Red Rooster – not a soul food restaurant

セレブシェフ、マーカス・サミュエルソンのレッド・ルースター 

Red Rooster – 310 Lenox Avenue, NYC 10027
Tel: (212) 792-9001  MAP

ハーレムにオープンしたレストランだから「ソウル・フード」?  実は、ちがいます。

「ソウル(魂)をこめて作った料理が必ずしも’ソウル・フード‘というわけでは
ありません」、そう語るのはハーレムの新名所、レッド・ルースターのオーナ
ーのマーカス・サミュエルソンです。
「ハーレムといってもとても奥が深いんですよ。うちのメニューにはそうい
うハーレムのフレーヴァーを反映したさまざまなテイストを取り入れていま
す。」

マーカスはエチオピア生まれですが、3歳の時に母親が亡くなり父に見捨てら
れ、スウェーデンの夫婦の養子としてゴッテンブルグで育ちました。母方の
祖母の影響で料理に興味を持ち、カルナリー・スクールにて学んだのち、スイス、オーストリアで修行、1991年に渡米、ニューヨークの有名レストラン「Aquavit」に弟子入りしました。そこでエグゼクティヴ・シェフにまで出世したのです。

オーナーのマーカスはこのハーレムで、「新しいアメリカ料理」を展開してい
きたいのだと言います。レッド・ルースターのメニューを見ると………、ハ
ンバーガー(アメリカ)、クラブ・ケーキ(メリーランド)、レモン・チキン(中国)、ヘルガ・ミートボール(スウェーデン)、アップタウン・ステーキ(ニューヨーク)など、国やスタイルにこだわらない、どこにでもある手ごろな素材を使った料理ばかりが並びます。

なるほど……..。

「おいしい料理を楽しむのに高いお金をださなくてはならないというのはおかしいと思います。」というオーナーのモットーで、メニューの値段はかなり抑えめ。まだまだ低所得者の多いハーレムの人たちの憩いの場になってほしいという気持ちの表れなのです。

アメリカの黒人でないマーカスがなぜハーレムにレストランをオープンしたか
ったのでしょう。

「不思議なもので、黒人は出身地に関係なくハーレムに郷愁を感じるのです。
アフリカがここに根付いているのでしょうね。」

マーカス自身もここ、ハーレムの住人となって7年ほど経ちます。彼が引っ越
してきた当初に比べるとネィバーフッドもだいぶ変ってきました。チャイニ
ーズの人口が2倍になり、白人もたくさん住んでいます。

「昔はリカーショップ(酒屋)しかなかったのが、最近はワインショップができたり、ずいぶんお洒落になりました。うちのお店に来てくれるお客さんも地元のファンキーな人たちが多く、そういう光景を見ているとハーレムって好きだなぁと感じます。」

今のハーレムを体験できるレストラン、それが「レッド・ルースター」なのかもしれません。

Red Rooster is not a soul food restaurant. “Food can be cooked from the soul but that doesn’t make it soul food.” said Marcus Samuelsson , the owner of Red Rooster, becoming a magnet for young, striving African, Caribbean, Latin — and yes, white a new hand out on Lenox Avenue near West 125th Street. “Harlem is so diverse, and our menu will be, too,” he said. Mr. Samuelsson is the winner of the last “Top Chef Masters,” guest chef
for the first state dinner of the Obama administration, and a city fixture
who made his bones at Aquavit, where he took over the kitchen in 1995 and is still a part owner.

He was born Kassahun Tsegie. After his birth mother died in a tuberculosis
epidemic when he was three years old, Kassahun Tsegie was adopted by Ann Marie and Lennart Samuelsson, a homemaker and a geologist, who lived in Gothenburg, Sweden. His name was chaned to Marcus Samuelsson.

After becoming interested in cooking because of his maternal grandmother in Sweden, Samuelsson studied at the Culinary Institute in Gothenburg, where he grew up, apprenticed in Switzerland and Austria, and came to the United States in 1991 as an apprentice at Restaurant Aquavit. At 24, Marcus became executive chef of Aquavit, and soon after that became the youngest ever to receive a three-star restaurant review from The New York Times.[1] In 2003 he was named “Best Chef: New York City” by the James Beard Foundation. The same year he started a second New York restaurant, Riingo, serving Japanese-influenced American food.

Red Rooster will be about “affordable, well-executed food,” he said, adding that dinner checks will land in the $40 range, including drinks. Appetizers will run from $4 to $12, desserts from $4 to $10, and the most expensive main course will be $25.

His inexpensive ingredients, drawn from Harlem’s ethnic mix, reflect Mr.
Samuelsson’s conviction that “through food, we can trace the history of
poverty,” he said, adding that “poor white working-class people are part of soul food, too. Actually, every ethnicity has soul food.”

photo by Romi Uchikawa

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s