Category Archives: Mama I want To Sing

スペシャル・リポート from 東京:Mama I Want To Sing ママ・アイ・ウォント・トゥ・シング日本ツアー大成功のうち終了!

Mama_Tokyo2
Read In English

Mama I Want To Singの1ヶ月に渡る日本公演が大成功のうちに1月5日をもって終了しました。初演から30周年、初来日から25周年という記念すべき来日公演。ツアー後半の会場は東京六本木のアミューズ・シアター。元ブルーマン・シアターという、あのブルーマン・グループが2年間に渡りロングランした場所、つまり本格ミュージカルのパフォーマンスのために作られた劇場なんです。

開演直前続々とつめかけるお客さんにまずびっくり。何せハーレムのデンプシーシアターにやってくるのは90%以上がアフリカン・アメリカン。近隣の教会からバスを連ねてやってくるクリスチャンが主流で、まるで日曜日の教会に来ているような気分にさせられるのだけれど、当然東京のお客さんはまったく違う。親子連れ、若いカップル、女子のグループ、私のように25年前の東京公演を見たという年季の入った?音楽ファンなど、あらゆるタイプの日本人でシアターは埋まっていました。

Mama_Tokyo4

Roppongi Amuse Theater

いつものとおり元ラジオDJでもあるプロデューサー、ヴァイ・ヒギンセンのドラマチックな語りでミュージカルがスタート。彼女が登場するDJブースは2階建てで、これはデンプシーよりもかなりグレードアップ。他のステージセットなどはハーレムと同様ミニマルでシンプルでしたが、照明は白を中心に東京風にかなりあか抜けた印象。衣装もいく分グレードアップしていたような・・・

しかし内容の素晴らしさはまさにハーレムがそのまま東京にやってきたかのよう!
主役のノエル・ヒギンセンは1ヶ月に30公演以上というハードスケジュールをこなしているにもかかわらずベストコンディションをキープ。6オクターブのアンビリーバブルな音域と豊かな声量を確かなテクニックであやつり、客席からはため息の連続。クワイアを構成するハーレム・ティーン・クワイア(ゴスペル・フォー・ティーンズ)がまた素晴らしい。彼らにとっては初めての海外公演。初々しさの中に自身が生まれますますパワフルに。成長したんだなーと思わず嬉しくなってしまいました。

Mama I Want To Sing in Tokyo

Mama I Want To Sing in Tokyo

そして気になるのはお客さんの反応。ハーレムの観客は即座にステージにエンゲージ、彼らの一挙一動、言葉の一つ一つに反応し、「ハレルヤ」「エイメン」とステージ客席が一体になって一つのパフォーマンスを繰り広げるけれど、果たして東京のお客さんは?
はっきり言って最初は様子をうかがっている感じ。ステージ両側に字幕があり、それを読むのも忙しかったのかも。でもだんだん体と心が暖まって来ているのが目に見えてわかる。そしてラストにキャストが登場し大合唱になる部分、ハーレムならここで観客総立ちになっていっしょに歌い踊る場面。その瞬間ノエルがハキハキした日本語で「タッテクダサイ!」と連呼すると次々にみんなが立ち上がる。続いて「日本人にもゴスペルを歌う人がたくさんいると聞いています。この会場にもゴスペルシンガーがたくさんいるでしょう? ステージに出て来てください。もし来ないならこちらから迎えに行きます!」と言った瞬間、キャストたちが客席に突進! 私も目の前に走って来たミュージック・ミニスター役のイライジャに「オーメグミ!来てたのかー」ととっつかまりステージに押し出されてしまいました。
ステージの上では「初めましてー」「久しぶりー」のハグ&キス大会。そして定番「This little light of mine」の大合唱。その瞬間客席を見ると、総立ちとなったお客さんの満面の笑顔、笑顔、笑顔!!

Autographing Session

Autographing Session

そしてショーが終わりもうニコニコのお客さんといっしょにロビーに出ると、既にキャストがテーブルに並んで待機。CDとプログラムを買ったお客さんに一人一人丁寧にサインするというハーレムスタイルをここでもきっちりやっている。暖かい一体感がここでも続いていました。

ママ・アイ・ウォント・トゥー・シング・イン・ジャパン。ゴスペルが運ぶ愛と音楽の素晴らしさ、暖かさは世界中どこに行っても変わらない。それがちゃんと伝わることを確信できた一夜でした。

(シェリーめぐみ)

Special Report from Tokyo:Mama I Want To Sing Japan Tour

Mama_Tokyo8
日本語

Mama I want to sing’s month long Japan tour is now over with a great success.
The second half of the performances took place at Amuse Theater in Ropongi, Tokyo. It was originally built for Blue Man Group which had made unprecedented 2 year long run. It’s a spacious 900 seats theater yet it has a unique intimate feeling,

First, I was impressed by the spectators who are coming through the entrance. In harlem, the majority of the audience is African American, who often charter the buses with fellow church members. However, here in Tokyo, The seats were getting filled with young families, couples, group of students and seasoned fans like me who saw them 25 years ago.

