Tag Archives: Bobbi Humphrey

Live at Ginny’s Supper Club, Bobbi Humphrey40周年記念ライヴ

READ IN ENGLISH

Live at Ginny’s Supper Club

ボビ・ハンフリー、祝芸能生活40年!

「フルートの女王」、ボビ・ハンフリーが「ジニーズ・サパークラブ」にてライヴを開催しました。1972年のブルーノート・レコーズよりデビュー・アルバムを出して今年で40年を迎えた記念ライヴだそうです。「Bobbi Humphrey 40th Anniversary」とかかれたケーキが用意され、親しい仲間やハーレムの住人、ファンたちがお祝いにかけつけてくれました。

最初のセットは8時、予定通りに始まりました。彼女のヒット曲、”Chicago Damn” の他、ファンの人たちが大好きな“Harlem River Drive” はもちろん、ライオネル・リッチーの“Hello”をカバーしてくれたりと大サービス。「40周年おめでとう」のケーキをプレゼントされて涙ぐんだり、昔からの友人たちに囲まれてとても幸せそうなボビ、私たちみんなも感動しました。お陰さまで8時のショーも2回目の10時半のショーもソールド・アウトの大盛況でした。

ショーの合間にボビ本人が彼女のCDをサインしてくれ、「わざわざ来てくれてありがとう。」とひとりひとりに挨拶をしていました。一世を風靡した有名ミュージシャンなのに、この距離感のなさ、アットホームなハーレムを満喫することができました。

伊藤弥住子

Happy 40th Anniversary! BOBBI HUMPHREY Performed at Ginny’s Supper Club in Harlem

READ IN JAPANESE

BOBBI HUMPHREY Performed at Ginny’s Supper Club in Harlem

“The First Lady of the Flute,” Bobbi Humphrey, celebrated her 40th anniversary as a recording artist with two sold out performances on August 11th at Ginny’s Supper Club in Marcus Samuellson’s Red Rooster restaurant in Harlem.

She told the crowd, “Feel the music, feel the love. I am so excited. From my days at Texas Southern University and S.M.U. in my hometown of Dallas, my dream was to play my flute.” She continued, “I believe through the power of music, we can explore the power of pure possibilities. Let’s enjoy the ride together!”

Of course Bobbi took the audience on a musical ride with her signaturetune “Harlem River Drive,” as well as “Chicago, Damn” from the 1973 album Black and Blues, and a cover version of Lionel Richie’s “Hello.”

It was appropriate that she was performing in Harlem just one block from where she made her New York City debut more than four decades ago on Amateur Night at the Apollo Theater. Her career highlights include performing with Duke Ellington, recording with Stevie Wonder on his 1976 classic album Songs In The Key of Life, and being recognized by Billboard magazine as Best Female Instrumentalist. Earlier this year she received a Lifetime Achievement Award at the International Women in Jazz Festival in New York.

Stay Blessed

Bobbi Humphrey フルートの女王 ハーレムで生演奏!

Bobbi Humphrey

READ IN ENGLISH

“First Lady of the Flute”
Bobbi Humphrey Performing Live at Ginny’s Supper Club
ボビ・ハンフリー・ライヴ生演奏!

フルート一本だけで世界中を飛び回って美しい音楽を奏でる「フルートの女王」、ボビ・ハンフリーがハーレムのレッドルースター地下にオープンした「ジニーズ・サパークラブ」にてライヴを開催します。

Saturday, August 11 – 8pm & 10:30pm
@Ginny’s Supper Club – 310 Lenox Avenue at 126th Street, NYC
(212) 792-9001
Ticket: @25

ボビ・ハンフリーに遭遇したのは金曜日の夕方、レノックス・アベニューにある「シェ・ルシエン」を通りかかった時のこと。ハーレム2ニッポンの英語訳の校正をやってくれているケン・シモンズと私たち、伊藤弥住子とシェリーめぐみがアウトドア・カフェの前を歩いていると、いきなり「ケン・シモンズ!」と声がかかりました。ボビとケンは昔からの知り合い、「久しぶりねぇ。ほら、ここに座りなさいよ。」とボビに促され居座ってしまうケン・シモンズ……..。私たちもついでに同席させてもらうことに…..。ボビは、8月の11日に行われるライヴ出演のプロモーションをするために「シェ・ルシエン」の一番目立つストリート・サイドのテーブルに陣取り、通りすがりの人たちに彼女のコンサートに来るよう声をかけていたのです。それも、お隣の「レッド・ルースター」からいただいたフリーのシャンペンを持ち込んで優雅に飲みながら……。メールでもライヴの告知はしているらしいのですが、こうして直接本人が地元に出向いて宣伝すると効果が倍増するらしいのです。

