Tag Archives: Michael Jackson

DJ June Club Chart – October 29, 2012

Michael Jackson – Thriller

DJ June Club Chart – October 29, 2012

1. Thriller – Michael Jackson

水曜日はハロウィンなので、やっぱりこれをかけないと!ハロウィンは絶対これですね。ビデオ今見てもカッコいいし、誰でも知ってる曲ですね。

This is the best Halloween tune around. It’s perfect Halloween party music. Great video!!

2. Somebody I Used To Know – Gotye

もう結構前に出たけれど、今でもパーティーでは絶対に盛り上がって、みんながサビの所を合唱します。パーティーではオリジナルではなく、リミックスバージョンをdjはかけますが、またこれのリミックスが星の数ほどあって、いいのを探してかけます。

Gotye’s 2011 single “Somebody That I Used to Know” reached Number 1 on the Billboard Hot 100 and still going strong. My mission as a DJ is to find the best remix out of countless remix versions to rock the party!

3. Adorn – Miguel

All I Want Is Youが大ヒットして、また彼が返り咲いた..なんかオールディーズの様な懐かしい感じの一味違ったR&Bです。やはりパーティーでは黒人のおねーちゃんたちに(ついでにおかま系の人たちも)「かけてー!」っていわれます。

Thanks to the smash hit of “All I Want Is You” Miguel is coming back with a new one. “Adorn” is more stunning than ever — the perfect meshing of modern minimal R&B and easy, breezy quiet storm classics. Most requested song by sisters and ‘Okama’ gay crowd as well.


DJ June This Week’s Events

Tue., October 30 10pm Toca Tuesday @ Sutra Lounge with DJ Tony Touch
Thu., November 1 10pm – 4am @B.O.B. (245 Eldridge)

Fri., November 2 11pm – ? Providence @ Tropicana Hotel, Atlantic City

Sat., November 3 10pm – ? Providence @ Tropicana Hotel, Atlantic City with Clinton Sparks

Hip Hop Dance Nation 1 – ヒップホップ・ダンス天国 Part. 1

READ IN ENGLISH

Antboogie & Madonna

日本のダンス・ブームに触発されたのか、世界中の若者がダンスに夢中になっています。ストリート・ダンスの本家本元アメリカでもダンサー志願者が殺到し、「So You Think You Can Dance」「America’s Best Dance Crew」「Born To Dance」「Dancing With The Stars」といったダンス勝ち抜きTV番組が続出、世間を賑わせています。その影響で、ヒップホップ・ダンサー達が大注目され、ミュージック・ビデオ、映画、パフォーマンス、イヴェント等にひっぱりだこ、空前の「ダンス天国」の様相を呈しています。

「ハーレム2ニッポン」では、読者のみなさんのご要望(?)にお応えし、シリーズでヒップホップ・ダンサーやダンス教室の情報をレポートしていきたいと思います。

Anthony “Antboogie” Rue
アンソニー・アントブギー・ルー

第一回目は、NYの有名ダンス学校、「ブロードウェイ・ダンス・センター(BDC)」で毎週日曜日の夕方ヒップホップ・ダンスのクラスを教えている、「アントブギー」ことアンソニーを訪ねて話を聞きました。

H2N:         まず、出身地と略歴を教えて下さい。プロのダンサーになろうと思ったきっかけは?

AA: ブルックリン育ち、小さい頃からダンスが好きで、9歳くらいからダンス学校に通ってた。きっかけはマイケル・ジャクソン。80年代のアメリカで育ってマイケル・ジャクソンの影響を受けてない子供なんていないと思う。もともとダンスは大好きだったけど、マイケルの出現は絶大だったね。 NYの名門高校、ラガーディア・ハイスクール(Fiorello H. LaGuardia High school of Music & Art and Performing Arts)在学中、仲間たちと「アマウント・ボーイズ」というダンス・チームを作ってプロを目指すようになった。ニッキー・ミナージとは同級生でケリースは3年先輩。他にも、俳優のウェズリー・スナイプスやアル・パチーノとか有名人が沢山いるよ。

H2N:         ダンサーとして最初の仕事は何ですか。

AA:  Pディディーのアーティストで当時13歳だったジェロームのミュージック・ヴィデオ「ディアー・イヴェット」。振り付け担当だったローリアン・ギブソン(有名コリオグラファーで、後PディディーのTV番組、Making The Bandの振り付けを指導)のオーディションを受けて気に入られたのがきっかけ。若いアーティストに釣り合う若いダンサーという条件に俺たちがぴったりだったらしい。当時はローリアンがどういう人なのか全然知らなかったけど、一からいろいろ教えてもらったし今でも尊敬する大先輩だよ。俺がまだ高校生、16歳くらいの時。「もう、これしかない。」って思ったよ。高校卒業までにダンスの仕事が入らなかったらあきらめて大学に行こうと思ったけど、3LWや、マリオ、オマリオンと次々に仕事が入っちゃってそれ以来この世界にどっぷり(笑)。

AntBoogie at BDC

H2N:         マドンナのツアーにも参加したそうですが。「クィーン・オブ・ポップ」と仕事した感想は?

