スティービー・ワンダーが「あの名曲」を贈った相手は?Happy Birthday Martin Luther King Jr.!! マーティン・ルーサー・キング・デー

Stevie Wonder

ДЕНЬ МАРТИНА ЛЮТЕРА КИНГА

 Read in English

1月15日はマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の誕生日です。公民権運動の父としてアフリカン・アメリカンたちの生活向上のために闘ったキング牧師の功績を讃え、アメリカ政府は1月3週目の月曜日を祝日「マーティン・ルーサー・キング・デー」に定めました。今年は1月18日が「キング・デー」の祭日にあたります。

MLK March
実は、ここに至るまでには長い年月がかかりました。キング牧師が暗殺された1968年、4月4日(享年39歳!)直後より彼の功績を讃えて1月15日を祝日にしよう、という運動が始まりました。沢山の政治家やアクティヴィスト、エンターティナー達が参加しましたが、中でも有名なのがスティーヴィー・ワンダーです。モータウン・レコード在籍時代、南部をツアーした際に直接体験した人種差別は忘れられません。アラバマ州ではツアー・バスをいきなりライフルで射撃されたり、石を投げられたり……。目の見えないスティーヴィー少年は、「なぜ黒人は嫌われるの…….?」という素朴な疑問を抱くようになります。公民権運動が盛んになる1960代、キング牧師率いる、黒人人権擁護のための闘いがブラック・コミュニティーの間で広まってゆきました。すでにアーティストとしてスターの座を築いていたスティーヴィー少年もアクティヴィストとして活動を始めました。15歳の時、シカゴでのフリーダム・ラリー集会でキング牧師に会って握手をしたことはスティーヴィー少年にとって一生の宝となりました。

Martin-Luther-King-Day3

スティーヴィー・ワンダーを筆頭に、沢山の人たちの支持を得て、やっとマーティン・ルーサー・キング・デーが正式に承認されたのはレーガン政権の1983年です。ところが、実際に全米でこの日を祝日に定め、学校や銀行のお休みが実施されるようになったのは、さらにその3年後の1986年になってからです。

Happy Birhday

今日、スティーヴィー・ワンダーがマーティン・ルーサー・キング・ジュニアに捧げた「ハッピー・バースデー」は、キング牧師賛歌として全米で歌われています。

伊藤 弥住子

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s