Category Archives: Interview

Aretha Franklin Sings The Great Diva Classics

AfranklinClassics_100314

Арета Франклин выпускает новый альбом

日本語

The Queen of Soul Aretha Franklin has had a bit of a hiatus from the music scene after some complications with an undisclosed illness but she is back and finished her new album “Aretha Franklin Sings the Great Diva Classics.” Producers on the 10-track album include Kenneth “Babyface” Edmonds, Harvey Mason Jr. and Andre 3000. Among the many diva hits that Aretha will add her own spin to are: Whitney Houston’s (and Chaka Khan’s) “I’m Every Woman,” Gladys Knight’s “Midnight Train to Georgia,” Etta James’ “At Last,” Barbra Streisand’s “People,” Alicia Keys’ “No One,” Gloria Gaynor’s “I Will Survive,” and the veritable favorite “Teach Me Tonight” (Janet Brace, Dinah Washington, Ella Fitzgerald, Natalie Cole, Amy Winehouse, popularized by Phoebe Snow).

andre-3000-babyface-aretha-franklin“Aretha Franklin Sings the Great Diva Classics” comes out October 21.

Davis came up with the concept and songs, which Franklin said she immediately took to. “Mr. Davis said he doesn’t just want another CD,” she said. “He wants a blockbuster event.”

Throughout this week before the release, Aretha Franklin will be promoting the album on a major media circuit that will include a performance on David Letterman’s “The Late Show” on Sept. 29 where she will perform a cover of Adele’s popular song, “Rolling in Deep.” Franklin’s version, which infuses some of “Ain’t No Mountain High Enough,” has more than 2 million views on its official YouTube post.

aretha-franklin-clive-davis-92y-2014-billboard-650An Evening with Aretha Franklin @ 92nd Y

The Queen of Soul, who sat next to longtime collaborator and album producer Clive Davis, held a listening for the album this week at the 92nd Street Y, a nonprofit cultural and community center.

aretha_franklin_-_jump_to_it_-_front“I haven’t felt so up on a CD since ‘Jump to It’ (was released in 1982) or the first time one of my records was played on the radio,” seventy two still going strong, Aretha Franklin said in an interview at 92nd Y.” “I don’t think I have ever been as excited as I am now.”

“I like all of it. I like the whole CD, from cut to cut to cut. It kind of reminds me of, I said, ‘You know, this is kind of similar to Marvin Gaye’s “What’s Going On?”'” she said before the event. “You know the kind of records from cut to cut; I don’t care what comes up (but) you like it. You like it! I think it may be that kind of album.”

“Aretha has always held a very special place in my heart. She’s universally recognized to be the greatest singer of all time,” Davis told.

Luther VandrossMr. Vandross

Franklin recalled the incident with her former collaborator and friend, Luther Vandross. ‘In early 80’s Luther Vandross’ first hit “Never Too Much” was on the radio and caught my ear. I told Clive that I’m interested working with him. He said, “I’m sure he’ll be pleased to work with you.” The result was “Jump to It,” my first number one record in seven years. It was logical, then, for Luther to produce the next record. All of a sudden Luther wanted to tell me how to sing. He says, “Sing it like this,” and I was like “what!” I definitely didn’t’ need him to tell me how it should be sung. I walked out of the studio and went back to my hotel. The next day Clive intervened and we came back to the studio and finished the song.

Alicia-Keys-Will-Be-Face-of-New-Givenchy-Fragrance2Alicia Keys Right On The Money

Franklin covers Alicia Keys’ “No One,” which is meshed with a Caribbean vibe. “I love that flavor!” Franklin exclaimed. It was Keys who suggested that flavor from the beginning. “And she was right on the money,” Franklin added.

Andre 2000?

Rapper Andre 3000 also helped her album. Franklin spoke highly of one half of rap duo Outkast saying, “What’s his name, Andre 1000 or 2000? I love everything he does. He’s got a groove that I really, really like.” The singer and the producer eventually settled on the song written by Prince and became a massive hit for Sinead O’Connor in 1990 “Nothing Compares 2 U.”

Etta-James-at-LastThe album also includes Franklin’s interpretations of classics such as “At Last,” ”I Will Survive” and Barbra Streisand’s “People.”

