Category Archives: Black History

フォークロア作家、ゾラ・ニール・ハーストン

Black History Month 4

Zora Neale Hurston – Spunk

2月は黒人歴史月間です。

フォークロア作家のゾラ・ニール・ハーストンを紹介したいと思います。ラングストン・ヒューズと共に、ハーレム・ルネッサンスの中心的存在のゾラはとても個性的な女性でした。まず、生い立ちがユニークなのです。フロリダはオーランドの近く、アメリカで初の黒人自治区、イートンヴィルという町でゾラは育ちました。127年も前、1891生まれですが、古さを感じさせないのです。父親は選挙で2回当選し、市長を務めた有力者です。町の役場や工場、パン屋さんなどに勤める人たちも全員黒人という環境で自由を謳歌していたのが、のちに民話を元に黒人たちの日常をテーマにした作品をたくさん世に発表した作家、ゾラ・ニール・ハーストンです。

オフ・ブロードウェイ作品、「スパンク」

彼女の代表作品は、「Their Eyes Are Watching God」と言われています。主人公の女性、ジェイニー・クロフォードが、3人の男との結婚を通して女として成長してゆくという物語です。2005年に映画化され、ハリー・ベリーが主役を演じて話題になりました。

有名な作品ですが、私が一番インパクトを受けたのは、ゾラ・ニール・ハーストンの初期(1927)の短編、「スパンク」でした。今から30年ほど前、NYのダウンタウンのオフ・ブロードウェイ・ショーでこの作品の芝居を見た時、黒人の人たちの世界を始めて垣間見たような大きな衝撃が走りました。ステージに登場する人物全員がキラキラと輝いていて、独特のリズムがあるのです。ゾラの育ったフロリダのイートンビレッジという黒人の村で起きた殺人事件の物語です。

ゾラはフロリダ出身ですが、ワシントンDCのハワード大学で文学を学び、ニューヨークのバーナード・カレッジで人類学を専攻しました。恩師、ドイツ人のドクター・フランツ・ボアスは北極圏のエスキモーと生活を共にし、その生態を研究した現代人類学の基礎を築いた教授でした。彼の、「根本的には民族に優劣はない。科学的に証明できる材料はない。」という持論にゾラは共鳴したようです。「黒人たちの生き生きとした生活に焦点を当てたい、南部の二グロの民話を題材にした小説を書きたい」、と思うようになりました。ドクター・ボアスの薦めで、ゾラはフロリダ、ニューオリンズ、ジャマイカ、ハイチなどを旅して、現地の民話を集め、小説や戯曲を書きました。妻や夫の浮気、といったゴシップや、ブラック・マジックなど南部のローカルなテーマがよく登場します。

「スパンク」は舞台がフロリダの田舎町で、それも黒人たちの訛りをそのままに表現しているので内容がよく聞き取れません。でも、フォークロアな雰囲気が伝わってきて、何となくわかるのです。中心人物はタイトル通り、スパンクというブラザーです。「スパンク」というのは粗野でともすると乱暴な強い男の形容詞なのだそうです。

スパンクは森の材木工場で大型鋸を扱う職人です。つい先日も事故で職人が死んだばかり、とても危険な仕事です。自他ともに認める大男、スパンクは村のジョー・カンティーの妻、リナに惚れ、横取りしてしまいます。

リナはスパンクの腕のぶらさがり、二人は嬉しそうに歩いています。町の住人が目撃、あとからやって来たレナの夫、ジョー・カンティーに、「ジョー、スパンクに勝手なことさせていいのかよ。決着をつけて来いよ。」と促します。

ジョー・カンティーは臆病でしょぼくれた男ですが正直者です。ポケットからナイフを出し、意を決して二人の跡を追います。しばらくして遠くで銃声が…….。

後ろからナイフで襲いかかってきたジョーをスパンクが撃ち殺してしまったのです。裁判にかけられましたが、正当防衛で無罪になります。事件のあとのことは村の住人たちの会話で語られます。スパンクとリナが一緒に住み始める初日の夜、どこからともなく真っ黒な野良猫が家のまわりを徘徊します。「あっちへ行け!」、スパンクは銃を構え撃とうとするのですが、猫が睨みつけるではありませんか。ツワモノのスパンクですが、急に怖くなってしまいました。「きっとジョーの亡霊に違いない…….。」

