Tag Archives: George Clinton

ニッキー・ミナージからジョージ・クリントンまでこの夏も全部無料!NYのフリーコンサートThe 2015 Free Summer Concert Series

nicki-minaj-anaconda-1416506004-custom-0
夏です。フリー・コンサートの季節です。今年もヒップホップやR&Bのライヴが盛りだくさん。あなたはいくつ観に行きますか。

biz-markie-617-409June 17

Lyricist Lounge: Biz Markie + Masta Ace
Herbert Von King Park, Bed-Stuy; 7pm

June 18
Taana Gardner + Johnny Kemp + DJ Yoda
Herbert Von King Park; 7pm

June 24

Judy Torres + Tony Touch
Crotona Park, Bronx; 7pm

The-Lox-WatchLOUDJune 25
Lyricist Lounge: The LOX
Crotona Park; 7pm

June 27
VP Records 35th Anniversary: Maxi Priest + Gyptian + Bunji Garlin & Fay Ann Lyons + Massive B
Central Park; 3pm

July 7
Our Latin Thing + DJ Afro
St. Mary’s Park, Bronx; 7pm

July 8

Systema Solar + Compass + Helado Negro
Central Park; 6pm

July 9
Cano Estremera
St. Mary’s Park; 7pm

July 14
The Chi-Lites
Queensbridge Park; 7pm

george-clintonJuly 15
George Clinton and Parliament Funkadelic
Queensbridge Park; 7pm

July 16
Lyricist Lounge: “Live at the BBQ” featuring Large Professor + Marley Marl
Queensbridge Park; 7pm

nas-time-is-illmatic-thumbJuly 19
Pete Rock + Film Screening: Time Is Illmatic (2014)

Queensbridge Park; 7pm

NM

July 24

Nicki Minaj – Good Morning America Summer Concert

Rumsey Playfield; 7:00am – 9:00am

rock-steady-crew-38th-anniversary-concertJuly 26
Rock Steady 38th Anniversary Concert: Whodini + Big Daddy Kane
Central Park; 3pm

July 29
Jellybean Benetiz + DJ Street Tech + D-Train
Clove Lakes Park; 7pm

August 2
Brazil Summerfest: Nação Zumbi + Nation Beat’s Carnival Caravan feat. Cha Wa + Vinil Pompéia
Central Park; 3pm

August 8
Quantic + Gilles Peterson + Afrika Bambaataa
Central Park; 6pm

August 9

INVINCIBLE: Michael Jackson Tribute + Marika Hughes & Bottom Heavy
East River Park; 4pm

RakimAugust 11
Rakim + DJ Tedsmooth
Marcus Garvey Park, Harlem; 7pm

August 12
Mobile Mondays: Live Everybody Loves Roy Ayers
Marcus Garvey Park; 7pm

August 21
Charlie Parker Jazz Festival: Oliver Lake Big Band + King Solomon Hicks
Marcus Garvey Park; 6pm

August 22
Charlie Parker Jazz Festival: Dr. Lonnie Smith + Andy Bey + Jeff “Tain” Watts + Camille Thurman
Marcus Garvey Park; 3pm

August 23
Charlie Parker Jazz Festival: Joe Lovano + Rudresh Mahanthappa: Bird Calls + Myra Melford + Michael Mwenso
Tompkins Square Park; 3pm

Jazmine+Sullivan+1280x1024b500jazmineAugust 23
 RCA Summer Concert Celebration: Jazmine Sullivan + Jordan Bratton
Central Park; 3pm

リストを全部見たい人は以下、クリックしてください。

For complete listing please visit:

http://www.timeout.com/newyork/music/outdoor-s

George Clinton and Paliament / Funkadelic Japan Tour!

George Clintony at
日本語
P-Funk is baaaaack!!!! After a long time without making new music of their own, George Clinton andf Paliament / Funkadelic has dropped a new album “First You Gotta Shake the Gate”, three-disc set last year.

Continue reading

Between the Lines: George Clintn and Questlove @ Schomburg Center

日本語

George Clinton - BookThe funk musician George Clinton shares stories about his life and career on the occasion of the publication of his new book, Brothas Be, Yo Like George, Ain’t That Funkin’ Kinda Hard on You?: A Memoir. Clinton will be in conversation with the Roots’ drummer, DJ, writer, and producer Questlove.

Grammy award winning artist George Clinton was the mastermind behind Parliament and Funkadelic, the two bands that virtually defined the funk genre. Clinton began recording solo in 1981, and has earned a widespread recognition for his contributions to the music world.

