Tag Archives: dj

AK-69 ニューヨーク完全制覇!

AK-69AK-69 Live in NYC

автомата Калашникова 69

Read in English

名古屋の誇り高きヒップホップ・アーティスト、AK-69 (Кала́шников) がニューヨークのライヴ・ハウスS.O.B.’sにてコンサートを開催!

実はAK-69NYでパフォーマンスをするのは初めてではありません。ローカルFMステーション、「ホット97」の番組にフィーチャーされたり、ハーレムのイベントに出演したり、昨年よりNYを拠点に活動しているのだそうです。

今、日本で一番イケているラッパーというのでユーチューブをチェックしてみたら、ラップがうまくてびっくり。AK-69の生ライヴが観れるというので期待してダウンタウンのウエスト・サイドにある「エス・オー・ビーズ」に直行。この日は「ホット97」主催の新しいアーティストを紹介するショーケース、ま、いわば「アマチュア・ナイト」のようなイベント、「フーズ・ネクスト」に特別ゲストとして出演しました。

まずはHot97の若手DJが観客を盛り上げようと昔のヒップホップ・ヒット曲をかけまくります。”Money Ain’t A Thing” “Big Pimpin’” “Heart Of The City” “ROC Boys” となぜかジェイZのオンパレード。オーディエンスは20代が中心ですが、みんな古い曲も知っているようす。(アメリカではAK-69は「日本のジェイZ」と紹介されているそうです。)

いい感じに人が集まったところでショータイムの始まりです。トップバッターとして登場したのがニッポン代表のAK69、「ワッツ・アップ・ニューヨーク!」とまずは英語であいさつをかまします。ちょいワル風なアチチュードでニューヨークの若いヘッズたちを挑発します。

日本語と英語と混じったオリジナル曲をラップ、歌詞がよくわからなくてもAK-69のラッパーとしてのswagがビシビシ伝わってきます。とにかくうまい!カッコいい!披露してくれたのは、彼のアルバム、「The Independent King」からの曲。タイトル・ソング、「インディペンデント・キング」は、自分のスタイルを守り抜くためにあえてメジャー契約を断り、インディー・レーベルを選んだAK-69のアンダー・ドッグとしてのこだわりが感じられます。「Champagne Boyz」はAK-69がフックも歌っているパーティー・ソング。この時初めて聴いたのですがかなりキャッチーでフックが耳に残ります。決めてはなんといっても「Yellow Gold」です。「ゴールド・チェーン、ギラギラ・ブリンブリン、俺たちは黄金に輝くイエロー・ゴールド……….。」誇り高きニッポン人ラッパー、AK-69みごとNYを完全制覇!

短いステージでしたが、スワッガーたっぷり、安定したフロウでファースト・クラスなパフォーマンスを展開。「ヒップホップに国境はない」ことを見せつけてくれました。

AK-69 オフィシャル・サイト

http://www.ak-69.com/

(伊藤弥住子)

AK-69ライブの映像、インタビューがFCIモーニングEYEでチェックできます!

Advertisements

DJ June Invades Nippon with American Super DJ Clinton Sparks!

DJ Clinton Sparks @ Genius Tokyo

READ IN JAPANESE

DJ June Invades Nippon with American Super DJ Clinton Sparks!

Harlem2Nippon’s lovely DJ June and her friend, DJ Clinton Sparks, hit Nippon’s big club named “Genius Tokyo” on Wednesday, April 3 located in fashionable Ginza, the upscale district that looks like the Fifth Avenue of New York City.

Sparks was the featured guest DJ for “Super Star Wednesday,” a special party specifically launched for him. This was the first attempt for “Genius Tokyo” to feature a DJ from overseas. DJ June opened the show and pumped the crowd into a frenzy playing smooth R&B, edgy hip-hop and bangin’ club music. June said, “I know how to make ladies dance,” and she proved it.

Sparks is a Grammy nominated celebrity DJ from Boston, Massachusetts who has spun in several foreign cities including London, Paris, Milan, Dubai, Singapore, Hong Kong, Shanghai, Taipei, and Manila. He had never performed in Tokyo and was definitely looking forward to rockin’ the crowd with DJ June.

A rainstorm had the Genius Tokyo owner nervous about the turnout, but the attraction of two world class DJs had the club packed!

When asked how he prepared for his first party in Tokyo, Sparks said, “I got a haircut. Through June’s connection, I got 50% discount so I only paid $70.” This was a significant bargain because he usually spends $400 to $500 for haircut in London and Hollywood.

Dance Floor 3 - @ Genius Tokyo

Sparks is known for his hyper performances, and he lived up to his reputation, standing up in the DJ booth, singing, rapping and screaming with the music. His infectious energy made him an instant favorite, and the party people loved the gifts he tossed into the crowd: custom made glasses with his name on it.

