Category Archives: Whitney Houston

What’s Going On? 今だからこそ、マービン・ゲイの記念切手

毎年、新しい図柄の切手を発行しているアメリカですが、2019年度に発売する記念切手が発表されました。風景画やお花、動物などの絵柄のほか、有名人にちなんだ切手が注目されています。

どんな基準で選ばれたのかは定かではありませんが、2019年の Black Heritage Seriesとして、マービン・ゲイとグレゴリー・ハインズの二人のアフリカン・アメリカンが選ばれました。

マービン・ゲイ

モータウン・レコードの社長、ベリー・ゴーディーのお姉さんと結婚したマービン・ゲイMarvin Gaye (1939–1984) の、60年代後半から70前半にかけて、ベトナム戦争や警察官の暴力など、混乱をきわめたアメリカ社会に疑問を投げかけた名曲、「ホワッツ・ゴーイング・オン」は今でも多くの人々に愛されています。あれから年50近く経つ現在、快方に向かっていた人種問題が再燃。「この国はいったい、どうなってしまったの?」と多くの人たちがつぶやいています。まさに、What’s going on? です。

グレゴリー・ハインズ

タップ・ダンサーで俳優のGregory Oliver Hines (February 14, 1946 – August 9, 2003) はハーレム育ち。幼少の頃から、お兄さんのモーリス・ハインズと一緒にラップ・ダンスを踊っていました。125丁目にあるアポロ劇場にも、「ハインズ・ブラザース」として頻繁に出演していました。ブロードウェイ・ショー、映画など、俳優としても活躍、リチャード・ギア (The Cotton Club 1984)、ビリー・クリスタル (Running Scared 1986)、ダニー・グロヴァー (A Rage in Harlem 1991)、 ホィットニー・ヒューストン (Waiting to Exhale 1995) などと共演しています。グレゴリーは、すでにすたれ気味だったタップ・ダンスを盛り上げようと、タップ協会を結成したり、若手タップ・ダンサーを育成するなど、数々の功績を残しました。

Advertisements

Whitney Biopic Directed by Angela Bassett on Lifetime Tonight

whitney17f-2-web

日本語

Angela Bassett has taken a brief pause in her acting career steps behind the camera to direct biopic ‘Whitney’ a movie that airs Saturday (Jan. 17) at 8 p.m. on Lifetime.

Cissy Houston, Whitney’s mother publicly spoke out the film was being made against the family’s objections. “No one connected with this movie knew Whitney or anything about her relationship with Bobby,” she said. “We are exhausted by the continuing misinformation and comments offered by people who did not know her. Please please let her rest.”

whitney-houston-bobby-brown-at-vh1-divas-duets-post-concert-party-in-2003“We all know how it ends,” Bassett says. “And we all make mistakes. Most of us get to make them in private. Whitney and Bobby had to make them in public.”

“We’re looking at a five-year moment in time,” Bassett says — the late ’80s and early ’90s, before things spun way out of control.

Houston and Brown finally divorced in 2006 and Houston died Feb. 11, 2012, at the age of 48.

Even as Houston was achieving professional success no one can imagine, even when the country saw her as America’s Sweetheart, a golden voice inside a calm, beautiful, poised and elegant woman, there was trouble in paradise.

There were drugs. Lots of drugs, Houston later admitted. In the film, she’s having fun with cocaine back when Bobby was still saying no.

Their relationship eventually slid into mistrust and physical abuse, on both sides. Houston’s short run on Bobby’s reality TV show at times portrayed her as snappish and impatient, with a mouth like a sailor.

It was those small personal moments — some surprising and many charming — with which Bassett says she tried to fill out the picture.

Whiteney“Whitney” isn’t based on any one source, and it wasn’t made with the cooperation of any key people in Houston’s life. Nor does it use Houston’s own voice, though it features four of her songs: “The Greatest Love of All,” “I’m Your Baby Tonight,” “I’m Every Woman” and “I Will Always Love You.”

While Houston is played by Yaya DaCosta, the songs are sung by Deborah Cox. Cox also sings bits of a few other songs, mostly gospel.

Bassett says her goal with the movie was to “play it down the middle, just try to tell the story as factually as we could.”

Bassett says she also drew extensively on the autobiography of Clive Davis, the music mogul who signed Houston and set much of her musical direction.

Bassett is well known herself for playing Tina Turner, another internationally famous singer who had serious issues in her marriage.

