Tag Archives: madison square garden

ニィーヨ、NYのマジソン・スクウェア・ガーデンで公演!

Ne-Yo Live Concert in New York

Saturday December 1st 2018 ‑ Hulu Theater at Madison Square Garden

ニィーヨとキーシャ・コールのライブが、ニューヨークのマジソン・スクウェア・ガーデンにて行われました。正確に言うと、MSG 内のキャパシティ約3,500 のHulu Theater です。

Love キーシャ・コール

まずはキーシャ・コールが登場。デビュー当時、メアリー J. ブライジの再来と騒がれたキーシャ・コール、2005年のヒット、”Love” そして、“I Changed My Mind”………、 せつない愛を歌い上げます。

I Should Have Cheated“、”Let It Go“、”I Remember“など、懐かしい曲が続きます。2017年にリリースしたキーシャ・コールの7枚目のアルバム、「11:11 Reset」はあまり話題になりませんでしたが、なかなかいい作品に仕上がっています。以下、”Incapable” を聴いてみてください。

 

踊れないニィーヨ…….?

いつもはダンサーを引連れ、優雅なダンスを披露してくれるのですが、二か月ほど前に片足を骨折してしまったニィーヨ、すでにニューヨークでのコンサートが決まっていたとあって、「踊りは厳禁」という医者の言いつけを守ることを条件に、マジソン・スクウェア・ガーデンにダンサーを伴わず登場。骨折した足にはギプス・ブーツという痛ましい姿……..。「待っていてくれるファンの人たちを悲しませるわけにはいかない。」ニィーヨの情熱が伝わります。

So Sick of Love Songs 失恋ソングのニィーヨ

ニィーヨがデビューしたのは2005年、以来、自分のアルバムだけでなく、ビヨンセ、メアリー J. ブライジ、フェイス・エヴァンスなど多くのアーティストにヒット曲を提供してきたことでよく知られています。

オープニング・ナンバーは、2006年のヒット曲、”So Sick” です。”Because of You”, “Miss Independent” などヒット・メドレーが続きます。踊ってはいけない、と忠告されているのに、ステップを踏んだり、左右に歩き回ったり、じっとしていることのできないニィーヨ……..。

”Let Me Love You” など、ニィーヨの愛の世界が繰り広げられます。実はこの曲、ニィーヨが初めて書いた曲なのだそうです。マリオが歌って大ヒット、ニィーヨの名前が俄かに注目された記念すべき曲なのです。さらに、ビヨンセに提供した曲、”Irreplaceable” を披露。そう、♪To The Left ♪ 、というあれです。

Brooklyn in the House ブルックリン・パワー

この6月に新しいアルバム、「グッド・マン」を発表。その中の曲”Push Back” を歌います。ダンス曲なので、オーディエンスから女性をふたり舞台にあげてダンス・バトルを開催。ロング・アイランド出身の白人女性と、ブルックリン出身の黒人女性の対決となりました。観客の大半がブルックリン住民だったようで、ブルックリンのシスターが圧勝!

新しいアルバムのタイトル曲、”Good Man” は、なんとディアンジェロの「Untitled (How Does It Feel)」のサンプルが使われていてびっくり。それもそのはず、プロデューサーはディアンジェロのオリジナル曲 (How Does It Feel) を手掛けたラファエル・サディークなのでした。

「今日はみんな、来てくれてありがとう。精一杯がんばったけど、足が腫れてズキズキして、もうだめ…..。ありがとう、ニューヨーク!」というニィーヨのお別れの挨拶でフィナーレとなりました。

 

Advertisements

アリシア・キーズ、ハリケーン・サンディ救済コンサートのフィナーレを飾る Alicia Keys Closed out 121212 concert

121212_live4

ブルース・スプリングスティーン、ボン・ジョヴィ、ローリング・ストーンズ、エリック・クラプトン、ザ・フー、ビリー・ジョエル、ポール・マッカートニーなど国宝級スーパースターが大集合した歴史的イベント、ハリケーン救済コンサート&テレソン「121212コンサート」は12月12日マジソン・スクエア・ガーデンでおよそ6時間に渡って行われました。チケットの売り上げだけでも30億円を集めたそう。カニエ・ウェストと共にアーバン系若手アーティスト代表で出演したアリシア・キーズは今回は弾き語りで登場。今やニューヨークシティのアンセムになっている「エンパイア・ステート・マインド」を自身のセットでは歌わず???だったが、なんとポール・マッカートニーがトリをつとめた後に大トリとして再び登場、ステージを埋めた消防士や救助隊員らの横で、堂々と「エンパイア・ステート・マインド」を歌い上げコンサートをしめくくりました。

It was a night of music history as some of the biggest names in rock joined forces for one incredible concert. Legends Bruce Springsteen, The Rolling Stones, Paul McCartney, The Who, Bon Jovi, Billy Joel and many others performed at New York’s Madison Square Garden last night to help benefit the victims of Hurricane Sandy.
Among them, Alicia Keys was one of a few urban artists alongside Kanye West and only female act. She came on stage after the Rolling Stones and finished her solo set without singing her beloved New York anthem, “Empire State Mind”. But much later, after the night’s final act Paul McCartney left the stage, she came back to close out the entire show by singing the song. We are proud of you Alicia!