Category Archives: Event

Emmis Announces International Expansion of HOT 97 Summer Jam America’s Largest Hip Hop Festival Goes Global: First Stop, Tokyo

Nicki Minaj 2014
Mar 30, 2016, 11:13 ET from Emmis Communications

日本語

Emmis объявляет о международной экспансии HOT 97 Летняя вечеринка (Summer Jam) Крупнейший Хип Хоп фестиваль Америки идет глобальный: первая остановка, Токио

hot-97-summer-jam-tokyo-1INDIANAPOLIS, March 30, 2016 /PRNewswire/ — Emmis Communications (NASDAQ: EMMS) today announced that the world’s largest Hip Hop concert, HOT 97 Summer Jam on June 5, 2016 at MetLife Stadium, will expand internationally with the launch of HOT 97 Summer Jam Tokyo in July 2016.

Emmis has signed a multi-year license agreement with Avex Live Creative, Japan’s premiere entertainment production & management company, a division of Avex Group Holdings.  As part of this arrangement for Summer Jam Tokyo, Avex will also utilize Trevanna Entertainment, the production team behind Summer Jam at MetLife Stadium.

Kendrick-Lamar-640x360Now in its 23rd year, HOT 97 Summer Jam is a day-long, two-stage celebration of Hip Hop attracting more than 55,000 fans and the genre’s top names. Jay-Z, Wu-Tang Clan, Mary J. Blige, Eminem, Kendrick Lamar, Snoop Dogg, and more have previously performed. The annual festival is famous for their surprise, unannounced musical guests.

Terms of the deal were not disclosed.
“HOT 97 Summer Jam Tokyo reinforces the global awareness and significance of the HOT 97 brand and the groundbreaking DJs who play such an important role in breaking and cultivating hip hop’s top past, present and without question future performers,” said Patrick Walsh, President, Emmis Communications. “HOT 97 has a passionate following in Japan and hip hop is experiencing enormous growth in popularity among Japanese millennials. We look forward to working with our partners to deliver an authentic HOT 97 Summer Jam experience to the growing legion of Japanese hip hop fans and share the experience with our American listeners as we promote the groundbreaking event to our audience in New York and all over the United States.  Our goal is to add another significant event to a country so rich in history and culture.”

meek-mill-and-fabolous-hot-97-summer-jam-2014“I feel honored that we are able to bring HOT 97 Summer Jam, one of the world’s most reputable Hip Hop events, to Japan,” comments Katsumi Kuroiwa, CEO of ALC.  “The demand for internal action has been increasing in Japan, and as we approach the 2020 Olympics in Tokyo, we expect to gain even more attention from the world.  With the waves of globalization approaching from many directions and the demands for new experiences continuously increasing, the fact that HOT 97 Summer Jam, which represents New York’s Hip Hop culture like nothing else, is coming to Tokyo demonstrates how extremely treasured music festivals are and just how worldly Hip Hop is.  This partnership will bring a taste of New York right into the center of Japanese art & music.”

chris-brown-2015-hot-97-summer-jam-05Summer Jam Tokyo will take place Friday, July 29, 2016 at Zepp Tokyo.  The line-up, which will include some of the hottest names in Hip Hop throughout the world including the biggest Hip Hop acts in Japan, will be announced at a later date.  For the most recent updates, including on-sale information, head to www.hot97summerjamtokyo.jp or follow Summer Jam: Tokyo on Facebook www.facebook.com/HOT97SummerJamTokyo

さようなら コロンブス、祝 “先住民の日” No More Columbus Day! Time to Celebrate “Indigenous Peoples’ Day”

NativeAmericanDance

Read in English

10月12日は全米の多くの州で「コロンバス・デー」を祝います。

長い間、「クリストファー・コロンブスがアメリカ大陸を発見した」と教えられてきましたが、アメリカの各地で「そんなバカな。コロンブスが船でアメリカ大陸に上陸した1492年には、すでに全米各地に先住民たちが住んでいたことはみんな知っている。もう嘘の上塗りはやめよう!」という動きが高まり、「コロンバス・デー」を「先住民の日(またはネィティヴ・アメリカンの日)」として祝う都市や州が増えてきました。