In addition to producing music for Ludacris, Rick Ross, T-Pain, Snoop Dogg and many more, Sparks also released his own song as a producer/performer, “Watch You in 2012. He was overwhelmed by the crazy response when he played the tune in Genius Tokyo. “People went bananas,” he said.

After five days in Tokyo, Sparks is in love with the city. He’s looking forward to his next visit as he announced with a huge smile, “I’ll be back!”

Harlem2Nippon.com主催 DJ Seminar by DJ Juneのテレビ放映がここで見れます!TV Broadcast is Here!!

テレビカメラに向かってセラートの使い方を説明するDJ June

@Sutra Lounge!!18日金曜日の朝FCI:フジサンケイの番組で放映されたハーレム2ニッポン主催のDJセミナーがネットでも見られます!

5月15日、DJプリティ・ジューンさんによるDJセミナーを開催しました。ニューヨークのローカル・ケーブル局、フジサンケイ(FCI)TVが駆けつけてくれて取材してくれました。オンエアを見逃した方はここでチェック!!

当日の写真アルバムはこの後アップします! お楽しみに!!

Click this link to see the TV show!

Check back with us for more pix of DJ Seminar by DJ June!!

エリカ・バドゥがDJに転身!Erykah Badu a.k.a. DJ Lo Down Loretta Brown

Erykah Badu a.k.a. Analog Girl in a Digital World (okay, player?)

Erykah Badu a.k.a. Analog Girl in a Digital World (okay, player?)

自分がやりたいことを貫くことでよく知られているアーティスト、エリカ・バドゥがDJに転身……..!?

「DJ名はいろいろあって、DJロー・ダウン・ロレッタ・ブラウン、DJディジタル世界のアナログ・ガール(okay, player?)、その時の気分にもよるし、何でもありだと思っているの。DJはパーティーの主役よ。」とエリカ・バドゥはDJの魅力を語ります。これまでもコンサートでDJまがいのパフォーマンスは披露してきましたが2年ほど前から本格的にDJ業に取り組むようになりました。その努力が認められ、このほど、DJ向けソフトウェアの大手セラート主催の「セラート・アイコン・アーティスト・シリーズ」でアイコンDJに選ばれました。

Erykah Badu a.k.a. DJ Lo Down Loretta Brown

ダラス出身でネオ・ソウルの火付け役的存在として知られるエリカ・バドゥですが、本人はそんなつもりは全くなし。「レコード会社が勝手にネオ・ソウルというジャンルを作り上げただけで、私は自分の音楽をやっているだけ。」と自分のペースで活動しています。1996年、デビュー・アルバムのタイトルをErykah Baduの音楽だからバドゥ主義(Baduizm)と名付けるなど、当初よりしっかりと自己主張をしてきました。自身のレーベル、「Control FreaQ」を立ち上げ、ますますバドゥ節で邁進中。だったら、歌のほかにDJをやり始めたのはなぜ……?

「私はヒップホップ世代だし、リック・ロス、ドレイク、リル・ウェイン、ニッキー・ミナージ、みんな大好き。」という彼女、なるほど、これまで私生活でつき合ったパートナーがアウトキャストのアンドレ3000、コモン、ジェイ・エレクトロニカとみんなラッパーなのも頷けます。「私、昔からBガールだったのよ。KRSワンが言っているように、ヒップホップはカルチャーだし、生き方だと思う。だからDJにも興味を持っていたし、本格的にやろうと思ったの。」多才なバドゥ嬢、ルーツのドラマー/DJのクエスト・ラヴの全面的サポートを得てますますスキルに磨きがかかってきたとのウワサ。これからどんどん面白いイベントで活躍してくれそうな気配。みんなでDJロー・ダウン・ロレッタ・ブラウンを応援しましょう。

伊藤弥住子

Erykah Badu a.k.a. DJ Lo Down Loretta Brown

B-girl For Life

You probably know Erykah Badu is a goddess of neo-soul and hip-hop music. But did you know she is a DJ as well? She has got more than just singing skills but also been performing live s a deejay.

Erykah Badu also known as DJ Lo Down Loretta Brown is honored as part of DJ software giant Serato Icon Artist Series.

Her career as a DJ she describes as a central role in today’s music world “Right now we’re in 2012 AD, where the DJ is now the star.”

Erykah Badu has been on the journey as a DJ, one she embarked on a long time ago through her love of hip-hop music and it’s culture.

“I’m in love with hip-hop. I’m a b-girl, into breakdancing, graffiti. Hip-hop is the creation of an instrument, two turntables and a mixer. Hip-hop is the inflections in the voice. I love the evolution that’s happening. I love Rick Ross. I love Drake. I love Lil’ Wayne. I love Nicki Minaj.”

“I expanded and explored more and more as I became a b-girl, because the world knows DJing and rapping is something you do, but the great KRS-1 said ‘Hip Hop is something you live’. Once it’s in you, it’s in you.”

The future looks bright for Erykah Badu and Loretta brown, two artists working together to weave live performance and DJing into a rich textured experience for people around the world to enjoy.