Tag Archives: Pディディー

[Black History Month#2]ブロードウェイ・デビュー最年少の黒人女性劇作家、ロレイン・ハンズベリー

Black History Month 2
Lorraine Hansberry – A Raisin In The Sun

2月は黒人歴史月間です。PBS TV(公共テレビ放送局)では、ブラック・ヒストリー・マンスのシリーズ第一弾として、「ロレイン・ハンズベリー・ドキュメンタリー映画」を放映しました。日本ではあまり知られていないかも知れませんが、ブラック・カルチャーに貢献したロレインをここで紹介したいと思います。

「ア・レーズン・イン・ザ・サン」byロレイン・ハンズベリー

女性劇作家、ロレイン・ハンズベリーのデビュー作品、「ア・レーズン・イン・ザ・サン」は今から59年前(!!!)、1959年の3月、ニューヨークのブロードウェイで幕開けをしました。史上初の黒人女性劇作家、28歳という若さでの快挙でした。作家だけでなく、監督、ほとんどの俳優たちが黒人という、これまでのブロードウェイ・ショーの常識を覆した、黒人が主役のドラマ「ア・レーズン…..」は大成功を収めました。

続きを読む

Advertisements

いよいよ9月23日(水)スタート!!現象的人気「エンパイア」シーズン2 / Season 2 of smash hit hip-hop drama premieres on Wednesday, September 23, 2015 at 9 PM ET/PT on Fox

foxs-empire-season-2

READ IN ENGLISH

爆発的大人気のヒップホップTVドラマ、「エンパイア」のシリーズ第二弾がいよいよ今週9月23日(水)からFoxでスタート!

テレンス・ハワード主演、アリーシャ・キーズ、ジェニファー・ハドソン、クリス・ロック、レニー・クラビッツ、ナオミ・キャンベル・・・
スーパースターが続々出演するドラマ「エンパイア」のシーズン2、いったい何がそんなに人気なのか? 他に誰が出ているのか? 詳しくはこちら!!

クリス・ロックが囚人役!!現象的人気のオールスター出演ドラマ「エンパイア」シーズン2いよいよスタート!Season 2 of the smash hit Fox hip-hop drama will premiere in the US on Wednesday, September 23, 2015 at 9 PM ET/PT

Empire Season2
READ IN ENGLISH

爆発的大人気のヒップホップTVドラマ、「エンパイア」のシリーズ第二弾がこの9月23日から放映されます。

大手レコード・レーベル「エンパイア」のオーナー、ルーシャス・リオン(Terrence Howard)とその息子3人のうち、誰が会社を継ぐかという、お家争いがテーマのソープ・オペラです。

舞台はニューヨーク。地元のドラッグ・ディーラーだったルーシャスは妻のクッキー(Taraji P. Henson)と共にハッスルして荒稼ぎしますが、警察の手入れでクッキーが逮捕され刑務所行き……。難を逃れたルーシャス、持ち前の音楽の才能を生かしてドラッグの収入を元にインディー・レーベルを立ち上げます。ヒップホップの台頭と時を同じくし、ストリート・ハスラー的なビジネス・センスでヒットを連発、彼のレーベル「エンパイア」は押しも押されぬ巨大なレコード会社へと成長しました。このあたりの背景は、90年代のデフ・ジャムのラッセル・シモンズ、バッド・ボーイのディディー、ロッカフェラのジェイZなど若くして頂点を極めたストリート・ハスラーたちを彷彿とさせます。

empire-cast_612x380
TVドラマ「エンパイア」はフィクションですからドラマチックな展開が用意されています。甘い成功を味わう間もなく、オーナーのルーシャスは不治の病で余命いくばくもない、と医者から宣言されます。今のうちに3人の息子の誰かに権力を委ねよう……。予期せぬタイミングでルーシャスの元妻、クッキーが17年という長いお努めを果たし刑務所から出てきます。ビッグ・レーベル、「エンパイア」の噂はもちろん獄中のクッキーにも伝わっていました。ルーシャスとの間にできた3人の息子たちも獄中の彼女に面会に来ることはほとんどありませんでした。出所したその足で、クッキーは自分が基礎を築いた「エンパイア」の元夫、ルーシャスに会いに行きます。「17年間、あたしはあんたの罪をかぶってムショで人生を犠牲にしたんだ。その代償を払ってもらおうじゃないか。」と要求を突きつけます。