材木場で鋸を扱っていたスパンク、ベテラン職人のはずなのに、操作を誤り、鋸で自分の体を切断してしまいます。やがてスパンクは息を引き取ります。村の人々は「ジョーが奴の背中を押したに違いない……..。」と囁き合います。

短い劇ですが、ジャズ、ブルースなど音楽満載、スワガーな黒人独特の身のこなし、ダンス、とにかくファンキーなお芝居ですっかりゾラ・ニール・ハーストンに魅せられてしまいました。

伊藤 弥住子

Advertisements

ブロードウェイ・デビュー最年少の黒人女性劇作家、ロレイン・ハンズベリー

Black History Month 2

Lorraine Hansberry – A Raisin In The Sun

2月は黒人歴史月間です。PBS TV(公共テレビ放送局)では、ブラック・ヒストリー・マンスのシリーズ第一弾として、「ロレイン・ハンズベリー・ドキュメンタリー映画」を放映しました。日本ではあまり知られていないかも知れませんが、ブラック・カルチャーに貢献したロレインをここで紹介したいと思います。

「ア・レーズン・イン・ザ・サン」byロレイン・ハンズベリー

女性劇作家、ロレイン・ハンズベリーのデビュー作品、「ア・レーズン・イン・ザ・サン」は今から59年前(!!!)、1959年の3月、ニューヨークのブロードウェイで幕開けをしました。史上初の黒人女性劇作家、28歳という若さでの快挙でした。作家だけでなく、監督、ほとんどの俳優たちが黒人という、これまでのブロードウェイ・ショーの常識を覆した、黒人が主役のドラマ「ア・レーズン…..」は大成功を収めました。

サウスサイド

舞台はシカゴのサウス・サイド。元大統領夫人、ミシェール・オバマや、ラッパーのコモンなどの出身地としても知られています。ニューヨークのハーレムとよく比較される、黒人のゲトー地区です。1930年代、ミシシッピーやアラバマ州など、南部のプランテーションなどに住んでいた黒人たちが、マシな仕事を求めて一斉に北部に移住しました。その多くがシカゴやカンザスシティなどの都会に落ち着きました。人口が大量に流入したため、シカゴでは住宅が不足し、黒人たちは狭くて汚いアパートに住まざるを得なかったのです。家賃は白人の倍以上要求されるという悲惨な状況でした。

貧困

ドラマの年代ははっきり定められていませんが、まだ人種差別が合法だった1940-50代初期かと思われます。物語は、父親が亡くなってその生命保険のお金の使い道をめぐって家族が争うところから始まります。主な登場人物は、貧困と闘いながらも清く正しく生きようとする敬虔なクリスチャン、60近い母リーナ、リーナの35歳の息子で、しがない白人のお抱え運転手のウォルター・リー、ウォルターの妻のルース、10歳の子供トラヴィス、ウォルターの妹、医者志望で20歳の大学生、ベニ―サ。家族5人がゲトー地区、サウスサイドの3部屋しかないアパートにひしめき合って住んでいます。

主な登場人物と舞台を務めた俳優

リーナ クロ―ディア・マクニール
ウォルター・リー シドニー・ポワチエ
ルース ルビー・ディー
ベニ―サ ダイアナ・サンズ
トラヴィス グリン・ターマン

第一幕

母親のリーナは、保険金の一部を頭金にしてもっと広い一軒家を買いたいと望みます。ウォルター・リーはそのお金を投資して酒屋を始めたいと言います。いつまでも白人のお抱え運転手なんかやっていられない、「イエス・サー。ノー・サー。」なんて毎日へつらうのはもう我慢ができない、小学生の息子トラヴィスから尊敬される父親でありたい、と母に不満をぶちまけます。学歴もなく、何をやっても思うようにゆかず、ウォルター・リーは酒に溺れてゆきます。リベラルで現代的(1940年代当時)な妹のベニ―サは、医者になるための学資が必要だと言います。ウォーター・リーの妻ルースは妊娠していることを知り、これ以上子供が増えても養えない、生みたいけど……….,と中絶を考えます。それぞれのはかない夢、叶う日は来るのだろうか……..。

