Tag Archives: Questlove

クエストラブとの関係とは?大西洋を渡った最後の黒人奴隷の証言 「バラクーン、カットジョー・ルイス物語」

Barracoon
The Story of the Last “Black Cargo”

by Zora Neale Hurston

ルーツのドラマー、ウ エスト・ラヴと最後の奴隷の関係

黒人民族フォークロア作家のゾラ・ニール・ハーストンの取材に基づく最後の黒人奴隷、カットジョー・ルイスの生の声を再現した物語、「バラクーン」がこの5月に出版されました。作家のハーストンは1960年、すでに他界しています。彼女は1927年(今から91年も前です)、唯一生存するアフリカから連れて来られた奴隷のカットジョー・ルイス(当時86歳)の取材を試み、本の原稿を書き上げ、1931年出版する予定でした。ところが、原稿を読んでみると、アフリカ奴隷貿易に当時のアフリカの国王や地元の軍隊などが加担していた事実が書かれていたのです。ハーストンは、ベニンのアフリカ人、カットジョー・ルイスの言葉をそのまま書き表したと説明していましたが、有力黒人団体NAACPAなどにとってはとても「不都合な真実」だったらしく、彼女の草稿をそのまま出版しようという出版社もなく、日の目を見ることはありませんでした。やっと、87年という長い歳月を経て、出版に至ったとても貴重な証言だといえます。

実はこの物語が、ルーツのドラマー、ウ エスト・ラヴと大いに関係があるのです。
続きを読む

Advertisements

クエスト・ラヴ、他界した父におくる言葉 Questlove Pays Tribute To His Father, Lee Andrews

questloveQuestlove воздает должное своему отцу, соул Ли Эндрюс

Read in English

ドゥー ワップ・グループ、リー・アンドリュース&ザ・ハーツのリード・シンガー、リー・アンドリュース(本名、アーサー・リー・アンドリュース・トンプ ソン)が3月16日に亡くなりました。79歳でした。フィラデルフィアの有名グループで、リー・アンドリュースのなめらかでベルベットのようなテナーの美 声はアメリカだけでなく、日本にもファンを沢山作りました。私もその一人で、彼らのヒット曲、「Try The Impossible (1958)」や「Long Lonely Nights (1957)」をレコード盤でよく聴いていました。

ザ・ルーツのアミール・トンプソン a.k.a. クエスト・ラヴのお父さんがリー・アンドリュースだと知ったのは確か、1999年、ザ・ルーツがアルバム ”Things Fall Apart”をリリースした頃だったと思います。いやぁ、感激しました。クエスト・ラヴと取材以外で話す機会があった時にお父さんのことを聞いてみたことがあります。その時のクエストの反応がちょっと中途半端だったのがとても意外だったのを覚えています。「オヤジのバンドのドラマーとして子供の頃からツアーしてたよ。」とポツリ、と言ったっきり。いつもは饒舌なのに….。あまり聞かれたくない、といった様子でした。

後で知ったのですが、クエストがザ・ルーツというラップ・バンドを始めたことを打ち明けた時、お父さんのアーサー・トンプソン(リー・アンドリュース)は激怒したらしいのです。「ラップなんて音楽じゃない。お前には、そこいらのゲトーな連中と同じような人生を歩んでほしくない!」と、ほとんど勘当寸前、といった状況だったといいます。ドゥーワップは、どちらかと言うとクラシックなR&B音楽に属し、クリーン・カットにスーツ姿でパフォーマンスをする黒人シンガーたちは、正統派ブラック・ミュージックとして世間からもリスペクトされていました。50年代にリー・アンドリュース&ザ・ハーツを結成し、「ロング・ロンリー・ナイツ」「ティアドロップス」「トライ・ジ・インパッシブル」などのヒット曲を放ちスターとしての地位を確立したアーサー・トンプソンにとって、息子がラップ音楽をやるなんてとんでもない、許しがたい反逆行為だと映ったのかもしれません。トンプソン父子の確執はしばらく続いたようです。

Lee Andres and the Hearts
私は80年代にニューヨークに移住しました。大のドゥーワップ・ファンで、「リー・アンドリュースがコンサートに出演する」というニュースを聞いてスタテン・アイランドまで行ったことがあります。たぶん、1985年の夏だったと思います。会場は学校の講堂みたいなところで、すでに衰退気味だった昔のドゥーワップ・グループを何組か集めたオールディーズ・コンサートでした。男ばかりのメンバーのはずのザ・ハーツは全員女性のメンバーでした。リー・アンドリュースの奥さんと娘さんがメンバーだったこともあると聞いたことがあります。もしかしたら、私が見たリー・アンドリュース&ザ・ハーツは、まだティーンだったクエスト・ラヴがドラマーで、バック・コーラスはお母さんとお姉さんだったのかもしれません。

その後もリー・アンドリュースは現役でライヴ活動を続けていたようです。数年前に聴いた歌声は全盛期と変わらない、スムーズなヴォーカルでした。

以下、79年の生涯を終えた父へ、クエスト・ラブからのメッセージです。

QL 012

QL 012

「おやじ、アイ・ラヴ・ユー。バックステージでの経験、ドラム・レッスン、仕事を通しての人生の教訓、すべておやじから教わった。オレが最初にラップをやりたいって言った時のおやじの顔、忘れないよ。そして、その5年後、もうおやじは働かなくていいよって言った時のおやじの顔……、忘れない。確かに80年代のウエスト・フィリーの環境は決して良くなかったけど、当時は何でオレに辛く当たるのか理解できなかった。でも、今では感謝している。おやじが誇りに思える人間になれるようにがんばる。」

