Category Archives: Uncategorized

グリーン・ブック – 最悪のベスト・ピクチャー?


「グリーン・ブック」が、第91回アカデミー賞で作品賞 (Best Picture) など、3部門 (Best Supporting Actor – Mahershala Ali, Best Original Screenplay)でオスカーを受賞ました。監督のピーター・ファレリーは、受賞スピーチで、「ヴィゴ・モーテルセンがいたからできた映画」と、ヴィゴを大絶賛。ところが、「グリーン・ブック」の受賞をめぐって、「受賞に値しない!」との論議が巻き起こっています。特に、「BlackKklansman」で初のオスカーを受賞した監督、スパイク・リーの怒りが爆発、「ハリウッドは30年経っても全く変わっていない!」

ハーレム2ニッポンでも作品のレビューをしましたが、「グリーン・ブック」は、人種差別の激しかったアメリカで、(白人の側からみた)白人と黒人の友情を描いたハリウッド作品です。白人と黒人でも、心が通じ合うということをアピールしようとした、きれいごとの世界が「グリーン・ブック」だと言えます。観たあと、ピースフルな気持ちになれる、娯楽映画として、よくできた作品ですが、脚本にかかわった監督のピーター・ファレリーをはじめ、スタッフ陣はほとんどが白人で、社会における黒人たちの本当の姿を伝えていない、というのは事実です。それでも、私たち日本人にとっては、アメリカにグリーン・ブックという黒人のための旅行ガイドが存在した、ということ自体新しい発見なので、そういう世界への入口となるこの映画はとても意義があると思います。

グリーン・ブック映画レビューを読む

Advertisements

過激なブラック・カルチャー番組、「ソウル!」復活?

オプラやアシニオ・ホールのずっと前、ソウル・トレインより前に時代を先取りしていた黒人のTV番組がありました。番組のタイトルもずばり、「SOUL!」、黒人による、黒人のためのカルチャー番組でした。放映されたのは、ベトナム戦争の真っただ中、公民権運動や反戦運動で若者たちの意識が大きく変わった、まさに過渡期ともいえる、1968 – 1973の5年間です。ホストは、今のメディアには珍しい、自己主張の少ない陰の立役者的存在のゲイの黒人、エリス・ヘィズリップです。ニューヨークに拠点を置く公共放送テレビ局、NET (National Educational Television)、現在のWNETで1968年9月12日に放映が始まり、瞬く間にブラック・コミュニティのお茶の間に広がりました。

すでに過去の番組ではありますが、その内容の濃さに、今のメディアがいかに腑抜けか思い知らされます。そんな素晴らしい「SOUL!」という番組があったことをもっと多くの人に知ってもらいたい、という切実な願いを込めて、一人の女性がドキュメンタリー制作に乗り出しました。昔の映像を集めることもそうですが、関係者のコメントを取ったり、誰でもできることではありません。その女性とは、「SOUL!」のクリエイターであり、ホストのエリス・ヘィズリップを最も理解している、実の姪、メリサ・ヘィズリップ。彼女の熱意と、「SOUL!」をサポートしたいという人たちが集まり、ドキュメンタリ映画、「Mr. Soul!」が完成、ハーレムのアポロ劇場で2月21日に上映会が行われました。ブラック・ヒストリー・マンスでもあり、マルコムXが銃弾に倒れた日(2/21/1965)とも重なり、とても意義あるイベントとなりました。

日本ではこの「SOUL!」はほとんど知られていないと思いますので、このドキュメンタリーの中からかいつまんでご紹介したいと思います。

Mr. Soul!

このドキュメンタリー映画では、一世を風靡したという、教育テレビNETで放映されていた「SOUL!」の実際の映像と、関係者のコメントで構成されています。

毎週木曜日の夜に放映されたこの番組の初回、プレミア・ショーのゲストはパティ・ラベルとブルーベルズです。60年代に多くのヒット曲を放ったガールズ・グループのはしりとも言えます。メンバーは、サラ・ダッシュ、ノナ・ヘンドリックス、パティ・ラベルの3人で、のちにそれぞれソロとして独立してゆきます。エリスは、ゲスト・ホストに進行を任せたりすることも多く、ソウル・トレインのドン・コーネリアスのような威圧感はなく、レイドバックで、つねにゲストの引き立て役に徹していました。

黒人のための番組なので、ゲストもみんな黒人、それもエンターティンメントだけでなく、カルチャーの要素も強く、2週目のショーにはマルコムXの未亡人、ベティ・シャバーズを迎えています。その当時の緊張した社会情勢が伝わってきます。この日の音楽のゲストは、ホィットニー・ヒューストンのお母さんがメンバーとして活躍していた、スウィート・インスピレーションズがパフォーマンスを披露しました。それも、口パクではなく、ちゃんとライヴバンドで歌うのですから迫力満点です。

まだホモセクシュアルは差別されることが多かった時代ですが、エリスは自分がゲイであることを公言していて、番組内容にも顕著にあらわれていたようです。すでに作家として名を成していたジェームス・ボールドウィンはアメリカを離れ、ヨーロッパに住んでいましたが、わざわざ彼をロンドンに呼び、アメリカから女性詩人のニッキ・ジョヴァンニを送り込み、取材を試みました。全米ネットのテレビで、黒人の知識人が語り合う番組なんて考えられない時代です。「本当」の黒人の姿がテレビに映し出された、画期的な番組が「SOUL!」だったのです。