第二幕

やがて、待望の保険金の小切手、10,000ドル(当時のお金で約100万円)が届きます。リーナはそのうちの$3,500を、一軒家を買う頭金にしようと考えます。息子のウォルター・リーが商売をやることには賛成するものの、、お酒で金儲けをするというのはクリスチャンの精神に反すると………、悩みます。夫が残してくれたお金は家族みんなで平等に使おう、リーナは決心します。「これからはウォルター・リー、あなたが家族の長だから」と、妹のベニ―サの教育費 $3,000を含め、彼のビジネス資金に$3,500、合計$6,500渡します。

保険金の一部を母から譲り受け、酒屋をオープンする資金にすべく、ウォーター・リーは友達のボボを信用してお金を託します。母のリーナには内緒で、妹の学資も「投資」という名目で全額渡してしまいます。あとで返せばいい…….。ボボの知り合いでビジネスのパートナーのウィリーが全て仕切っているという…….。

リーナが買った家は白人地区にありました。地元の白人を代表するという不動産屋の回し者、カール・リンドナーが家族を訪れます。「あなたがたが買った家をもっと良い条件で買いたい。」と申し出ます。「あの地区に引っ越しても、反発をかうだけでよいことはありませんよ。自分たちの居場所をわきまえたほうが賢明かと思います。」と慇懃無礼なオファーを持ちかけるのです。「後日、お返事を聞かせてください。」と名刺を置いてリンドナー氏は帰りました。

ボボから、ウィリーが彼らのお金を持ち逃げしたと告げられ、ウォーター・リーは愕然とします。一縷の夢が消えてしまった…….。

母がウォルター・リーにリンドナー氏が来たこと、家を高く買いたいと懇願されたことを告げます。「その金があれば、ビジネスの資金にできる…….」という邪な考えがウォルター・リーの頭をよぎります。

 第三幕

リーナは家は売りたくない、と強固にかまえます。「私たちは、何代にもわたって奴隷や小作人としてこき使われてきたけれど、自分たちが卑しい人間だと思ったことなど一度もない。お金で自分たちの魂を売り渡すようなマネだけは決してしない。」と宣言します。

リーナは、「一家の長である」ウォルター・リーに最後の決定を委ねます。ウォルター・リーは、どうしてもこの最後かもしれないビジネス・チャンスを逃したくありません。リンドナーに「家の件は検討する。再度、話し合いたい。」と連絡します。「この金があれば、全てうまくゆく。」ウォルター・リーは、悪魔に魂を売り渡そうとします。

引っ越しの当日、リンドナー氏がやって来ます。「どうですか、やっと家を売る気になりましたか。」と薄笑いを浮かべ、手をこまねいて不動産手続きの書類にサインするよう要求します。その瞬間、ウォルター・リーは計り知れない嫌悪感を感じます。「人生にとってお金よりもっと大切なものがある。このままでは、自分は人間としての尊厳を失ってしまう。」ウォルター・リーはリンドナーにきっぱり言います、「私たち家族にはプライドがあります。家は売りません。予定通り、今日引っ越します!」

家族がひし、と抱き合いハッピー・エンドを迎えます。

28歳の成功

この感動的なドラマ「ア・レーズン・イン・ザ・サン」で、ロレイン・ハンズベリーは一躍有名になりました。

黒人たちが直面している問題に焦点を当てたこの作品は、ブラック・コミュニティーの間で大評判となりました。当時、映画が85セントなのに対し、ブロードウェイのチケットは4ドル80セントもするのに、決して裕福ではない黒人たちが詰め掛けたのです。

父の葛藤

実は、この物語は、劇作家のロレイン・ハンズベリーの実体験に基づいていると言われています。彼女の父親、カール・ハンズベリーは不動産で財を成し、シカゴのサウスサイドでアパート経営をしていました。1938年、父、ハンズベリーは築いた富で白人地区に家を買ったのです。引っ越してきてから、白人の住民たちからの嫌がらせに耐え、父は法廷で闘い、最高裁まで訴訟が持ち込まれました。ロレインの部屋の窓めがけて大きな石が投げられ、あやうくケガする寸前だったことも多々ありました。幼い少女だったロレインにとって、人種差別に真っ向から立ち向かい、勝利をものにした父親は偉大なヒーローでした。その頃から、彼女の中に世の中の不平等と闘っていこうという反骨精神が芽生えてきたのでしょう。1950年、20歳のロレインはニューヨークのハーレムに住み、シンガーで俳優の公民権運動家、ポール・ローブソンの左寄りの機関紙、「フリーダム」の編集アシスタントとして働く傍ら、プレイ・ライト(劇作家)として活動を始めます。

