Category Archives: Media

August Wilson: The Ground on Which I Stand premieres Friday, February 20 at 9 p.m. on PBS

August Wilson - PBS

日本語

American Masters — August Wilson: The Ground on Which I Stand premieres Friday, February 20 at 9 p.m. on PBS (check local listings) to commemorate the 70th anniversary of Wilson’s birth, the 10th anniversary of his death and Black History Month.

Continue reading

Jodeci to Reunite at Soul Train Awards 2014

Wendy Williams - Soul Train Awards 2014

日本語

Williams will host the Soul Train Awards, to air on BET and Centric on Nov. 30.

CB, Beyonce, and Drake -soul-train-nominees-2014Chris Brown, who is the lead nominee with seven, Beyoncé has six nominations and Pharrell Williams follows with five.

missy-elliot-lil-kim-billboard-650The Soul Train Awards has distinguished itself from other awards shows by catering to an older demographic over the past few years. The 2014 edition was a bit more old school than previous installments. Not that there was necessarily anything wrong with that, because getting the opportunity to see the likes of Jodeci, Missy Elliott, Lil’ Kim, Da Brat, Total and Mase grace the stage while also honoring the legendary Kool & The Gang was a treat for anyone who was a teenager in the ’90s.

Jodici at soul-train-awards-2014-3After years of rumors that the bad boys of 1990s R&B K-Ci, Jo Jo, DeVante Swing and Mr. Dalvin would reunite, they made it official on the 2014 Soul Train Awards stage with a performance that took those at The Orleans Arena in Las Vegas back in time to a place where Jodeci ruled the airwaves.

The show opened up with the indisputable king of R&B of today, Chris Brown who launched into a medley of hits from his more humble beginnings (“Yo (Excuse Me Miss)”) to today’s more edgy smash hit “Loyal,” which took home Soul Train awards for “Best Hip Hop Song” and “Best Collaboration.” It was vintage Brown as the 25-year-old bounded across the stage with energetic moves as dancers flanked him.

The show took a trip down nostalgic highways as host Wendy Williams helped guide the tour. Performances by Nico & Vinz, a high octane “2 On” from Tinashe, Kem (who brought Ledisi along for “If It’s Love”), 3WB (Three Winans Brothers) and We Are Toonz showing the 40-somethings in the crowd how to “Nae Nae” were mere precursors for the sentimental magic that would grace the stage.