The diva said: “We’re going to give you exactly what you’re expecting and what you’re not expecting.”

Track List

1          At Last (Etta James cover)

2          Rolling In The Deep (Adele cover)

3          Midnight Train To Georgia (Gladys Knight and the Pips cover)

4          I Will Survive (Gloria Gaynor cover)

5          People (Barbra Streisand cover)

6          No One (Alicia Keys cover)

7          I’m Every Woman (Chaka Khan cover) / Respect

8          Teach Me Tonight (Dinah Washington cover)

9          You Keep Me Hangin’ On (The Supremes cover)

10        Nothing Compares 2 U (Sinead O’Connor)

 

Advertisements

Charlie Wilson – Love, Charlie

 

Uncle Charlie

Uncle Charlie

READ IN JAPANESE

CHARLIE WILSON WANTS TO SAVE ARTISTS FROM CRASH & BURN LIFESTYLE, TALKS LOVE, CHARLIE ALBUM

by Ken Simmons

(Originally posted on TheDrop.fm)

At an age when most artists are on the road to retirement, Charlie Wilson is in the prime of his career with a Lifetime Achievement Award and a new album, which was released Jan. 29 ― his 60th birthday.

“I say I’m 30. My spirit makes me feel I’m 30,” says the legendary former lead singer of the Gap Band.

On his birthday, Wilson was honored in New York City at a party for his new LP, ‘Love, Charlie.’ He received a proclamation from the New York City Council recognizing his outstanding career and humanitarian work. Councilwoman Inez Dickens commended him for his commitment to being a leader in the fight against two illnesses he has overcome: drug addiction and prostate cancer.

Three days prior, he received a Lifetime Achievement Award at the Trumpet Awards in Atlanta ― the telecast is set to air March 31 on TV One. “It is so prestigious for me to receive this award,” he says with great pride. ”I am at a loss of words. Never in my wildest dreams did I ever imagine that I could win an award like this.”

The Trumpet Awards salute men and women who personally and professionally serve as a constant source of inspiration. In 2008, Wilson was diagnosed with prostate cancer. Due to early detection and treatment, he is now cancer-free and dedicates himself to promoting cancer awareness. He is the national spokesperson for the Prostate Cancer Foundation, which funds 200 research centers in 12 countries. The Charlie Wilson Creativity Award is presented to pioneers in the fight against prostate cancer.

Wilson has also been drug and alcohol-free for the past 19 years after his habit rendered him homeless and literally laying in the gutter. “I loved cocaine,” he admits. “I was homeless. I ended up sleeping in cars or on the street with a brick as my pillow and cardboard as my bed.”

Uncle Charlie and his wife Mahin

Uncle Charlie and his wife Mahin

His life was saved when he met a social worker named Mahin in 1994, while beginning treatment at a rehab center. They were married one year later and since then, they have been at each others’side 24 hours a day. “I go everywhere with my wife,” says Wilson. “We are always together. Some guys tell me they couldn’t do that and they would have to get away sometimes by themselves, but we stay together every minute of the day. Our relationship is strong.”

The crooner thinks back to when he needed to make three major changes in his life to kick his addition. “Drugs and alcohol are so prevalent in the industry so to get clean I had to change people, places and things. You have to change to snap your addiction,” he continues. “I had to admit I had a problem and surrender to God. I have been sober for 19 years. Drug dealers used to come backstage at the show but now my security won’t let them anywhere near me. That is not my life anymore.”

The drug problems haunted him when the Gap Band’s popularity began to fade in the early ’90s. Wilson launched his recording career in 1974, with his brothers, Ronnie and Robert Wilson and sang lead on numerous R&B classics including ‘Outstanding,’ ‘You Dropped a Bomb on Me,’ ‘Yearning for Your Love,’ ‘Early in the Morning,’ ‘Party Train,’ and ‘Burn Rubber on Me.’

Love, Charlie

Love, Charlie

Love, Charlie

Now with his sixth solo album, he calls his new music a Valentine’s Day gift to his fans. “The album is all about love,” Wilson explains. “It’s a love letter with songs like ‘My Love Is All I Have,’ ‘I Think I’m in Love’ and ‘A Million Ways to Love You.’”

