SPEEDの新垣仁絵(Hitoe)さん電撃結婚!&インタビュー第二弾!

No Music, No Life

No Music, No Life

READ IN ENGLISH

SPEEDの新垣仁絵さん電撃結婚!

いつもハーレム2ニッポンを応援してくれている仁絵さんが入籍されました。おめでとうございます。

前回のインタビューの続編、おそくなりましたがレポートいたします。

日本ヒップホップ・ネイション
Miss Hitoe from SPEED – 3

スピードのメンバー、
仁絵
(Hitoe)さん Interview Part 2

→Hitoeさんプロフィールへ
→Interview Part 1 インタビュー パート1へ

<憧れのニューヨーク移住>

H2N:          ニューヨークには2000年にスピードを解散してから2年ほど住んでいたそうですが、その間、どんな人で出会い、何を目標に生活していたのか教えて下さい。

Hitoe:                  終わりは、始まり!と気持ちを切り替え、やりたいことをやろうと思いました。今までやりたくても出来なかったこと、憧れのNYで大好きなARTの勉強をしたり、語学、ダンス、歌の基礎を学び自分磨きをすることができました。ブラック・カルチャーが大好きだったので、勉学の合間にハーレムに行ったり、ライヴを観たり、踊りに行ったり、ブレイズをしに行ったり…….、普通の生活が送れたことがとても嬉しかったですね。今までの夢が実現したという感じです。その最初の2年は、私にとってはゼロからスタートでした。SPEEDというより、新垣仁絵Arakaki Hitoeというひとりの人間として生きたいという思いでいっぱいでした。自分の将来がどうなっていくのだろうと思い悩みました。きっと、自分探しをしてたのだと思います。

人生を変えるような大きな出会いがいくつもありました。ダンスもそのひとつでした。普通にクラスを取った事がない私には、一つ一つが新鮮で、多くを学びました。特別に個人レッスンを受けるのではなく、他のひとたちと同じように普通のクラスで踊りたいという夢が叶いました。私の好きな先生は、今でもバリバリのB-girl、Hip-Hop ダンサーでコリオグラファーとして活躍している Anita “ROKAFELLA”Garcia 。今は、歌手もしてるらしいです。確か夫婦で教えていて、旦那さんもヒップホップ・ダンサーでしたね。B-girlの友達が出来きて、熱く語り合ったり、生のヒップホップというものを肌で感じることができました。

Hitoe Arakaki

経験したことのないジャンルに挑戦したり、自分磨きと経験を積むことができたと思います。まだ若かったし、辛いことも、楽しいことも、きっとそれなりに意味があったのだと思います。私にとってニューヨークで暮らすという選択は正しかったと思うし、とてもいい経験になりました。

H2N:          その頃のヒップホップ・ダンス・シーンで印象深いことがあれば教えて下さい。

Hitoe:                  ヒップホップ・ダンスシーンで感じたのは、その時代の流行をうまく取り入れたりする面白さですね。当時、沖縄で学んでた頃はまだヒップホップが認知されず、その土壌がまだ整っていなかったと思います。ダンスもJAZZが主流でした。どうにかしてこのヒップホップ・スタイルを伝えたいと思いましたね。ダンスについては、私なんか、まだまだ知識は浅いのですが、とにかく経験することが一番、いいパフォーマンスにつながると思います。

「Hip-Hopは、自分がどのように生きてきたかを表現すること」とマークエスト(Marquest)というダンサーの言葉に私も同感です。私自身、いきなりメジャー・デビューして、下積み経験があまりないことに悩んだ時期もありましたが、ブラック・ミュージックやヒップホップの影響をうけて、それをパフォーマンスに取り入れることができたことはありがたく思います。

今や日本はもの凄いダンス・ブーム。キッズ達のダンス・レベルもあがっているし、ヒップホップがここまで広まったなんて…….感慨深いです(笑)。私もきっと死ぬまでヒップホップ・ファンでい続けると思うし、ずっと踊り続けたいと思います。必ず時代は巡ってきます。音楽も踊りもオールドスクール/クラシックは学んでて損はしないと思いますよ。そこから、自分のスタイルを生み出せばいいし、すべてにおいて「ルーツがあっての今」だと思います。