AA: 2008年の「スティッキー&スウィート・ツアー」にダンサーとして参加したんだけど、すごくいい経験になった。マドンナはいろいろなダンス・スタイルを取り入れていて、前回のツアーではフットワーク、ハウス、Bボーイ、それにポッパーのはむつんサーヴをフィーチャーしたり……。知ってるよね、日本のダンス・チームのはむつんサーヴ、マドンナのツアーの先行グループに同行したんだよ。

H2N:         日本にも行ったことがあるそうですが、どんな印象でしたか。

AA: オマリオンが日本に行った時にダンサーとして同行したんだけど、日本の人たちのダンスに対する意識がアメリカと全然違うのにすごく驚いたね。雑誌とかにもダンサーがフィーチャーされてるし、いろいろなショーとかパフォーマンスがいっぱいあってびっくり。みんなすごく真剣で情熱に溢れてる。

BDCレッスン風景

H2N:         あなたは現在、ブロードウェイ・ダンス・センターやパール・スタジオなどでヒップホップ・ダンスを教えているそうですが、生徒はどんな人たちが多いですか。

AA: 厳密には、ヒップホップというよりはアマウント・ボーイズのスタイルを教えてる。いろいろな国の人がいるけど、ダントツで日本人が多い(笑)。みんな真面目だし礼儀正しいね。レベルもかなり高いと思う。リズム感もすごくいいし、ヒップホップに関して言えば、日本人とすごく相性がいいと思うな。いろいろな国の生徒がいるけど、日本人が一番か二番くらいにリズム感がいいと思う。うちのクラス、英語もほとんどわからない日本人も多いんだ。俺はけっこう喋るほうだけど、何を言っているのかわからなくても、フリとかバイブとか感じ取ってちゃんとついてきてくれてる。

H2N: 最近、新しいプロジェクトを始めたそうですがどういうものか教えて下さい。

AA: ダンサー向けのスポーツ・リーグ、「アーバン・ダンス・リーグ」というのを始めたんだ。詳しくはウェブサイトをチェックしてね。

http://urbandanceleague.com/

Hip Hop Dance Nation 1 – ヒップホップダンス天国 Part. 1

READ IN JAPANESE

Cover of ” Time Out” Magazine

Anthony “Antboogie” Rue

Hip Hop Star, Anthony “Antboogie” Rue who hails from the inner city streets of Brooklyn, has been dancing and choreographing professionally for over 10 years talks to Harlem2Nippon abut his beginnings as a commercial dancer with Laurie Ann Gibson, his crew, The Amount Boyz.

H2N: Where are your originally from and how did you get into dancing?

AA: I grew up in Crown Heights, Brooklyn. I wanted to be like Mike….- Jackson, king of pop like so many children of the 1980s. He brought dance as a whole to a bigger level. We formed a dance group called The Amount Boyz around 1996 at Fiorello H. La Guardia high school, “The Fame School,” and continued to expand from there. Nicki Minaj went to the school with me and she was in my graduating class and Kelis was 3 years ahead of me, Marlon Wayans, Wesley Snipes, Al Pacino……there’s a lot of people.

H2N: How did you get started as a professional dancer?

AA: My mentor was Laurie Ann Gibson. I learned everything from her. I was about 16 or 17 and me and my group went to audition for her. At the time she was Sean “P. Diddy” Combs personal choreographer and saw the Amount Boyz as a perfect fit for his then artist, Jerome. We danced for his music video, “Dear Yvette.” That was the coolest thing ‘cause we were still in high school when that was happening. I was graduated from high school in 2000. I told myself if I don’t have a gig before I graduate then I go to college but  the gig started to popping up.

H2N: Who did you work with after that?

AA: 3 Little Women, pop young cute girls, from then Mario and we did a couple movies and we did Omarion.

H2N: You have been in Japan with Omarion.

AA: Yes. When I went to Japan it was crazy. You guys have magazines dancers in it, you got all kinds of shows. It was like wow! It was so crazy how much the market is different for Japanese culture with dancing than it is for American.

H2N: You have also joined Madonna’s “Sticky and Sweet Tour” in 2008. How was working with the Queen of Pop?

AA: It was a great experience. She does a lot of different stuff. It’s called a free movement. They take a lot of influences from different styles of dance. The previous tour was that they are doing a footwork, house, B-boys, and just strictly poppers Hamutsun Serve, you guys know Hamutsun Serve, Japanese band that went on tour with Madonna’s 1st leg.

Broadway Dance Center Entrance

H2N: Anthony, tell us about your teaching career. You teach Hip Hop class at Broadway Dance Center every Sunday.

AA: Well, I’m teaching the Amount Boyz style ‘cause technically Hip Hop is a  different thing. But how the studio is marketed to the public I intended to follow .It’s so funny. I used to like to teach only advanced class but after I worked with kids last year I have more patience. As long as they are having fun in a class room it’s all fun. I get a lot of international students but the most of them are Japanese. Japanese students show a lot of support and as far as Hip Hop they are strong. Japanese students are more disciplined. I have noticed that Japanese rhythm connects to Hip Hop rhythms very easily. I would put Japanese as either 1 or 2 far as a culture that catches on to the rhythm. Some people in my class don’t even speak English but you wouldn’t be able to tell by from watching them. I talk a lot during class and I know they don’t understand everything I’m saying, they just watching and they pick up off the energy.

H2N: What is your current project?

AA:  I’m starting Urban Dance League, a dance program. It’s a sport league for dancers. Please check out our website.

http://urbandanceleague.com/