名声、早すぎる死

「ア・レーズン・イン・ザ・サン」の成功はロレインに富と名声をもたらしました。この後、いくつか作品を残しましたが、1963年、すい臓癌と診断され、2年後の1965年1月、ニューヨークの病院で息を引き取りました。34歳でした。葬儀にはマーティン・ルーサー・キング牧師からも弔電が届きました。彼女の作品に出演した俳優、シドニー・ポワチエ、ルビー・ディー、オッシー・ディヴィスの他、マルコムXも駆けつけたそうです。ロレインの死の僅か40日後、1965年、2月21日、マルコムが暗殺されるなど、誰が想像できたでしょう。

現在にも受け継がれるロレイン・ハンズベリーの感動劇

「ア・レーズン・イン・ザ・サン」、今ではすっかりお芝居のクラシックとして定着しました。1959年の初演大ヒット以来、全米各地で演じられソールド・アウトの続出。特に、2004年、ラッパーでバッド・ボーイ・レコードCEOのPディディーが参加したブロードウェイ・ショーは話題になりました。演技はシロウトのディディーですが、黒人の葛藤とプライドを題材にした。ロレイン・ハンズベリーの作品を若い人たちへ伝えるチャンスを拡大したという意味でとても意義があると思います。大胆にも、初舞台でシドニー・ポワチエが演じたウォルター・リーの役を務めたディディー、フィリシャ・ラシャッド、オードラ・マクドナルドなど、回りをベテランの演技派俳優で固めたことが、かえってディディーの大根役者ぶりを際立たせる結果になってしまったのは皮肉だとしか言いようがありませんが……..。

ナズ, 「イルマティック」ライヴ、TV放映

Black History Month – 1

Nas Live from Kennedy Center

2月はブラック・ヒストリー・マンス、「黒人の歴史月間」です。

昨晩、PBS TV(日本のNHKにあたります)でラッパー、ナズの2014年にワシントンDCで開催された、「Illmatic」20周年記念ライヴが放映されました。それも、ナショナル交響楽団の生演奏つき、という豪華版です。オリジナル・レコーディングの哀愁漂うシンプルなビーツに比べ、厚みのあるシンフォニーをバックでラップするナズはまた格別。タキシード姿で登場したナズ、20年前の「イルマティック」アルバムと同じ曲順でパフォーマンスを繰り広げました。リアル・タイムで聴いていたあの頃が懐かしい………..。

ライヴを観る

Negro Baseball League のFlyballブランド、NYのハーレムに進出!?

シカゴで展開している、二グロ・ベースボール・リーグのオリジナル・デザインをモチーフにしたファッション・ブランド、「フライボール」がNY進出を考えているという。

昔、1890年代、人種差別が合法だったアメリカでは、黒人が白人の野球チームに入ることが禁止されていました。「だったら、オレたち黒人だけでチームを作ろう」というのでできたのが、二グロ・ベースボール・リーグでした。彼らの間での標語になったのが、「メジャー・リーグの選手になるのは優秀でなければならないが、二グロ・リーグの選手になるためには最優秀でないとだめなのだ。」でした。各地でチームが結成され、二グロ・ベースボール・リーグは1930年代には全盛期を迎えます。

セーター希望小売価格 $300

そのオリジナル・チームのロゴ、デザインをあしらったブランドが、シカゴの拠点を置く「フライボール」です。カンザス・シティにある、「二グロ・リーグ・ベースボール・ミュージアム」と提携し、登録商標を取得したファッション・メーカーのフライボール、すでにシカゴの他、ワシントンDC、アトランタ、デトロイトなどの都市で展開、いずれは全米に販売網を広げてゆく予定です。

 

 

「ニューヨークはハーレムあたりでショップ展開をしたい」とオーナーのブルース・ゲイジは抱負を語ります。ずっとファッション畑でハイエンドな商品を手掛けてきたブルース、質のよい素材を選りすぐり、クウォリティはどこにも負けない、と自信たっぷり。

商品を手にしてみると、確かにモノがいいことがわかります。「野球が大好きで、品質にウルサイお洒落な日本にぴったり!」とブルースが言うのも頷けます。日本のインベスター、ディストリビューター大歓迎ということなので、希望者がいたら連絡ください。

ホームページ http://www.flyballthestore.com