“What you need to remember about Whitney is that no one had the success she did. We make that point right at the beginning. In four years she had seven straight No. 1 hits and sold 30 million albums. That’s more than the Beatles or the Rolling Stones. In four years. And she was 23 years old. How do you deal with that? How does anyone deal with that?

“I hope we’ve shown that we need to have compassion for the journey she and Bobby were on — and the choices they made.”

“ホィットニー”伝記映画今夜8時テレビ放映!

 

Whitney Biopic Directed by Angele Bassett on Lifetime Tonight

 whitney17f-2-webRead in English

大物女優、アンジェラ・バセットの初監督映画、「ホィットニー」が今夜テレビ放映されます。

アンジェラとホィットニーは「Waiting To Exhale」で共演した仲。撮影中に当時の夫だったボビー・ブラウンがセットに訪れたり、いちおうお付き合いはあったようです。今回のホィットニーの伝記映画製作については、家族、特に母親のシッシー・ヒューストンから強い反対があったといいます。

whitney-houston-bobby-brown-at-vh1-divas-duets-post-concert-party-in-2003アンジェラは、「できるだけ彼女の人柄がそのまま伝わるよう、全神経を集中しました。彼女の音楽、功績に焦点をあてています。」とコメントしていますが、どうもホィットニーとボビー・ブラウンとの出会い、結婚、離婚、ドラッグ問題など、どちらかというとスキャンダルが中心のようです。

アリーヤの伝記物語もそうでしたが、家族の承諾をとれず、音楽は吹き替えを使っています。ホィットニーの歌を歌っているのは、なんとカナダ出身の元レーベル・メイトのデボラ・コックスです。ゴスペル曲も披露してくれてしるとか……。もともとが偉大なアーティストなので再現するのは不可能に近いのですが、アンジェラ・バセットが監督としてどこまでその力量を発揮してくれるのか楽しみです。

Whiteneyホィットニーを演じるのはヤ―ヤー・デコスタ(Yaya DaCosta)、ボビー役にはアーレン・エスカーペタ(Arlen Escarpeta)、いずれも音楽ファンにはあまり馴染みがなく華やかさにちょっと欠けます。ホィットニー役候補にキキ・パーマー、ホィットニーの実の娘ボビなどの名前もあったとか……。

放映は今夜8時、「ライフタイム」にて。

 

Special Report “ママ・アイ・ウォント・トゥ・シング/Mama, I Want To Sing” 30周年記念ガラ祝賀イベント

MAMA30_3shots

Dionne Warwick, CIssy Houston, Vy Higginson

READ IN ENGLISH

ブラック・ミュージカル、Mama, I Want To Sing

30周年記念ガラ祝賀イベントReport

ゴスペル音楽をテーマにしたハーレムのオフ・ブロードウェイ・ミュージカル、「ママ、アイ・ワント・トゥ・シング」が初演の1983年より30周年を迎え、3月23日、スペシャル・ガラ・イベントを開催しました。

まずはレッド・カーペットにて、報道陣のための撮影会が行われました。主宰者のヴァイ・ヒギンセンからゲストとして招かれたホィットニー・ヒューストンの母親、シシー・ヒューストンディオンヌ・ワーウィック、ヴァレリー・シンプソン、アンジー・ストーン、チャック・ジャクソンなどのゴスペル出身アーティストが続々駆けつけてくれました。ハーレムの有力者、政治家のチャールズ・ランゲル、次期NY市長選に出馬するジョン・ルー、NY市議会議員アイネス・ディッキンス女史なども姿を見せ、ハーレム・コミュニティーの連帯をアピールしました。

なぜか、ヒップホップ世代の代表、元ロッカフェラでジェイZのパートナーだったディモン・ダッシュの姿も….。

Mama30_GFT

Gospel For Teens

メディア取材のあとはショー・タイム。この日はいつものショーではなく、「ママ、アイ・ワント・トゥ・シング」「シング、ハーレム・シング」の2本のミュージカル短縮バージョンを上演するという、この日のために特別に趣向を凝らしたパフォーマンスが繰り広げられました。いずれのミュージカルもクワィアーのシーンは「ママ・ファウンデーション」のプログラムのひとつ、ゴスペル・フォー・ティーンズのメンバーたちが参加しています。

