞です。シカゴのディスク・ジョッキーだったドン・コーネリウスが成し遂げた功績は計り知れないほど大きいのです。

Don & Curtis Mayfield

最近のラッパ−やR&Bアーティストでも「ソウル・トレイン」は再放送などで必ず見ています。今でも続いている「ソウル・トレイン・アワード」を受賞することはグラミー賞受賞に匹敵する、もしくはそれ以上に栄誉あることなのだそうです。M.C.ハマーも、「グラミーをもらうよりソウル・トレインに出演することのほうがよっぽど嬉しかった。ドン、ありがとう。やすらかに。」とツウィートしているくらいです。

Soul Train hosted by Don Cornelius

日本でもドン・コーネリウスの影響は多大でした。J-WAVEで「ソウル・トレイン」という人気番組のホストだったDJリュウも影響を受けたひとりです。番組を通してドンと何度も会う機会があったDJリュウからも、「一緒に仕事ができてとても光栄です。番組がスタート以来、沢山笑い、たくさん言い合いもしました。伝説がまた一人天国へ。MJ JBらと再会ですね。本当に残念です。」というメッセージが届きました。

ラヴ、ピース&ソウル!!

伊藤弥住子

Don Cornelius

‘Soul Train’s’ Don Cornelius Found Dead

Don Cornelius was a pioneer. The “Soul Train” creator, who was found dead at his home in Encino, California Wednesday morning, caused a sensation the moment his groundbreaking musical variety show launched nationwide in 1971.

The early evidence suggests he died of a self-inflicted gunshot wound, although authorities stress that the death remains under investigation.

Each Saturday morning, “Soul Train” gave African Americans an opportunity to see themselves reflected on their TV screens. Proud black teens and young adults moving and grooving down the now-classic “Soul Train Line” instantly dictated hairstyles, dance moves and wardrobe choices in the weeks to come. He not only broke artists and songs on a weekly basis, but showcased the amazing dance moves that were reacting to the music.

Cornelius stopped hosting the show in 1993, and “Soul Train” ceased production in 2006.

DJ Ryu, who hosted “Soul Train Radio Show” on Japanese FM station, J-Wave, sent a message through his facebook, “Don Cornelius, R.I.P. I am greatly honored to be a part of your legend. You were so great to me.”

“It meant more to me to perform on #SoulTrain than to win a Grammy…Loved U So Much Don.Thank U RIP,” tweeted MC Hammer.

Love, Peace & Sooooooul!