6月19日はジューンティーンス独立記念日 Juneteenth Independence Day


Juneteenth Independence Day

6月19日はジューンティーンスという、黒人にとっての独立記念日です。リンカーン大統領が発令した奴隷解放宣言によって、これまで奴隷だった黒人たちはみんな「自由」になったのです。

奴隷解放令が施行されたのは1863年1月ですが、なぜかテキサス州にそのニュースが伝わったのは、2年半もあとの1965年、6月19日だったのです。

その理由は定かではありませんが、この日をもって正式に奴隷たちが解放されたというおめでたい日というので、ジューン・ナインティーンスを省略して「ジューンティーンス」というお祝いをするようになったそうです。祝日とはいえ、学校や仕事がお休みになるわけではなく、テキサスなど、ごく一部で、「有給を取って休んでもよい」とされているようです。

黒人の間でもあまり知られていない祭日でしたが、ドナルド・トランプ政権になってからは、「ブラック・ライヴス・マタ―(黒人人権尊重)」の気運が高まり、注目されるようになりました。

マーティン・ルーサー・キング牧師が亡くなってから50周年ということもあり、ニューヨークでは、キング牧師と共に黒人公民権運動の活動家として名高い、ハリー・ベラフォンテを迎えて大きなイベントが開催されます。参加無料。以下、詳細です。

「第4回ジューンティーンス祭典」

日時:6月19日 7:30pm

場所:リバーサイド教会490 Riverside Dr., New York, NY 10027

無料:Free and open to all!

https://www.trcnyc.org/event/juneteenth-2018/

Advertisements

スパイク・リー監督の映画「BlacKkKlansman」カンヌ映画祭で絶賛!Spike Lee’s “BlacKkKlansman” Wins the Grand Prize of Cannes Film Festival


このところ振るわなかったスパイク・リー監督、久々の新作、「ブラック・クランズマン」がカンヌ映画祭で大絶賛され話題になっています。


今年8月に公開予定の「ブラック・クランズマン」は元警察官、黒人のロン・ストールワースが白人至上主義秘密結社、KKKのメンバーになりすましスパイ活動をしたという実話に基づいた物語です。主役を演じているのは、あの名優、デンゼル・ワシントンの息子ジョン・ディヴィド・ワシントン。

コロラド・スプリングの警察官だったロン・ストールワースは、ルイジアナ州を基盤に広がっていたネオナチ秘密結社、KKK (Knights of Ku Klux Klan) のメンバー募集という新聞広告に興味を持ちます。遊び心から、広告に載っていた私書箱宛てに手紙を書きます。コロラド・スプリング警察署で初めて採用された、たった一人の黒人警官ロンは、白人を装って、「ニガーやメキシカン、チャイニーズ等をのさばらしておく訳にはいかない。オレたち白人の国を取り戻そう。」と、現在のトランプ大統領まがいの人種差別メッセージを書いて投函しました。今から40年前の1978年のことでした。冗談のつもりだったのが、一週間ほど経って、彼が連絡先として残した職場のホットラインに電話がかかってきてしまいます。「KKKの者だが……..。」

続きを読む

元ブラック・パンサー・パーティーの革命闘志で、ラッパー2パックのゴッド・マザー、アサタ・シャクール未だキューバ亡命中!? Where’s Assata Shakur, 2Pac’s Godmother?

1973年、5月2日、ニュージャージー州の高速道路、ニュージャージー・ターンパイクで、パトロール中の州警察官が殺害される、という事件がありました。その首謀者として名前が挙がったのがブラック・パンサー党党員、のちのブラック・リベレーション・アーミーのメンバー、アサタ・シャクールです。

ラッパー、今は亡き2パックのゴッドマザーとして知られているアサタ・シャクールの影響力はとても大きく、特にヒップホップ界では、彼女を題材にした作品も多く発表されています。シカゴを代表するコモンもその一人。わざわざ彼女に会いにキューバまで行き、「ア・ソング・フォー・アサタ」で革命の闘志、アサタ・シャクールの勇気を讃えています。

続きを読む

ブラック・ヒーロー、マーカス・ガーヴィー物語映画化決定!

映画、「ブラック・パンサー」が大当たりして黒人のヒーローが注目を浴びています。まだその興奮もさめやらぬ矢先、また、ブラック・ヒーローの映画が登場!今度は、実在の人物、マーカス・ガーヴィー物語です。

え、マーカス・ガーヴィーって誰か知らない…….?

今から100年近く前、「黒人諸君、アフリカに帰ろう」と唱えて一世を風靡したジャマイカ生まれの黒人がマーカス・ガーヴィーです。世界中の二グロ(昔は黒人を二グロと呼んでいました)を統一し、アフリカに帰って自分たちの国を打ち立てよう、というアフリカ回帰運動を全米に広めた彼の功績は、のちにボブ・マーリーなどのラスタファリアン運動や、マルコムXのネィション・オブ・イスラム・ムーヴメントへと受け継がれます。

当時、黒人と言えば=奴隷、というイメージが浸透していましたが、ガーヴィーは、「我々黒人はもともと奴隷という身分だったわけではない。過去に素晴らしい文明を築いた誇り高き人類だ。我々、黒人たちが団結して自分たちの国を作ろう。」と、ブラック・イズ・ビューティフルを提唱し、ニューヨークのハーレムを皮切りに各ブラック・コミュニティで熱狂的に迎えられたのです。

ガーヴィーの生涯を映画化しようという動きは6年ほど前からスタートし、昨年の暮れに制作が完成したようです。映画公開の日程はまだ出ていませんがもう間近だそうです。


主役のマーカス・ガーヴィーを演じるのは、やはりジャマイカ出身でモデル/俳優のケヴン・ナヴェインです。まだあまり知られていませんが、アメリカではテレビや映画で注目され始めています。実物のガーヴィーと比べてずいぶんハンサムなケヴン、ずんぐりしたガーヴィーに近づけるため、体重を30キロほど増やし、役作りに励んだとか…….。

実在のマーカス・ガーヴィーについて読む