In the memoir, the Parliament-Funkadelic founder will reveal details regarding legal battles he waged to gain control over copyrights allegedly pilfered early in his career. The book will also chronicle Clinton’s struggles with addiction.

Questlove and GeorgeGeorge Clinton sat down with Questlove @ Schomburg Center for Research in Black Culture, Langston Hughes Auditorium

“Look on page 379,” Clinton says. “This book, I had one intention. It’s my story on trying to recapture for my heirs and my family all the copyright and ownership of all the music you’re talking about. That’s my whole reason for writing the book. With me, I’m 73 years old. I wouldn’t have nothing else to do anyway. I got rid of my habit, so, hey, you ain’t really got nothing to do. I got a lawyer habit now. “

george-clinton-200x200George Clinton began his musical career in New Jersey, where his obsession with doo-wop and R&B led to a barbershop quartet—literally, as Clinton and his friends also styled hair in the local shop—the way kids often got their musical start in the ’50s.

In 1982, he released his solo album, Computer Games, which produced the mega-hit, “Atomic Dog.” The P-Funk Allstar’s music provided the foundation for Dr. Dre’s G-Funk Era that dominated the sound of West Coast Hip Hop during the 1990s.

The Funk pioneer has worked with artists from all genres and insists that allowing his music to be sampled has been instrumental in keeping his career alive.

“And anytime I say something about it, they make it look like I’m attacking the artists. So I really want to tell Dre, Snoop, Puffy and everybody, Jay-Z that I’m not the one that sued them. Matter of fact, I’m asking them to come forward to just – ’cause I’m going to the Supreme Court with this,” he said.

He also states he respects 9-year-old kid’s opinion on music.

“As soon as I hear old musicians … or parents say, “That ain’t music” I run to that music, that’s the music I want. Because it’s going to be the next music. Kids love the music that gets on your nerve. “

As for the naked, crack-smoking hotel fire, well, that’s best told by Clinton himself. His “Brothas Be, Yo, Like George, Ain’t That Funkin’ Kinda Hard on You?,” co-written with Ben Greenman, is out now.

 

Absolute Funk ジョージ・クリントン「追悼」イベント アポロ劇場で開催!

ジョージ・クリントンの追悼イベントが10月25日アポロ劇場で開かれました。え?追悼……?まだ健在のはずなのに…….。

よく聞いてみたらジョージ・クリントンの業績を讃えるチャリティー・イベントだとのこと。ニューヨークの医療保険制度が危機に瀕しているというので各イベントを開催してその収益をシステム改善費用に充てるというのが目的だとか。各企業から寄付を募り、NYのブラック・ステーション、KISS FMが宣伝役をかってでました。

会場のアポロ劇場へはタイムズ・スクウェアから地下的 A Trainに乗って2つめの駅125丁目で下車します。開演は8時。まずはTye Tribbett率いるゴスペル・バンドが登場し、軽くウォーム・アップします。ショーの合間にビデオ・スクリーンでジョージ・クリントンとパーラメント・ファンカデリックのインタビュー・クリップやコメディアンのコメントなどが流れます。何と、今年でジョージ・クリントンはデビュー50周年を迎えたのだそうです。

クリス・ロックによると、ジョージ・クリントンは本人が死ぬ前に必ず見ておかないといけないアーティストなのだとか…….。「ジェームス・ブラウンも死んじゃったし、リック・ジェームス、バリー・ホワイト、アイザック・ヘイズも死んじゃった。あのマイケル・ジャクソンも死んじゃった。残っているのはジョージ・クリントンとプリンスだけ。」

この日のパフォーマーはフル・フォース、ノーナ・ヘンドリックス、ポール・シェーファー&クエスト・ラヴ、シーラE、ブーツィー・コリンズ、バーニー・ウォレル、ヴァーノン・リードなど錚々たる顔ぶれ。

ショーの進行役はキスFMのパーソナリティー、バグジィーです。「今日はPファンクのゴッドファーザー、ジョージ・クリントンも駆けつけてくれました。」というアナウンスが………。ふと見ると、アポロのステージ右手のロイヤル・ボックス席にあの伝説のジョージ・クリントン本人がいるではありませんか!トレードマークだった七色のヒッピー・ヘアをぷっつりと切り落とし、グリーンのピンプがかぶるような羽のついた帽子を被り、赤シャツにダーク・スーツと抑えたファッションではありますがギャングスターの親分といった貫禄があります。隣りには長年サイド・キックを務めてきたベーシストのブーツィー・コリンズが、カラフルな山高帽に星形のサングラス姿で座っていました。