“Blacks and Blues” album jacket

私はあまり馴染みがなかったのですが、ボビ・ハンフリーと言えばアシッド・ジャズやフュージョン系のファンキーなジャズが好きな人たちの間ではとても人気のあるミュージシャンだそうです。タレント・ショーの審査員をしていたディジー・ギレスピーに発掘され、1971年、ジャズのレーベルとしてよく知られている「ブルーノート・レコーズ」に初の女性ミュージシャンとして契約、”Blacks & Blues” アルバムがいきなりチャート入りしてスターの仲間入りをしました。以来、ニューヨークのジャズ・クラブ各地を回り、アポロ劇場やカーネギー・ホールでなどの一流シアターで公演、さらにヨーロッパや日本をツアーし、彼女の名声は世界的なものとなりました。

「スティヴィー・ワンダーって知ってるでしょ?彼のアルバム、Songs In The Key of Lifeに私がフィーチャーされているのよ。スティーヴィーとは親友なの。」とボビさんにいとも簡単に言われてしまってこちらはタジタジ。あまりに気さくな人だったので彼女がそんな有名人と親しいだなんて意外……などと思っていたのでした。あとで調べてみたら、リー・モーガン、デューク・エリントンなど大御所とコラボをしたり、マイルス・ディヴィスやマーカス・ミラーとお友達だったり……..輝かしいキャリアの持ち主ということが判明。

シェリーめぐみ曰く、「ボビ・ハンフリーの‘ハーレム・リヴァー・ドライヴ’はジャズ・ファンクのクラシック、知る人ぞ知る名曲ですよ〜。」とのこと。

ハーレムは新しいバーやカフェが増え、ファンキーな人たちが集まり、まさにネオ・ハーレム・ルネッサンスの様相を呈しています。この日はボビ・ハンフリーの他、元ブランド・ヌビアンのDJアラモにも「シェ・ルシエン」の向かいにあるカフェ、「コーナー・ソーシャル」で会いました。

ボビ・ハンフリー・オフィシャルウェブサイトhttp://www.bobbihumphrey.net/

伊藤弥住子

Bobbi Humphrey “First Lady of the Flute” Performing Live

“Passion Flute” album jacket

READ IN JAPANESE

“First Lady of the Flute”
Bobbi Humphrey Performing Live at Ginny’s Supper Club

Bobbi Humphrey has been named “First Lady of the Flute” by the critics and listeners alike and, from the accomplishments in her musical career, deservedly so. For three decades now, Bobbi Humphrey has been playing her special brand of music to audiences around the world.

Humphrey’s professional career began in 1971 when she was the first female signed to Blue Note Records. Certainly a lady playing a flute must have seemed something of a novelty then. Humphrey proved, however, she was not just a first or novelty, but a talent to be reckoned with. For in 1973, her LP, Blacks and Blues was not only a huge commercial success, but established a strong crossover market for her. Also, in 1973, she was invited to the prestigious Montreux International Music Festival in Switzerland where Leonard Feather, noted critic of the Los Angeles Times, acclaimed her the surprise hit of the festival. Since then Humphrey has continuously proved her sustaining power, for today she is the only successful female urban-pop flutist on the scene. Further proof is the fact that she was acclaimed Best Female Instrumentalist (1976 and 1978 to both Billboard and Record World, and Best Female Vocalist in Cashbox.) This is certainly a milestone for any instrumentalist.

Bobbi Humphrey

Born in Marlin, Texas and raised in Dallas, Humphrey’s training on flute began in high school and continued through her years at Texas Southern University and Southern Methodist University. It was there that Dizzy Gillespie spotted her when he served as a judge in a school-wide competition. With Gillespie encouraging her to pursue a career in New York City, Humphrey wrote a letter to New York’s famed Apollo Theatre and received a telegram soon afterwards telling her, “We have reserved a spot for you on Amateur Night.” She didn’t take further convincing, nor did she have trouble finding her spot in the music industry. The title of one of her Epic LPs, “The Good Life”, best describes her career.

Humphrey has played with the best, ranging from Duke Ellington (her third day in New York) to Lee Morgan to Stevie Wonder (featured on Songs In The Key of Life LP in 1977). Between 1971 and 1976, Bobbi recorded six albums for Blue Note Records. In 1974, she recorded the successful Satin Doll LP. 1977 was another big year for Humphrey. For the third consecutive year she was voted Best Flutist in Ebony Magazine Readers Poll. She was signed to Epic Records and released Freestyle in ‘78, followed by The Good Life in ‘78. Whether it is from the stage of Carnegie Hall or an intimate jazz room in Europe or Atlanta, live performance remains her first love.

Saturday, August 11 – 8pm & 10:30pm
Address: Ginny’s Supper Club 310 Lenox Avenue at 126th Street, NYC
(212) 792-9001
MAP

Price: $25

For more information call Ginny’s Supper Club at (212) 421-3821.

http://www.bobbihumphrey.net/