H2N: 絵画も好きで本格的に勉強し、個展まで開いたことがあるそうですが、好きなアーティスト、ペンターは誰ですか。(ご自分のブログでブルックリン・ミュージアムのキース・ヘィリング展に行った時のことを書いていらっしゃいましたが……。)

Painted by Hitoe

Painted by Hitoe

Hitoe:                  絵は、学校も行かずに自己流でやってきました。特別に好きなペインターがいるという訳ではないですが、バスキアとか、キース・ヘィリングとか、ウォーホールなどの時代は好きですね。独特な色彩、表現、メッセージ性があるのも好きです。バスキアは、私とはまったく違う表現方法なので無い物ねだりで憧れます。基本的に描くより、色塗りが大好きというより、得意ですね。私自身、人物画が多いのですが、幼い頃から、絵を描いてると夢が実現したように嬉しい気持ちになることを知り、絵ではすぐに叶えられるんだ!って、そして人を喜ばす事ができるのが嬉しくて描きつづけています。また、もう一人の自分を表現できる方法なので、絵を描く事はパフォーマンスと違って、創作的な事、生み出してることなので好きですね。私の場合、絵を描く時は音楽が必要不可欠なんです。ぜったいブラック・ミュージックですね。音楽からインスパイヤされたりしますから。

H2N:          現在のスピードのグループ活動やソロ活動などについて教えて下さい。

Hitoe:                  SPEEDが再結成してから初のニュー・アルバム「4 colors」を昨年の11月14日に発売しまた。再結成後の全シングル、新曲も沢山入ってるのでぜひ聞いてほしいです。さらに今年、3月13日にミュージック・ビデオと秘蔵のオフショットを集めたPVこDVD(ブルーレイ)「SPEED – Sonic Groove Clips」をリリースしましたので是非この機会にチェックしてみて下さい。10代の SPEED のイメージがどうしても強いらしく、私が30代だと知って驚く方がとても多いんです(笑)。ありがたいですが!今後は、ソロ活動にフォーカスできる時間が持てるので、色々と学びながら幅をさらに広げていきたいですね。

教える事が好きで、それで大好きなYOGAを教えたりしてます。ダンスもゆくゆくは、楽しむ事を基本に教えたり、世代を超えて伝えていけたらいいと思ってます。女性としても色々と経験も積んでいきたいです。色々と経験する事でやっぱり表現力に磨きがかかると思うので!

大人になればなるほど色々な興味がわいてきて、色々とチャレンジしてみたいと夢が膨らみます。ハーレムで個展したりとか!いつかやりたいです(笑)。本も出版したいと思います!信じ続け、努力をすればどんな夢でも叶えられると思います。

ずっと夢だった、「TLCとステージでいつか踊ること」が叶ったのが何よりも嬉しいです。去年、「ビルボード・ライブ」にチリとT-Bozの来日公演を観に行った時、私がブレイズだったから目立ったからかもしれないけどステージに呼ばれて、一緒に踊った時には感激のあまり涙と震えが止まりませんでした。また、頑張ろうって思えた瞬間でした。

NYを語ると恋人を思う気持ちになりますね(笑)。やっぱり一番好きな街です。街を歩いてて、自然とbeatを感じられるってのはなかなかないですね、あと必ず刺激をもらいます。そして、前向きさが伝わる。いい意味で多様多種な文化が入り交じり、こんな面白い街はないですね、きっと。人生って自分次第でなんだって出来るんだぁ、って勇気が湧いてくる街。出会いを大事にし、経験を積んで、色々な分野で私らしい表現をこれからもしていきたいと思います。

(新垣仁絵)

H2N:         どうもありがとうございました。そして、ご結婚おめでとうございます。

SPEED Sonic Groove Clips 2013.03.13 on sale に関する情報はこちら。

http://www.avex.jp/speed/news.html#130215

(聞き手:伊藤弥住子)

→Hitoeさんプロフィールへ
→Interview Part 1 インタビュー パート1へ

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s