ビデオ・スクリーンには、ジョージ・クリントンの「Atomic Dog」をサンプルしたおかげで大ヒットになったというコメントつきで、Dr. Dre プロデュースによるスヌープ・ドッグの「Who Am I (What’s My Name) ?」の音と映像が流れました。パーラメント・ファンカデリックの音楽は多くのヒップホップ・アーティストに引き継がれて今日に至っている、つまり、創始者のジョージ・クリントンはヒップホップ界のゴッドファーザーでもある、というような内容のナレーションでした。
パティ・ラベル、サラ・ダッシュとともに LaBelle のメンバーとして活躍していたノーナ・ヘンドリックスが昔と変らないスリムな姿で表れ、パフォーマンスを披露、ロイヤル・ボックスにいるジョージ・クリントンに敬意を表しました。
TV人気トーク番組、「ディヴィッド・レターマン・ショー」のハウスバンドのリーダー、ポール・シェーファーがファンキーなドラマー、ルーツのクエスト・ラヴを伴ってライヴを繰り広げます。ポールは白人ですが、ブルース・ブラザースの音楽を担当したほか、これまで多くのブラック・ミュージシャンとのコラボ経験があります。大好きなPファンクとあっておもいきりグルーヴィーなサウンドでアピール、アポロの観客にも認められていたようです。
リビング・カラーのメンバ−だったヴァーノン・リードによる「Maggot Brain」や、キーボード・プレーヤーのバーニー・ウォレル演奏のビートルズのヒット曲、「Come Together」、そしてPファンクの名曲、「Flashlight」……..、まさに funked out という表現がぴったりです。
久々に見るシーラEが若くて美しいのにはビックリ。Pファンク・ファンなら誰でも大好きな曲、「 Give Up the Funk 」をパーカッションを叩きながら歌います。比較的年齢層の高いオーディエンスも、 We want the funk と全員総立ちで歌いまくりました。
いよいよ、特別ゲストのブーツィー・コリンズの出番が回ってきました。準備万端、真っ赤でキラキラ光る衣装に着替えたブーツィーがステージの袖で控えているのが見えます。ところがなかなかステージに出てきません。何かハプニングがあったようです。エンジニアらしきスタッフがアンプをチェックしていますが渋い表情で首を振っています。しばらくしてブーツィーが登場、「故障してベースが使えないんだ。でもショーは続けよう!」とベースを弾くジェスチャーをしながらパフォーマンスをしました。
いよいよ大御所、ゴッドファーザー・オブ・ファンクの登場です。パーラメント・ファンカデリックは昔からステージにたくさんミュージシャンが集まってジャムセッションをすることで知られています。ヒップホップDJの草分け、クール・ハークをはじめ、ヒップホップ界のパイオニア、ファブ5フレディ、出たがり大学教授、コーネル・ウエストなどたくさんの人が駆けつけてくれて、フィナーレに近くなる頃には舞台に50人以上の人たちがひしめき合っていました。出演者全員が舞台に集合、One Nation Under A Groove を大合唱、まさにアポロ劇場がワン・ネーションと化したファンキーな夕べとなりました。
P.S. このあと出演者たちのアフター・パーティーがミッドタウンのタイム・ホテルで行われ、レディ・ガガも遊びに来ていたとのこと。

( 伊藤弥住子)

Absolute Funk : Honoring George Clinton

On Tuesday, October 25, STAT! For New York City’s Public Hospitals! and KISS FM hosted a tribute to legendary musician George Clinton, the “Godfather of Funk,” at the Apollo Theater.
It was one city under a groove in this all-star tribute to George Clinton aka ‘Dr. Funkenstein’ founder of Parliament Funkadelic, under the musical direction of Ray Chew Live (American Idol, BET Awards, Showtime at the Apollo). We celebrated George and his 50 years in the funk and soul business with an amazing variety of P-Funk friends, musical collaborators, and other guests. The evening will also commemorate the lives of Parliament/Funkadelic members no longer with us.

Featured performers were Paul Shaffer, Nona Hendryx, Vernon Reid, Full Force, Sheila E., Tye Tribbett, Questlove, Kim Burrell, Bootsy Collins, Bernie Worrell, and more. Tribute video conceived and produced by Reginald Hudlin and Vivian Scott Chew.