Soul Train Awards 2014 – Nominees

Best New Artist
August Alsina
Jhené Aiko
LiV Warfield
Mack Wilds
Nico & Vinz
Sevyn Streeter
Centric Certified Award
Avery Sunshine
Kelis
Leela James
Luke James
Robert Glasper
Best Gospel/Inspirational
“Help” – Erica Campbell feat. Lecrae
“I Can Only Imagine” – Tamela Mann
“No Greater Love” – Smokie Norful
“Real Love” – Inspired People feat. Charles Jenkins
“Say Yes” – Michelle Williams feat. Beyoncé & Kelly Rowland
“We Are Victorious” – Donnie McClurkin feat. Tye Tribbett
Best Hip-Hop Song of the Year
“Fancy” – Iggy Azalea feat. Charli XCX
“Hold On (We’re Going Home)” – Drake feat. Majid Jordan
“Loyal” – Chris Brown feat. Lil Wayne & Tyga
“No Mediocre” – T.I. feat. Iggy Azalea
“Pills N Potions” – Nicki Minaj
“Studio” – ScHoolboy Q feat. BJ the Chicago Kid
Best R&B/Soul Female Artist
Beyoncé
Janelle Monaé
Jennifer Hudson
Jhené Aiko
Marsha Ambrosius
Ledisi
Best R&B/Soul Male Artist
Chris Brown
John Legend
Kem
Pharrell Williams
Tank
Trey Songz
Album of the Year
Beyoncé – Beyoncé
G I R L – Pharrell Williams
Love in the Future – John Legend
Nothing Was the Same – Drake
The Electric Lady – Janelle Monaé
Xscape – Michael Jackson
Song of the Year
“All of Me” – John Legend
“Drunk in Love” – Beyoncé feat. Jay Z
“Happy” – Pharrell Williams
“Hold On (We’re Going Home)” – Drake feat. Majid Jordan
“Love Never Felt So Good” – Michael Jackson feat. Justin Timberlake
“Loyal” – Chris Brown feat. Lil Wayne and Tyga
The Ashford and Simpson Songwriter’s Award
“All of Me” – John Legend (Toby Gad, John Stephens, Dave Tozer)
“Happy” – Pharrell Williams (Pharrell Williams)
“Pretty Hurts” – Beyoncé (Joshua Coleman, Sia Fuller, Beyoncé Knowles)
“Stay With Me” – Sam Smith (Steve Fitzmaurice, James Napier, William Phillips, Sam Smith)
“The Man” – Aloe Blacc (Khalil Abdul-Rahman, Sam Barsh, Aloe Blacc, Elton John, Daniel Seeff, Bernie Taupin)
“The Worst” – Jhené Aiko (Jhené Aiko Chilombo, Mac Robinson, Brian Warfield)
Best Dance Performance
“2 On” – Tinashe feat. ScHoolboy Q
“Electric Lady” – Janelle Monáe
“Good Kisser” – Usher
“Loyal” – Chris Brown feat. Lil Wayne & Tyga
“Talk Dirty” – Jason Derulo feat. 2 Chainz
“Turn Down for What” – DJ Snake & Lil Jon
Best Collaboration
Chris Brown feat. Lil Wayne & Tyga – “Loyal”
Chris Brown feat. Usher & Rick Ross – “New Flame”
Janelle Monaé feat. Miguel – “Primetime”
Michael Jackson & Justin Timberlake – “Love Never Felt So Good”
Robert Glasper feat. Jill Scott – “Calls”
Toni Braxton & Babyface – “Hurt You”
Video of the Year
“Drunk in Love” – Beyoncé feat. Jay Z (Hype Williams)
“Good Kisser” – Usher (Christopher Sims)
“Happy” – Pharrell Williams (We are from L.A.)
“New Flame” – Chris Brown feat. Usher (Breezy & Mike Ho)
“The Man” – Aloe Blacc (Matty Barnes)
“The Worst” – Jhené Aiko (Danny Williams)
Best International Performance 
Davido – “Aye”
Machel Montano – “Ministry of Road (M.O.R.)”
Nico & Vinz – “Am I Wrong”
Sam Smith – “Stay With Me”
Shaggy feat. Ne-Yo – “You Girl”
Ziggy Marley – “I Don’t Want to Live on Mars”
Best Traditional Jazz Performance
Audra McDonald – “What a Little Moonlight Can Do”
Gregory Porter – “Hey Laura”
Kenny Garrett – “Pushing the World Away”
Monty Alexander – “Concierto de Aranjuez”
Wynton Marsalis – “Flee as A Bird to the Mountain (Live)”
Best Contemporary Jazz Performance
Liv Warfield – “Stay – ‘Soul Lifted’”
Najee feat. Meli’sa Morgan – “In the Mood to Take It Slow”
Robert Glasper feat. Jill Scott – “Calls”
Snarky Puppy – “Lingus (We Like It Here)”
Terrace Martin feat. Robert Glasper – “It’s Yours”
Vandell Andrew – “Let’s Ride”
Best Independent R&B/Soul Performance
Joe feat. Kelly Rowland – “Love & Sex Pt. 2″
Kelly Price – “It’s My Time”
LiV Warfield – “Why Do You Lie?”
Sebastian Mikael feat. Wale – “Last Night”
Shaliek – “The Past”
Terrace Martin feat. T$, Tone Trezure – “You’re the One”

クエスト・ラブも応援!Pファンクの草分け、ジョージ・クリントン自叙伝を出版! George Clintn and Questlove @ Schomburg Center

George Clintony at
“Brothas Be, Yo Like George,
Ain’t that Funkin’ Kinda Hard on You?”

Read in English  

ハロウィーンのシーズンには必ず大きなライヴ・コンサートをすることで有名なPファンクの王様、ジョージ・クリントンが自叙伝を出版しました。タイトルは、過去に本人がリリースしたファンキーでぶっとんだ曲名、「Ain’t that Funkin’ Kinda Hard on You?」をそのまま使うことにしたそうです。現在、全米をツアー中。

George Clinton - Book
ジョージ・クリントン出版記念イベント @ ハーレムSchomburg Center

Questlove and Georgeアポロ劇場などでもパフォーマンスをしてきたジョージにとって、ハーレムは心の故郷です。本のプロモーションで各地を回っているジョージ、ハーレムにあるショーンバーグ・センターにも立ち寄ってくれました。10月28日、進行役にザ・ルーツのリーダー、クエスト・ラヴを迎え、ジョージ・クリントンの本出版記念イベントが開催されました。ニューヨークの他、ボストンやロスアンジェルスなど各地でプロモ・イベントを行いましたが、ハーレムでのイベントはなんと無料、コミュニティーのみなさんへの恩返し…….、ハーレムは黒人にとって魂のルーツなのだということをあらためて認識させてくれました。

george-clinton-200x200登場するなり、いきなり「379ページを読んでほしい。この本を書こうと思ったのは、このページにあるコピーライトのことを書きたかったから。」とコメント。ジョージによると、レコード会社は不法に彼のコピーライトの権利を剥奪し、その結果、印税やサンプル料が彼に入らない仕組みになっているとのこと。自分も弁護士を雇ったのですが、その弁護士でさえもレコード会社からもっと高い報酬で雇われ、依頼主であるジョージを反対に訴えたり、と悲惨な状況なのだそうです。