さようなら、アーサー・リー・アンドリュース・トンプソン。涙(Tear Drops)。

伊藤弥住子

リー・アンドリュース&ザ・ハーツの詳細及びディスコグラフィーは以下をご参照ください(英語)。

http://www.uncamarvy.com/LAHearts/lahearts.html

questlove

Questlove Pays Tribute To His Father, Soul Singer Lee Andrews

Lee Andres and the Hearts 2Questlove воздает должное своему отцу, соул Ли Эндрюс

日本語

Lee Andrews, lead singer of the Philadelphia doo-wop group Lee Andrews & the Hearts, died Wednesday on March 16. He was 79. Andrews’ son, the Roots  drummer Ahmir “Questlove” ” Thompson, confirmed his father’s death with a written tribute where Questlove called Andrews “the Greatest Teacher in my life.”

Questlove posted his Instagram:

“The Greatest Teacher in my life, my dad Lee Andrews June 2nd 1936-March 16 2016. I love you. For every backstage experience. For every drum lesson. For giving me your tireless work ethic. For our father & son record binging expeditions. For our arguments over the summer I discovered#ItTakesANationOfMillions. For the look on your face when I told you “imma give this rap thing a try” (I waited til our 2nd album to have this convo btw) For the look on your face 5 years later when I told you “you don’t have to work no more. For the look on your face when a year later I was like “Seriously dad, you don’t have to work anymore!” For bringing my mom & my sister into my life. For the years we fell out. For the years we put it back together. But really, for the last 2 conversations we had. I understand why you were so hard on me praying I didn’t succumb to a fate not meant for a teenager in west philly in the mid 80s. I didn’t understand it at the time. But I appreciate it now. I hope Donn & I do you proud.#LeeAndrewsAndTheHearts”

Lee Andres and the HeartsBorn Arthur Lee Andrews Thompson in North Carolina, Andrews’ family moved to Philadelphia when he was two. Andrews and the Hearts formed in 1953 and subsequently recorded singles for labels like Chess, United Artists and Gotham. Their biggest hits came in 1957 and 1958 with “Long Lonely Nights” (Andrews and the Hearts performed the song on the fifth national episode of American Bandstand), “Tear Drops” and “Try the Impossible,” their last charting single.

After a brief breakup in 1960, Andrews and an amorphous lineup of the Hearts – renamed at times as the 5 Hearts or the Famous Hearts – continued recording together until 1968.

Andrews’ last recorded project was a soul group called Congress Alley, which recorded an album in 1973. The band featured Andrews’ wife and Questlove’s mother Jacquelin Thompson. As a young child, Questlove accompanied his parents on tour, learning how to drum at a young age. We are not currently aware of any official tributes or other memorial arrangements at this time.

Rest In Peace, Mr. Andrews.

questlove

 

Between the Lines: George Clintn and Questlove @ Schomburg Center

日本語

George Clinton - BookThe funk musician George Clinton shares stories about his life and career on the occasion of the publication of his new book, Brothas Be, Yo Like George, Ain’t That Funkin’ Kinda Hard on You?: A Memoir. Clinton will be in conversation with the Roots’ drummer, DJ, writer, and producer Questlove.

Grammy award winning artist George Clinton was the mastermind behind Parliament and Funkadelic, the two bands that virtually defined the funk genre. Clinton began recording solo in 1981, and has earned a widespread recognition for his contributions to the music world.

In the memoir, the Parliament-Funkadelic founder will reveal details regarding legal battles he waged to gain control over copyrights allegedly pilfered early in his career. The book will also chronicle Clinton’s struggles with addiction.

Questlove and GeorgeGeorge Clinton sat down with Questlove @ Schomburg Center for Research in Black Culture, Langston Hughes Auditorium

“Look on page 379,” Clinton says. “This book, I had one intention. It’s my story on trying to recapture for my heirs and my family all the copyright and ownership of all the music you’re talking about. That’s my whole reason for writing the book. With me, I’m 73 years old. I wouldn’t have nothing else to do anyway. I got rid of my habit, so, hey, you ain’t really got nothing to do. I got a lawyer habit now. “

george-clinton-200x200George Clinton began his musical career in New Jersey, where his obsession with doo-wop and R&B led to a barbershop quartet—literally, as Clinton and his friends also styled hair in the local shop—the way kids often got their musical start in the ’50s.

In 1982, he released his solo album, Computer Games, which produced the mega-hit, “Atomic Dog.” The P-Funk Allstar’s music provided the foundation for Dr. Dre’s G-Funk Era that dominated the sound of West Coast Hip Hop during the 1990s.

The Funk pioneer has worked with artists from all genres and insists that allowing his music to be sampled has been instrumental in keeping his career alive.

“And anytime I say something about it, they make it look like I’m attacking the artists. So I really want to tell Dre, Snoop, Puffy and everybody, Jay-Z that I’m not the one that sued them. Matter of fact, I’m asking them to come forward to just – ’cause I’m going to the Supreme Court with this,” he said.

He also states he respects 9-year-old kid’s opinion on music.

“As soon as I hear old musicians … or parents say, “That ain’t music” I run to that music, that’s the music I want. Because it’s going to be the next music. Kids love the music that gets on your nerve. “

As for the naked, crack-smoking hotel fire, well, that’s best told by Clinton himself. His “Brothas Be, Yo, Like George, Ain’t That Funkin’ Kinda Hard on You?,” co-written with Ben Greenman, is out now.