‘Love, Charlie’ begins with the song ‘If I Believe,’ which reflects on how Wilson was able to overcome his addiction and turn his life and career around. “It’s about my faith in God,” he reveals. “It’s the first song on the CD and people were telling me not to put it first. I said, ‘I always put God first.’ I want it to be an inspiration. Everyone goes through struggles. Whatever you’re going through, I have been there. My wife told me I needed to write a song about my faith in God and inspire people to believe that yes you can do anything.”

At age 60, Wilson continues to perform nearly 100 concerts a year; he loves to see new faces at his shows. “My fans are getting younger and younger. I keep my show high-energy and I know some of the younger artists can’t keep up with me, “ he says with a smile. “For a lot of people, it’s their first Charlie Wilson concert. Sometimes they’ve come to see someone else on the bill, so I want to make sure by the end of my show that I make them Charlie Wilson fans.”

One year away from his 40th anniversary as a recording artist, Uncle Charlie ― as nicknamed by his close friend Snoop Dogg ― is an inspiration to a younger generation of stars including Snoop, Kanye West, R. Kelly, will.i.am, Jamie Foxx, T-Pain, Fantasia and Justin Timberlake. He embraces his role as a mentor to younger artists.

“I am everyone’s favorite uncle. You can ask me anything. I am that cool uncle that you can say things to that you can’t say to your mother or your father,” he states. “I’ve been to hell and back. I’m a living testimony. Some artists will listen, some will not. If they don’t listen it may be too late. So many artists are out here living the fast life.

They’re poppin’ bottles in videos and it sells tickets. But what will it lead to? I know. I’ve been there. I ran that track. Sex, drugs and rock and roll. I crashed and burned. I’m the only survivor of the artists who came out when I began in the 1970s. I want to inspire the younger artists to survive by keeping God in their lives, loving and respecting God.”

Charlie, Last Name Wilson, チャーリー・ウィルソン60歳の栄光!

116203-charlie-wilson

Charlie Wilson

READ IN ENGLISH

Charlie, Last Name Wilson, Triumphant At Age 60!

チャーリー、姓はウィルソン、60歳の栄光!

アーティストの年齢としてはすでに引退間近……..、でも元ギャップ・バンドのリード・シンガーだったチャーリー・ウィルソンには関係ない様子。ヒットを飛ばし続けてますます快調、先日特別功労賞を授与されたばかりでなく、自身の60歳 (還暦…..!)の誕生日にあたるこの1月29日には新しいアルバム「ラヴ、チャーリー(チャーリーより愛を込めて)」をリリース、邁進し続けています。2月23日にR&Bシンガー、タイリースを迎え、ニューヨークのマジソン・スクウェア・ガーデンでコンサートを行い、チケット完売という大盛況でした。

ハーレム2ニッポンでお手伝いをしてくれているジャーナリストのケンさん(ケン・シモンズ)が今、一番いけているR&Bアーティスト、チャーリー・ウィルソンにインタビューする機会があり、いつもこのコラムを読んでくれている読者の方たちのために、レポートをシェアさせてくれました。以下、ケンさんのインタビュー・レポートをお楽しみください。

 若いアーティスト諸君へ警告!ぼくと同じ失敗をしないために….

「年齢は心意気、30歳だと思えば、30歳なんだよ。」と若さを誇る元ギャップ・バンドのリード・シンガーのチャーリー・ウィルソン。本人の誕生日の日にニューヨーク市で新作、「ラヴ、チャーリー」のアルバム記念パーティーが開催されました。そこで、ニューヨーク市議会より彼の功績を称え、特別功労賞が贈られました。市議会議員のアイネス・ディキンス女史が、チャーリーが、ドラッグ中毒と前立腺癌という病気との闘いに打ち勝ったことを称えました。

その3日前には、アトランタでトランペット・アワードでの特別功労賞を授かりました。その様子は3月31日にテレビ放映される予定です。「このような素晴らしい賞をいただけるなんて本当に光栄ですね。このような栄えある賞を受賞できるなんて思ったこともありませんでした。言葉に尽くせません。」と嬉しさいっぱいのチャーリーです。

トランペット・アワードというのは、公私に関係なく、世の中の人人に大きく貢献した人に与えられます。2008年、チャーリー・ウィルソンは前立腺癌と診断されました。まだ初期段階だったため治療によって完治、現在は癌の実態を多くの人に知ってもらおうと活発に活動しています。前立腺癌基金というチャリティー団体のスポークス・パーソンとして12カ国に200箇所あるリサーチ・センターの寄付金集めに協力しています。