ジョージがクラックやコカインでハイになっている間に、見たこともない契約書に彼の署名がコピペされ、自ら著作権を放棄したことになっていたとか…..。「何て卑劣な!」と気が付いたのはだいぶ後になってからでした。ジョージはこれを教訓として、ここ数年はドラッグをすっかりやめて頭をすっきりさせ、薬物につぎ込むお金を全部弁護士の費用にあててレコード会社との闘いをする、と決意したのです。「これはオレだけの問題じゃないんだ。スライ・ストーンや他のミュージシャンも同じ、みんなレコード会社に騙されて正当な収入を得られないのが現状。」といいます。

「スヌープ・ドッグやドクター・ドレ、エミネム、ジェイZなど、ラッパーたちがオレの曲をサンプルして払った巨額の金は全部レコード会社がフトコロに入れてオレには一銭も入らない。ひどい話さ。」とジョージはぶちまけます。

特にヒップホップ界でサンプルされまくりのジョージ・クリントンにクエスト・ラヴがすかさず突っ込みます。「一番あなたのサンプルをうまく使ったと思うのは誰ですか?」という質問には、「パブリック・エネミーだね。」と答えています。「とにかく元の曲がわからないくらいチョップ・アップしているし、出来上がった曲が新鮮でとてもクリエィティヴ、こんな風に使われるのだったら本望だね。」と手放しで褒め称えています。「9歳児の意見を尊重しないといけない!」というのがジョージの持論です。常に新しい音楽に反応する若い人たちの耳を侮ってはいけない、というのがその理由。今でもケンドリック・ラマーなど第一線で活躍しているラッパーとのコラボで注目されているジョージ、そんなところに成功の秘密が隠されていたのですね。

ジョージ・クリントンが音楽をやろうと志したのは1950年代後半、ドゥーワップ・ブームの真っ盛りの頃でした。「Why Do Fools Fall In Love」が一世を風靡、フランキー・ライモンは全米のブラック・ティーンたちの憧れの的でした。あのマイケル・ジャクソンもフランキーに強く刺激されたそうです。もともとドゥーワップ・スタイルのグループでスタートしたジョージ・クリントンがなぜPファンクの草分け的存在に……..?その答えを知りたい人はぜひ、彼の自叙伝、“Brothas Be, Yo Like George, Ain’t that Funkin’ Kinda Hard on You?” を読んでみてください。

Brothas Be, Yo Like George, Ain’t That Funkin’ Kinda Hard on You?: A Memoir

伊藤 弥住子

黒人歴史月間 (ブラック・ヒストリー・マンス)を知るTV特別番組リストBlack History Month 2014

the-black-power-mixtape-1967-1975-poster
ブラック・ヒストリー・マンス
 TV特別番組リスト

Read in English

Black History Month 2014

毎年2月は「黒人歴史月間(ブラック・ヒストリー・マンス)」と定められ、さまざまなイベントが開催されます。もともと、アメリカの歴史に黒人たちの残した功績がまったく反映されていないと不満を抱いた学識人たちによって始まりました。

Harriet Tubman

テレビでも特別番組が企画されています。以下、面白そうなものを取り上げてみましたので、参考にしてみて下さい。

2月3日 @ 10pm – PBS
「アメリカン・プロミス」American Promise

SUBAMERICANPROMISE-articleLarge

全米でも名門校として狭き門のマンハッタンにある有名校「ドールトン・スクール」、お金もちの白人でも入学するのは至難のワザなのに、ブルックリン在住の幼なじみの黒人少年ふたりがみごとに合格してしまいました。初等部より彼等の学生生活を13年間にわたって撮影記録した異色のドキュメンタリー映画がこの「アメリカン・プロミス」です。製作したフィルムメーカーの息子がそのふたりの少年のひとりだったということもあって実現した作品で、サンダンス映画祭で話題になりました。名門校に通うことは、ふたりの少年たちだけではなく、両親にとっても大きなプレッシャーとなってゆきます。人種、階級、社会の構造などを浮き彫りにした人生ドラマ。