ゴスペル・フォー・ティーンズのパフォーマンスのフィナーレではヴァイの音頭でゲストがみんなステージにあがって大合唱。 楽曲は誰もが知っているゴスペル曲 This Little Light Of Mine。アンジー・ストーン、シシー・ヒューストン、ヴァレリー・シンプソン、そしてトリはデォオンヌ・ワーウィックが飾りました。リハーサルなしでみごとに歌い上げるあたり、やはり即興で鍛えられたゴスペル出身の実力派の強味と言えます。

ハーレム2ニッポンではヴァイ・ヒギンセンの運営する非営利団体、「ママ・ファウンデーション」プロジェクトをずっと支持してきました。ブラック・コミュニティー発展のために多大な貢献をしているのと、私たち日本人にとっても素晴らしいカルチャーに接する機会を与えてくれたからです。ショーを構成する若いクワィアー・メンバーたちのソウル炸裂は衝撃的です。アメリカで最もロングランを続けているゴスペル・ミュージカル、「ママ・アイ・ワント・トゥ・シング」をまだ観ていない人はこの春公演を是非体験してほしいと思います。

MAMA30_finale

Valerie Simpson, Cissy Houston, Dionne Warwick singing together on stage

誕生までの軌跡

ショーのプロデューサー、ヴァイ・ヒギンセンは、父が牧師、母も父の教会の手伝いをしていたという信心深い家庭環境に育ちました。ゴスペル出身でポップの世界で大スターになった年の離れた姉、ドリス・トロイはヴァイの羨望の的でした。ドリスの物語を作ろう、ヴァイはゴスペル音楽をミュージカル仕立てにしたショーをプロデュースすることを思い立ちました。1979年のことです。当時つき合っていたKen Wydro(現在のご主人)と脚本を考え、ブロードウェイ・ミュージカルとして制作/公演をしてくれるところを片っ端からあたりました。ヴァイのビジョンを理解してくれる人は残念ながらいませんでした。

ヴァイはニューヨークのメジャー・ラジオ局でディスク・ジョッキ−をしていました。黒人女性としては初の抜擢でした。夫となったケンとヴァイのふたりの貯蓄をはたいて「ママ,アイ・ワント・トゥ・シング」の幕を開けたのは1983年3月25日、イースト・ハーレムにあるヘクシャー・シアターでした。ジョー・パップのニュー・ヨーク・シェイクスピア祭りで使われたのが最後で15年ほど廃墟状態、ドアのロックを開けた瞬間、たまっていたホコリが落ちて来る、そんな劇場でした。座席数は632、「ここを地元のお年寄りや教会のメンバー、子供達、働く母親や父親たちでいっぱいに埋め尽くそう!きっと実現できる。」ヴァイには観客で満席の劇場が目に浮かびました。ほとんど宣伝費もかけず口コミに頼るだけでしたが、その評判はすぐに広まり、定期公演できるまでに成長したのです。

MAMA30_wydrofamily

Vy Hgginson, Knoelle Higgison-Wydro, Ken Wydro

30年の間には世界各地をまわり公演をしました。ゴスペルを知らなかった人たちにもこのミュージカルを通して伝えることができたのは貴重な体験でした。

ミュージカル公演だけでなく、出演者も育てていこうと思いつき、1998年に非営利団体「ママ・ファウンデーション」をたちあげました。2006年にはハーレムのティーン男女対象にゴスペル指導クラス「ゴスペル・フォー・ティーンズ」無料プログラムを導入、実力のあるメンバーをアフリカン・アメリカン・ミュージカルにどんどん登用していこうというものです。地域の活性化にもつながり、若者の非行を防ぐというダブル効果を生み出したヴァイの活動にCBSテレビが着目、「60ミニッツ」で取り上げ、彼女の貢献は全米で知られるようになりました。その結果、献金も集まり、NY市議会でもアイネス・ディッキンスの働きかけで「ママ・ファウンデーション」に助成金が出ることが決まりました。

→レポートは次回に続きます

(伊藤弥住子)

「ママ、アイ・ワント・トゥ・シング」の春の公演は3/16より5/11まで、毎週土曜日5時開演。チケットは35ドル。「ママ….」のオフ・シュートと いえる、ミュージカル、「シング,ハーレム,シング」も5/4までデンプシー・シアターにて上演中。こちらもソウルフルなブラック・ミュージックが楽しめます。The Dempsey Theater 127 West 127th (between Lenox & 7th Avenues)
詳細はページ左上の情報、または
http://www.mamafoundation.org/mama-i-want-to-sing.html