ドラッグ(薬物)とお酒をやめてすでに19年経ちます。一番ひどかった時はホームレスにまで堕落し、路上生活をしていたといいます。「コカインにはまってやめられなかった。ひどい時は路上駐車してその中で寝たり、レンガを枕にダンボールをベッド代わりにして寝ていた。」と告白しています。

Uncle Charlie and his Wife Mahin

Uncle Charlie and his Wife Mahin

そんなチャーリーを救ったのは1994年、リハビリ・センターで働いていたマヒンというソーシャル・ワーカーとの運命の出会いでした。彼女の献身的な介護により奇跡的に回復したチャーリーは一年後に彼女と結婚、それ以来、一日24時間彼女と共に過ごす毎日を送っています。「どこに行くにも彼女と一緒、いつもふたりでいられるのは絆が強いからなんだ。」と語っています。

麻薬との闘いは3大きな変化を必要としました。音楽業界では麻薬、お酒はいつでも手に入ります。そのため、チャーリーはつき合う人たちを変えたのです。「自分の問題を解決するためには神にすべてを捧げないといけないのです。おかげさまで、あれ以来19年間しらふの生活を送っています。以前はショーの楽屋にドラッグ・ディーラーがたむろしていたのですが、今ではセキュリティーが追い返し、まったく近寄せません。そこまでしないと立ち直れないからです。今の自分はあの頃とは違うんです。」とキッパリ。

90年代初期、ギャップ・バンドの人気に翳りが見え始めた頃にはチャーリーのドラッグ依存症はかなり進行していました。チャーリーがこの世界に入ったのは1974年、ロニーとロバート・ウィルソンを従えた兄弟のバンドを結成して、「アウトスタンディング」「ユー・ドロップト・ア・ボム・オン・ミー」「ヤーニング・フォー・ユア・ラヴ」「アーリー・イン・ザ・モーニング」「パーティー・トレイン」「バーン・ラバー・オン・ミー」など数多くのヒットを生み出しました。

チャーリーより愛を込めて

Love, Charlie

Love, Charlie

1月29日に発売された、6枚目にあたるチャーリー・ウィルソンのアルバム “Love, Charlie”は、「ファンのためのヴァレンタイン・デー」の贈り物なのだそうです。”My Love Is All I Have,” “I Think I’m in Love,” “A Million Ways to Love You” など愛がいっぱい詰まっています。

アルバムのオープニング曲は、チャーリーの麻薬依存症を克服した体験に基づいた内容の”If I Believe” です。「神への誓いの曲です。CDの最初の曲です。まわりからこの曲をオープニングにするのはよくない、という反対もありましたが、自分にとっては神が何よりも優先なので、あえて冒頭にもってきました。」と本人は説明しています。人に勇気を与えたい。自分も辛い時期を乗り越えることができたのだから、人にそういう気持ちを伝えたい…….。「妻にも言われました。神を信じればどんなことでもできると思います。」と、あくまでもポジティヴなチャーリーです。

60歳にして、チャーリー・ウィルソンは年間100本ほどのコンサートをこなしています。「ファンの年齢層がどんどん下がっているんですよ。ショーの構成もそんなファンの人たちに合わせてハイ・エネジーな感じにしています。若いアーティストなのにぼくについてこれない人も多いんですよ。」と笑うチャーリー、新しいファンに会えるのがとても嬉しいのだそうです。「初めてのチャーリー・ウィルソン・コンサート体験、という人が多いんです。または、他のアーティストを見にきてぼくのことを知るという人もいます。ぼくのライヴを見た人はみんなファンになって欲しい、そういう気持ちでがんばっています。」

もうすぐこの世界に入って40周年を迎えるアンクル・チャーリー。スヌープ・ドッグやカニエ・ウエスト、Rケリー、ウィル・アイ・アム、ジェイミー・フォックス、Tペイン、ファンティジア、ジャスティン・ティンバーレイクといった若手にも多大な影響を与えています。