「コロンバス・デー」を改め、「アメリカ・インディアン(先住民)の日」を祝うことを宣言したのは以下の州および都市です。最近でも各地で名乗りを上げており、コロンバス・デー廃止も時間の問題かもしれません。

gateway-to-nations-native-american-pow-wow-and-festival-nyc-21505309

祝日名
アラスカ Indigenous People’s Day
ハワイ Discoverer’s Day
サウス・ダコタ Native American Day
都市
バークレー、カルフォルニア州 Indigenous People’s Day
ミネアポリス、ミネソタ州 Indigenous People’s Day
シアトル、ワシントン州 Indigenous People’s Day
デンバー、コロラド州 Indigenous People’s Day

NYで開催!Pow Wow “Indigenous Peoples Day Native American Festival”

Pow Wow 2015

ニューヨークでも、コロンバス・デーに関してはさまざまな意見があり、「もういちど、歴史を振り返って事実を確かめよう」という声が上がっています。今週末、ネィティヴ・アメリカンの祭典、「Pow Wow」がニューヨークで開催されています。アメリカ中の各部族が集まり、衣装や踊り、歌を競うお祭りが「パウワウ」です。本当のアメリカを知るよい機会なので、ぜひ体験してみてください。このイベントは、年間を通じて全米のインディアン・リザベーション(インディアン居住地区)にて行われているので、スケジュールをチェックしてみてください。

http://www.powwows.com/

lakotaIndigenous Peoples Celebration

October 10 – 12, 2015

Harlem River Field, Randall’s Island, New York City

Saturday & Sunday 11am – 7pm
-Grand entry of dancers at 1pm and 4pm
Monday 7am-2pm

入場料

大人12ドル

子ども8ドル(6-12歳)5歳以下は無料

シニアまたは学生10ドル(65歳以上)

詳細 http://redhawkcouncil.org/powwows/

 

Pow Wows:Indigenous Peoples Celebration | October 10 – 12, 201

Pow Wow 2015

日本語

 Harlem River Field, Randall’s Island, New York City

Saturday & Sunday 11am – 7pm
-Grand entry of dancers at 1pm and 4pm
Monday 7am-2pm

Price:

  • $12 Adults & Teens(plus fees if purchasing  online)
  • $8 Children 6-12 years old
  • $10 Seniors 65+ and Students (Plus fees if  purchasing online),
  • Free for Children 5 years old and under
  • $35 Family Four-Pack (must purchase online)
  • Monday, October 12 is FREE and open to the public!

Tickets can be purchased at ipdnyc2015.eventbrite.com

NativeAmericanDanceOn Monday October 12, we celebrate Indigenous Peoples Day rather than Columbus Day. We seek to reclaim and redefine this day to celebrate the rich cultures and histories of indigenous people in the Americas, rather than a day dedicated to the forced colonization of native peoples. The day will start with a Sunrise Ceremony followed by performances from Indigenous people around the world. It will be a day of healing, sharing and celebrating indigeneity.

gateway-to-nations-native-american-pow-wow-and-festival-nyc-21505309
The event is looking for funds to bring in various artists and performers from across the hemisphere. They will be sharing their cultures, stories, and traditions throughout the day. Help us redefine this day into a positive and powerful day in celebration of the survival and resistance of 500 years of oppression and colonization. Donate at: http://www.gofundme.com/x5p8n3b

HOW TO GET THERE:

By Car:

20 Randall’s Island Park
New York, NY 10035

By Train: 4,5,6 Trains to E. 125 and Lexington> M35 towards Wards Island> EXIT Main Rdy/Icahn Stadium (5 stops)

By Bike/Walking: The 103rd Street Footbridge is accessible at the East River Esplanade at 103rd Street and FDR Drive. Take the 4/6 train to 103rd Street or the M15 bus to either 100th or 102nd Street. Walk east along 102nd Street to FDR Drive. Then, walk one block north directly onto the crossover leading into the Footbridge. Alternatively, take the M106 across town to FDR Drive and walk three blocks south. On Randall’s Island, the Footbridge is accessible at the southwest corner of the Island.

Pedestrian walkways on all three spans of the RFK Triborough Bridge connect the Park to Manhattan, the Bronx and Queens.