Roppongi Amuse Theater

Roppongi Amuse Theater

As always, producer and former radio DJ Vy Higginsen opened the show with her eloquent yet passionate MC.  Her DJ booth has obviously been upgraded to a two story building.The Rest of the sets you can say minimalist simplicity as Dempsy. But the lighting got distinctively whiter and crisper, created Tokyo style sophistication.

The show’s biggest star, Knoelle  Higginsen (Doris Winter) was unbelievable. Her 6 octave singing voice never lost the power and control after more than 30 performances both day and night.  She shined even more in front of adoring Tokyo audiences. Also, I was so proud of ” Harlem Teen Choir aka Gospel For Teens.”  This was their first overseas performances. It looked like they got new confidence and descipline after the long journey.

I was curious the most about the reaction by the Japanese audiences.
Harlem crowds respond to each and every move and word of the cast members. They are part of the stage performance. But how will Japanese audiences react? At the beginning, they were quiet. They must have been busy reading the subtitles. But it’s obvious that they were warming up little by little and looked like they were waiting for the right moment to erupt.

Roppongi Amuse Theater

Roppongi Amuse Theater

Finally the moment has come. After the finale, all the cast members came back on stage and the band resumed playing music again, Knoelle started shouting ” Tatte kudasai (stand up)” then ” I know there are lots of gospel singers out there! Come to the stage or we’ll come get you!”
People began swelling on stage and hugged and kissed each other. Then their classic gospel number ” This Little Light of Mine” broke out. As everyone on stage was singing and dancing, the rest standing by their seats were smiling, clapping and stomping for joy. They did it. Notoriously shy  Japanese audiences became a part of the performance just like harlem crowds.
Gods love delivered. It never changes even if the time and place changes.Mama I Want To Sing proved that. Truly an international response !

Mama_Tokyo2

(Megumi Sato-Shelley)

「ママ・アイ・ウォント・トゥー・シング」のティーン・ゴスペル隊も出演!ロックフェラー、クリスマス・ツリー点灯式

Reckefeller Christmas Tree

Reckefeller Christmas Tree

Read in English

ニューヨークがいちばんニューヨークらしいのがクリスマス・シーズンです。毎年、ロックフェラー・センターの巨大なツリーに電球が点灯されると正式にクリスマス・シーズンが始まります。

Mary J. Blige

Mary J. Blige

年々派手になってきているロックフェラー・センターのクリスマス・ツリー点灯式、今年は常連のマライア姫のほか、メアリーJブライジ、アリアナ・グランデ、トニ・ブラクストン&ベビーフェイスなど豪華ゲストがパフォーマンスを披露しました。12月4日、現NY市長(次期市長、ビル・デ・ブラジオ選出済み)のマイケル・ブルンバーグの音頭で45000個の電球に灯りがともり、群衆のあいだで大歓声が上がりました。

Mariah Carey

Mariah Carey

もちろん、マライアの「All I want for Christmas is You」にまさる曲はありませんが、人気をさらったのはミニ・マライアこと、アリアナ・グランデの「Love Is Everything」でした。バック・コーラスで参加したのは、わたしたちハーレム2ニッポンで応援しているゴスペル・フォー・ティーンズのクワィアーです。一部メンバーはすでにママ、アイ・ウォント・トゥ・シング日本公演のため東京へ出発してしまったため、特別チームが選出され、アリアナのバック・シンガーを務めました。

伊藤弥住子

Mama I Want To Sing’s Gospel For Teens Appears@The Rockefeller Christmas 2013

Ariana Grande Stole The Show With The Aid Of Gospel For Teens!

Read in Japanese

 

Reckefeller Christmas Tree

Reckefeller Christmas Tree

Today, the Rockefeller Christmas is a New York’s tourist-filled, multimillion-dollar special yearly event.

Mariah Carey

Mariah Carey

The holiday special boasted a slew of performers. The highlight performances include Mariah Carey, performing her classic “All I want for Christmas is You”; Tony Braxton and Babyface with a duet of “Have Yourself a Merry Little Christmas”; Mary J. Blige, Kelly Clarkson and many others.

It was, however, 20-year-old ‘Mini Mariah,’ Ariana Grande who stole the show. The singer wowed the audience with her powerful performance of her hit single “Love Is Everything” with assistance from a choir, Harlem’s own Gospel For Teens. As you may already know that some members of GFT left for Tokyo for “Mama, I Want To Sing!” Japan tour.