Idris and Seun

Idris and Seun

February 4 @ 10pm – VH1
「ファンクを求めて」
Finding The Funk

Questlove

Questlove

ザ・ルーツのリーダー、クエスト・ラヴがナレーターの「ファンク・ミュージックの歴史」を綴った音楽ドキュメンタリー。出演者はスライ・ストーン、ブッツィー・コリンズ、ジョージ・クリントン、ノナ・ヘンドリックス、ナイル・ロジャースなど錚々たるミュージシャンたち。ファンク・ミュージックのルーツを辿ります。監督は音楽ジャーナリストとしても有名なネルソン・ジョージ。

George Clinton, Nelson George and Nona Hendrix

George Clinton, Nelson George and Nona Hendrix

February 6 @ 10pm – PBS
「奴隷逃亡地下鉄道:ウィリアム・スティル物語」 Underground Railroad: The William Still Story

Mezzanine_013

その昔、南部の黒人奴隷たちの逃亡を手助けする「アンダーグラウンド・レイルロード」という組織がありました。コンダクターとして有名なハリエット・タブマンや、奴隷から身を起こして読み書きを習って自由な身となったフレデリック・ダグラスなどがよく知られていますが、実はもっと沢山の人たちが関わっていたのです。その一人、フィラデルフィアを拠点に、実際に組織のヘッドとして沢山の奴隷たちを安全な土地へと導いたウィリアム・スティルの物語を再現したのがこの「ウィリアム・スティル物語」です。奴隷問題は私たち日本人にはあまりピンとこないテーマですが、アメリカ社会を知るうえで避けて通れない暗い過去なのです。55分。

Map

Map

February 9 @ 10pm – PBS
「ブラック・パワー・ミックステープ」Black Power Mixtape 1967 – 1975

Black Panther Party

Black Panther Party

1960年代後半から70年代にかけて全米に巻き起こった「ブラック・パワー」を扱ったスウェーデン人によるドキュメンタリー・フィルム。ブラック・パンサーの主要メンバー、ボビー・シールズ、ヒューイPニュートンなどのインタビューの他、アンジェラ・ディヴィスの獄中取材などこれまでアメリカで公開されていなかったレアな映像を見ることができるのも海外制作ならでは。タイトルに「ミックス・テープ」という言葉が使われていることからも伺えるように、ラッパー、タリブ・クウェリのナレーションを取り入れ、若いヒップホップ世代にもアピールするよう構成されています。この映画だけではブラック・パンサーの全貌を理解することはできませんが、あの当時、黒人たちが自分たちの環境改善のために運動を起こさざるを得なかった社会背景が伝わってきます。

Heuy P. Newton

Heuy P. Newton

February 10 @ 10pm – PBS
Spies of Mississippi

spies_preview1950年代から1960年代にミシシッピー州で実際に運営されていた人種差別存続のための秘密スパイ活動の記録を綴ったドキュメンタリー。南部では黒人差別は当たり前で、黒人禁止地域というのがそこかしこにありました。黒人を弾圧する制度を保つため、ミシシッピー州の予算で、 NAACP 、 CORE 、 SNCC といった黒人団体をターゲットにスパイ組織を作って諜報活動を行っていました。協力者の中には黒人も含まれていました。これまで知られていなかったアメリカ政府による陰謀を暴いた本「ミシシッピーのスパイ」が2010年に発行になり、それをもとに映画化したのがこの作品です。

1960s

1960s

February 22 @ 9pm – TV One
「第45 NAACP イメージ大賞」45th NAACP Image Awards

CrazySexyCool

CrazySexyCool

1909年に発足した全米黒人人権擁護団体、NAACPエヌダブリュエーシーピー (National Association for the Advancement of Colored People)の各分野で貢献した黒人たちを讃えるアワード賞。TV番組、映画、俳優、アーティストなど芸能だけでなく、文学、スポーツ、医学、サイエンスなど多岐にわたって活躍した人たちに賞が贈られます。

12 Yeas A Slave

12 Yeas A Slave

ノミネートされているのは、キキ・パーマー(VH1制作TV映画、TLC伝記物語”CrazySexyCool” チリ役)、アンジェラ・バセット(Lifetime制作TV映画、”Betty & Coretta”キング牧師夫人、コレッタ・キング役)ケリー・ワシントン(ACB制作TVドラマ、”Scandal” 主演女優)、トークショー・シリーズの部門では”The Arsenio Hall Show” “The Queen Latifah Show” バラエティ部門では“Key & Peele”など。アーティスト部門ではブルーノ・マース、チャーリー・ウィルソン、ビヨンセ、アリシア・キーズ/マックスウェル、映画部門では「12 Years A Slave」 「The Butler」 「Mandela: Long Walk To Freedom」などが候補にあがっています。

The Butler

The Butler

伊藤弥住子