Manhattan: 125th Street and 2nd Avenue to just behind the Golf Center
Bronx: Cypress Avenue and Bruckner Boulevard to the Bronx Shore Fields
Queens: Hoyt Avenue and 28th Street, adjacent to the Astoria Boulevard N/Q station, to mid-Island, adjacent to the Central Fields

Visit https://randallsisland.org/visit/getting-to-randalls-island for more information!

 

[伊藤弥住子レポート] R. Kelly ライヴ! ブルックリンで見て来ました!R. Kelly concert September 25, 2015 at Barclays Center in Brooklyn

r-kelly-in-the-audience Концерт R Kelly в Бруклине, Нью-Йорке

Read in English

新しいアルバム「The Buffet」を発表する予定のR. ケリーがブルックリンのバークレイズ・センターでコンサートを開催しました。もともと黒人率の高いエリアではありますが、この日は特別、シカゴのR&Bサグとして知られるRケリーのライヴとあって、ブラックのシスターとブラザーたちが結集、約観客の98パーセントを占めるという、ブラック度満点のイベントとなりました。さすがケルズ、ブラック・コミュニティでの支持率はダントツです。

前作、「ブラック・パンティーズ」という、いかにもケルズらしいエロいタイトルのアルバムのリリース後、そのプロモを兼ねたツアーがこの「ブラック・パンティーズ・ツアー」です。実は、コンサート当日の9月25日に新譜「ザ・ビュッフェ」を大々的にリリースする、という段取りだったらしいのですが、ファースト・シングルの「バックヤード・パーティー」の反応がイマイチ、というので先送りになったとのこと。

R Kelly at Barclays Center
会場が真っ暗になり、スポット・ライトを浴びてR. Kelly の登場!わたしたち女性軍は大興奮。相変わらずムキムキで鍛えたボディが美しい。会場は2万人近く収容できるブルックリンのBarclays Center, マジソン・スクウェア・ガーデンと同じくらいの大きさです。前から5列目というラッキーな席だったのでRケリーの顔もはっきり見えました。R. Kellyとコラボして株を上げたDJキャシディが私の真後ろに座っていました……..。

R Kelly and DJ Cassidy at Barclays Center
懐かしいヒット曲、IgnitionやI’m Loving You Tonight などを聴くと楽しい記憶が蘇ります。Jay-ZをフィーチャーしたFiestaリミックスはスクリーンのPVを観ながらふたりのバーチャル競演を体験。

トップノッチなコンサートで知られていたR. ケリーですが、今回のライヴはバンドもなし、ダンサーもなし、大道具も小道具もない、これといった演出もなく、とてもシンプルなもの。というか、かなりショボい。デビュー以来ずっと大好きだったアーティストで、毎回、爆音と花火でビデオ・スクリーンを破って本人が飛び出したり、檻の中に入って空中から吊るされて登場したり、とこれまでビッグ・スケールなパフォーマンスを展開することで知られていただけに、かなり、がっかりしました。 予算削減…….でしょうか。

衣装替えの間は前もって編集済みのビデオを上映。アイフォンがスクリーンに映し出され、「あなたの好きな 「R. ケリーのアルバム・タイトルは何?」といった稚拙な内容………。次のコスチューム・チェンジでは、本人のインタビュー映像を流したり……..。

RKelly_Webfeat_532x290
ファンが命、というケルズ、今度は客席に現れます。たくさんのセキュリティーに囲まれ、ロープを張ってオーディエンスの中に入って、「I Believe I Can Fly」をアカペラで歌いだします。お客さんにも参加を要請、みんなで大合唱したのはよかったのですが、「あれ、オンチのやつがいるよ」と言われてしまいました。

彼を有名にしたアルバム、「12 Plays」からのヒット曲 “Your Body’s Callin’,” “Bump n’ Grind,” “It Seems Like You’re Ready” も披露してくれましたが、ほんのサワリ程度であとはお客さんのカラオケ合唱……..、自分たちだけで歌っても、なんだか盛り上がらないですね。

フィナーレは「ハッピー・ピープル」と「ステップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ」とピースフルな夕べを彩りました。なぜが最後は天井から紙吹雪が……….。これだけは、はっきり言って余計だったと思います。

伊藤 弥住子