「ぼくはみんなのアンクル、どんな相談にでものるよ。お母さんやお父さんに言えないことでも、ぼくのようなクールなアンクルにだったら言えるでしょ。」と若い人たちに呼び掛けます。「ぼくは地獄を体験して更正した、生き証人です。特に若いアーティストたちは刹那的な快楽に耽りがちだけど、ぼくを見習って道を外さないで欲しい。」とチャーリーは忠告します。

「ビデオでシャンペンをあけたり、それが売り上げに繋がるのはわかるけど、それでいいわけ?ぼくも、セックス、薬物、ロックン・ロールンな人生をやってきたから知っているけど、いつか燃え尽きる。ぼくは70年代に一世を風靡したアーティストのごく少ない生存者です。だから、サヴァイヴァーとして、若い世代の人たちに神に忠誠を誓って生き延びて欲しいと願っているんです。」

ニーヨへの10の質問 Ne-Yo Interview by Ken Simmons

Ne-Yo R.E.D.

READ IN ENGLISH

ニーヨへの10の質問 ~ Ne-Yo インタビュー

ハーレム2日本のスーパーバイザーでジャーナリストのケン・シモンズが、5枚目アルバム「R.E.D.」をリリースしたばかりで大好調の Ne-Yo に独占インタビューをしました。ウェブサイト、Loop21 のための記事ですが、ハーレム2日本の音楽ファンのために特別シェアさせてくれることになりました。マイケル・ジャクソンとの共演やモータウンの副社長に任命された時の「怖い」といった心境や、もしかして、オバマと一緒にレコーディングするかも……、などなど楽しい話も満載。以下、ニーヨ・スペシャル・インタビューをお届けします。

グラミー三冠受賞アーティスト、ニーヨはオバマ大統領の熱心な支持者として知られています。そのニーヨがアメリカ大統領選挙の当日に新しいアルバム、「R.E.D. (Realizing Every Dream)をリリースしました。選挙の当日にアルバム発売を決めたのは、必ずオバマ大統領が再選されると強く信じていたのでしょう。ニーヨ、そして多くのブラック・エンターティナーたちの熱い応援にみごとオバマが当選、第二期目を務めることになりました。

2005年にデビューして以来、アルバム3枚連続プラチナに輝き、シングルも5枚ともプラチナを獲得するという快挙を遂げました。また、作詞家としても引く手あまた、ビヨンセ、ジェイZ、リアーナ、メアリーJ.ブライジ、ジェニファー・ハドソンなど多くのアーティストに曲を提供してきました。音楽業界だけでは飽き足らず、ジョージ・ルーカス監督のタスケジー・エアマンの物語「レッド・ティルズ」をはじめとする4作の映画に出演、映画界でも成功を収めています。

質問1:  新しいCDのタイトル、Realizing Every Dreamを意味する「R.E.D.」とした理由を教えて下さい。いったいどんな夢を実現したのでしょうか。

Ne-Yo:  みなさんが知らないような夢を実現してるんですよ。たとえば、グラミー賞を3回受賞したり、世界中を回って、そのおかげで自分も家族も生活ができているんです。これまですごい人たちと一緒に仕事をしてきました。ぼくが9歳の時に音楽で身を立てようと思い立ってそれ以来次から次へと夢を実現させました。だからこのアルバムを‘夢を全部実現させる’という名前にしたんです。これまでさまざまな夢を叶えてきましたけど、まだまだやりたいことはたくさんありますね。グラミーを3つもらいましたけど、スティーヴィー・ワンダーなんか2桁台ですよ、ぼくなんかまだまだです。ぼくのアルバムはプラチナになるほど売れていますが、ぼくよりもっと売っているアーティストがいますから……。どんどん目標が高くなっていきますね。ぼくの音楽がきっかけでもっと他の人が夢を実現してくれるとすごく嬉しいですね。

質問2:  あなたの最初の3枚のアルバム、「In My Own Words」「Because of You」「Year of the Gentleman」はどれもナンバー・ワン、プラチナに輝きましたが、4枚目の「Libra Scale」はあまり人気がありませんでしたね。あなたはその苦い経験をどう受け止めていますか。