ゲストが多彩だったのもその人気の理由だったようです。アル・グリーン、ビリー・プレストン、マキシーン・ブラウン、ハロルド・メルヴィン&ブルー・ノーツなど、ソウルフルなミュージシャンも多く出演しましたが、ブラック・パンサー党のメンバーだった、モデルのように美しい、エルドリッジ・クリーヴァーの奥さん、キャサリン・クリーヴァーが登場したり、一時はブラック・パンサー党にも関わった、公民権運動家のストークリー・カーマイケル(のちにクワァメ・トーレと改名)と、彼と結婚した南アフリカ出身の歌手、ミリアム・マキーバがゲスト出演したり、映画監督のマリオ・ヴァン・ピーブルズなど、時代をそのまま反映していた、まさに黒人のための教育番組だったといえます。前衛的なアーティスト/ポエットのアミリ・バラカや、超過激なザ・ラスト・ポエット、下ネタ・ジョークのコメディアン、レッド・フォックスなど、X Rated な出演者をフィーチャーしたりできたのも、エリス・ヘィズリップのユニークな手腕だといえます。

1968 – 1973の5年間の間に、ソウルがぎっしり詰まったカルチャー満載のエピソードがなんと130本も放送されたそうです。リアル・タイムで見たかった……。ドキュメンタリーには、今も健在のハリー・ベラフォンテ、ニッキ・ジョヴァンニ、ソニア・サンチェスなど、当時、番組にゲスト出演しただけでなく、エリスを個人的によく知っている関係者たちのコメントを交え、「SOUL!」がいかに時代を先取りしたファンキーなショーだったかを浮き彫りにしてゆきます。この映画は、あちこちで上映予定とのことなので、ネットでチェックしてみて下さい。

Mr. Soul! – directed by Melissa Haizlip

ウータン・クラン・ドキュメンタリー番組Wu-Tang Clan: Of Mics And Men この春放映

ウータン復活!

ウータン・クランのデビュー・アルバム、「Enter The Wu-Tang (36 Chambers) 」がリリースされたのは1993年、あれから25年も経ってしまいました。記念ライヴなど、さまざまなイベントで、またウータンが復活の兆し……..。

Rケリーの告発ドキュメンタリー、「Surviving R. Kelly」が大反響を呼び、絶好調のショウタイムTVが、今度は、このウータン・クランのドキュメンタリー番組、サーシャ・ジェンキンス監督の「Wu-Tang Clan: Of Mics And Men」の権利を買ったというニュースを発表。番組構成はパート1 – 4、放映はこの春の予定だそうです。

未発表映像初公開

彼らの出身地、シャオリン(スタテン島)のプロジェクトの当時(1993年頃)の映像のほか、ウータン・クランの誕生から、現在までの各メンバーの活躍など、レアな映像を初公開。音楽と情報が満載な「ウータン・クラン物語Of Mics And Men」、必見です。なお、タイトルのOf Mics And Menは、作家、ジョン・スタインベックのヒット作、「二十日鼠と人間Of Mice And Men」にちなんだもの。本の内容とは関係ないようです。

番組のトレイラーはこちら:

https://www.youtube.com/watch?v=qHajQrHjD24

Y.D.B. (Young Dirty Bastard)

久々のライヴ、ウータン一族今だ健在!

デビュー25周年記念とあって、ウータンのメンバーたちもパワー・アップ。久々に全員(2004年に亡くなったO.D.B.を除く)結集し、1/26(土)と1/27(日)、ニューヨークのクラブイベント会場、Terminal 5 にてライヴを開催しました。O.D.B.(Old Dirty Bastard) を彷彿とさせる長男、Y.D.B. (Young Dirty Bastard)が飛び入りし、大盛況だったようです。

 

祝マーティン・ルーサー・キング・デー 2019

Martin Luther King Day 2019

1/21(月)はマーティン・ルーサー・キング・デー、公民権運動活動家の代表、マーティン・ルーサー・キング牧師の誕生日を祝う祭日です。

1968年4月4日、39歳で暗殺された黒人牧師、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(MLK Jr.)が生まれたのは1929年1月15日。本来ならば、本日1/15に祝うべきですが、1月の3週目の月曜日を正式な祝日とする取り決めに従い、今年は来週の月曜日、1/21がその日にあたります。学校、及び、公共の機関はお休みになります。

ところで、MLK Jr.の本名はマイケル・キングだったそうです。知っていましたか。以前にも、このサイトで取り上げたことがあります。過去の記事を抜粋しましたので、以下、ご参照下さい。

キング牧師、名義変更の本当の理由

余談ですが、キング牧師の本名はマイケル・キングです。なぜ、マイケルがマーティンになったのでしょう。その背景を調べてみました。

父親のマイケル・キング・シニアは、やはりバプティスト教会の牧師でした。1934年、アメリカ・バプティスト教会代表団の一員として、ヒトラーの統治下のドイツを訪れました。当時、ベルリンの教職者たちの間では、たばこも吸わない、酒も飲まないヒトラーを模範的クリスチャンとして好意的に受け入れていた、という記録が残っているそうです。ナチス・ドイツの旅から故郷のアトランタに戻ってきたキング・シニアは、ドイツの有名な宗教改革者、マルティン・ルーター(Martin Luther 1483 – 1546)の偉業にいたく感銘し、自分の名前をマイケル・キングからマーティン・ルーサー・キングと改名しました。その頃、家族の間ではリトル・マイクと呼ばれていた5歳児の長男、マイケル・キング・ジュニアも、父の改名に伴い、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアと名乗るようになったのだそうです。