続きを読む

Harlem Haberdashery お洒落ブティック「ハーレム・ハバダシェリー」- Urban Traditional Fashion Boutique

READ IN ENGLISH

Harlem Haberdashery
ハーレム・トラディショナル、お洒落なブティックが登場

245 Lenox Avenue
(between 122nd & 123rd Street)
New York, NY  MAP
Phone: (646) 707-0070

ハーレム育ちのガイ・ウッドがメンズ・ブティック「ハーレム・ハバダシェリー」をオープンして話題になっています。

20年ほど前、「5001フレーヴァーズ」というブランドでデビュー、ヒップホップ・アーティストたちの間でブームとなり一般にも浸透したアーバン・ファッションの火付け役、それがガイ・ウッドでした。

Biggie Smalls – 5001 Flavors

ビギーのシカゴ・ギャング風のストライプ・スーツは「デブでもかっこいい」と好評を博し、ヘヴィー・ディーの特注レザー・スーツは業界の注目を浴びクィーン・ラティファなど大型ラッパーたちから注文が殺到しました。90年代初期、まだ駆け出しのPディディークレイグ・マックトータルなど立ち上げたばかりの自社バッド・ボーイ・アーティストたちのビデオ用衣装を発注したり、まさに5001フレーヴァーズは「ヒップホップ界御用達ブランド」へと急成長したのです。一般からの要望もあって今度はTシャツ、フディー、ジャージー、ジーンズなどカジュアルな既製服ラインも始め、ブランドとしても確立し定着していきました。

Elite Force in Japan

人づてに紹介されたガイ・ウッドと当時のパートナー、トロイ・ジョンソンに私が初めて会ったのは90年代初期のこと。彼等のロゴTシャツのデザインが良かったので、日本でヒップホップ・グッズを扱っている知り合いのお店に話したところ「是非購入したい」と即決、5001フレーヴァーズが日本に初上陸しました。95年、エリート・フォースというヒップホップ・ダンス・チームが日本初公演することになり、私がそのプロジェクトの手伝いをすることになりました。当時、Maurice Malone というデザイナーがヒップホップ界で話題になっていて、ちょっと迷ったのですが、「5001 Flavors」のロゴTシャツとジーンズをエリート・フォースのステージ・ユニフォームにすることを決定。日本では東京、大阪、広島をまわりました。そのダンス公演のお陰で、日本でもファイヴ・サウザンド・ワン・フレーヴァーズが爆発的人気を呼び、追加注文が相次ぎとても忙しい思いをしました。あの当時はまだガイ本人がミシンをがちゃがちゃ踏んで服を作っていました。

新しく開店した「ハーレム・ハバダシェリー」では自社ブランドのほか、若手デザイナーの商品も置いています。そのうちのひとつ、オーナーの息子、ガイ・ウッド・ジュニアが立ち上げた「ブラック・ビリオネアーズ」のデザインがかっこいいと評判になっています。お洒落なメンズ・ファッションのお店ですが、女性用のワンピースやジーンズもあります。お値段はTシャツで40ドル前後と安くはありませんが、訪れるファッショナブルなお客さんには好評なのだそうです。

ガイにお店のコンセプトを聞いてみたら、「ハーレムの人たちはもともとすごくお洒落。オレ、ずっと小さい頃から近所のピンプやギャング、ミュージシャン、弁護士とかあらゆるタイプの人を見てきて、自分なりのファッション観を培ってきた。あくまでトラディショナルだけどカラフル、そしてちょっと遊び心のある服、それがハーレム・ハバダシェリーのスタイルかな。」という答えが返ってきました。

毎週木曜日の夕方はお店でネットワーキングのパーティーを開催、だれでも自由に入れます。 蝶ネクタイに太いフレームの眼鏡をかけた黒人の男の子や、細いパンツの裾を上げてカラフルなレザー・スニーカーを強調しているショート・アフロのお兄さんなど、集まってくる人はみんな若くて個性的。ネオ・ハーレムの若いエネルギーが炸裂しています。アップタウン・ファッションの震源地、「ハーレム・ハバダシェリー」一度覗いてみませんか。

http://www.harlemhaberdashery.com/#!home/mainPage