Ne-Yo:  勉強になりましたね。ぼくはいいことでも悪いことでもそこから何かを学ぼうと思っています。「Libra Scale」はぼくが書いた30分のサイファイ映画のサントラがコンセプトだったんです。それまで脚本なんで書いたことはなかったんですけど。あとで、脚本というのは1ページが1分なんだということを知りました。当初、所属レーベルのアイランド・デフジャムに146ページの脚本を持ち込みました。曲はその脚本にインスパイアされたものです。あまりに長すぎるからカットしろと言われて…….、それで削ったりしてそれがアルバムにも反映されてしまったんですね。出来上がったものはもともと意図していたものとは違ってしまった。とてもいい勉強になりました。

質問3:その苦い経験が今回の「R.E.D.」制作にどのように影響していますか。

ne-yo-red-album-images-exclusive-01

Ne-Yo: あまり考えすぎず、クウォリティーの高い音楽を作ることに専念しました。R&Bファン向けの曲、ポップ・ファン向けの曲いずれも充実させないといけないと思いました。「Year of the Gentleman」の”Closer”が好きでニーヨ・ファンになってくれた方も多いのですが、あのアルバム(「Libra Scale」?)の中で似たような曲がなくてがっがりした人も多かったと思います。その間違いを繰り返さないよう、R&B、ポップ、その両方とも好きな人たちを満足させられるような曲作りを心がけました。

質問4:「ジェントルマン」を心がけているあなたはご自分のウェブサイトのタイトルも Ne-Yo The Gentlemanとしていますね。アーバン・カルチャーはポップの世界ではそうでない方向にいっている人たちが多いなか、そういうスタイルを押し通しているのはどうしてですか。

Ne-Yo:    ぼくは人のいいなりになるのではなく自分から率先して動くリーダーを目指しています。流行を追うのは好きじゃないんです。流行は必ずいつかすたれるから、流行を追うことは常にタイム・リミットがあるということなんです。ぼくは時間を越えた長続きのすることをやりたいんです。ぼくにはポジティヴな姿勢を保ち続けるというアーティストとしての責任があります。それをぼくは真剣に受け止めています。子供たちから見られているんです。ぼくのようなスタイルを見てくれている子供たちがいると思うんです。

実際に、いろいろな企業がぼくに自社製品のキャラクターになってほしいとアプローチしてきているんですよ。ぼくが大衆にアピールするかららしいです。ぼくの音楽は、4歳児から14歳、さらに40歳くらいの年齢層にも受け入れられていると思います。ぼくは、自分の身なり、音楽、歌詞にとても気を遣っています。言葉もていねいに選んでいます。言葉の持つ力はとても大きいし重要なんです。ぼくがやることはすべてジェントルマンなんです。それがぼくという人間です。

質問5:あなたはモータウン・レコードの新人発掘および育成をするA&R部門のシニア・ヴァイス・プレジデントに任命されたそうですね。受諾した際、「とても光栄ですが、すごく怖いです。」とコメントしていましたが、この新しい任務はあなたにとってどういった意味を持っていますか。

Ne-Yo:  光栄というのはもちろん、モータウンはただのレコード・レーベル以上の存在だからです。モータウンはとても輝かしい歴史を持っています。以前、スモーキー・ロビンソンが同じポジションを努めたので、ぼくもまた彼と同様な道を歩むことになると思います。ですが、せっかくのモータウンなのに、そのエネルギーが間違った方向に向いてしまっているように思います。イメージ作りやマーケティングばかりにとらわれて肝心の音楽に力を入れていないと思います。だからレーベルが今伸び悩んでいるのです。

モータウンは、イメージやマーケティング同様、常に質の高い音楽を提供してきました。ベリー・ゴーディー(モータウン・レコードの創始者)に会って話したとき、この任務を受けるにあたってぼくの抱いている恐怖を説明しました。所属アーティストたちのキャリアを左右する重要な責任を負うだなんて、やっぱり怖いですよ。彼の家に行ったとき、テンプテーションズの「マイ・ガール(1964)」のクウォリティー・コントロール・ミーティングのビデオ・テープを見せてくれたんです。ミーティングに参加している人全員にこう質問するんです、「もし1ドルしか持っていないとしたらこのマイ・ガールを買うか、それともサンドイッチを買うか?」多数決で、半数以上がサンドイッチを買うほうに賛成したらその曲はリリースせずにお蔵入りにする、というルールです。 (次ページへ)