Tag Archives: レイ・チュウ

7/26(日)ハーレム・ウィーク開幕 with B.B.King、Ben E King追悼 A Great Day in Harlem!

harlem-week-2012-family-events
Read in English

また今年もハーレムに夏がやってきました。恒例の「ハーレム・ウィーク」の幕開けです。初日は7月26日(日)お昼12時から夜8時半まで、家族みんなそろって丸一日たっぷり楽しめます。場所は122丁目と西のどんずまり、リバーサイド・パークに位置するU.S. Grant National Memorial Parkです。各イベントは公園内の所定の場所にて開催されます。スケジュールは以下の通り。

grantmemorialparkmap

12 Noon – 6:00 PM
サクラ・パーク – U.S. グラント国立記念公園の向かい
於:テック・パビリオン

最新のテクノロジーを駆使したロボットや、便利グッズの展示、サイエンスを体験できる催しなど、お子様からお年寄りまで満足していただけること請け合い。お昼の12時から夕方6時までずっと開催中。

於:U.S. グラント国立記念公園(U.S. Grant National Memorial Park)

1:00 PM – 4:00 PM
Artz, Roots and Rhythm: 国際文化交流の集い

ハーレムを拠点とするダンス・カンパニーや若手のジャズ・ミ、ージシャンたちによる音楽やアフリカン・ダンスなど盛りだくさんな企画です。(Featuring: Harlem Swing Dance Society, NJPAC Wells Fargo Jazz for Teens, Uptown Dance Academy and Africa Center’s Okay Africa DJ’s and Dancers)

gospelforteens
4:00 PM – 5:00 PM
A Gospel Celebration ゴスペルの祭典

ママ・ファウンデーション・ゴスペル・クワィアーによるソウルフルな本格的なゴスペルが楽しめます。他に、ヘジカイアー・ウォーカーとラヴ・フェローシップ・クルセイド・クワィアーも出演。(Featuring: inspirational music with Mama Foundation Gospel Choir, Tiger the Hope Boy and Bishop Hezekiah Walker and the Love Fellowship Crusade Choir)

5:00 PM – 6:15 PM
ファッション・フュージョン・ショーケース
都会的なハーレム・ファッションを紹介する楽しいファッション・ショー。

6:30 PM – 8:30 PM
ハーレム音楽の祭典
ハーレムにゆかりのあるミュージシャンたちへ捧げるハーレム独特の音楽のオンパレード。

ben_e_king_2438304b

ベンE.キング追悼特別コンサート
先ごろ76歳で亡くなった(9.28.1938 – 4.30.2015)元ドリフターズのリード・シンガーで親日家で知られるR&BシンガーのベンEキングの歌手としての栄光のキャリアにスポットを当てたコンサートが行われます。1961年のベンEキングのソロ曲、「スパニッシュ・ハーレム」そして同年にリリースされた「スタンド・バイ・ミー」は今でもハーレムの人たちが大好きな曲です。昔の仲間で親しい友人だったベテラン・アーティスト、ロイド・プライスやチャック・ジャクソンが彼のヒット・ナンバーを歌ってくれることになっています。他にも、バンド・リーダーのポール・シェイファー、日本人キーボードプレイヤーのトーヤも出演予定。

BB King
B.B.
キング追悼特別コンサート
後を追うようにこの5月に亡くなった(9.16.1925-5.14.2015)ブルースの王様、B.B.キングの功績を讃えたコンサートも同時に行われます。出演はキング・ソロモン・ヒックスとキース‘キャプテン’ギャンブル。

7:30 PM
星空コンサート
出演:レイ・チューとハーレム・ミュージック・フェス・オールスター・バンド、メイサ&スペシャル・ゲスト

会場:U.S. Grant National Memorial Park
West 122nd Street and Riverside Drive MAP

 

Advertisements

ハーレム・ウィーク Harlem Week 2012 – アリソン・ウィリアムズ特別ライヴAlyson Williams Free Concert!

Alyson Williams (c)Romi Uchikawa

READ IN ENGLISH

Harlem Week – 2012 アリソン・ウィリアムズ特別ライヴ

またハーレム・ウィークがやってきました。

去年は偶然ジョーのライヴに遭遇して嬉しい悲鳴をあげましたが、今年もまたサプライズ。ファンキーなダンス・ミュージック界の実力派ディーヴァ、アリソン・ウィリアムズのパフォーマンスを観ることができました。

ハーレム・ウィークの常連ミュージシャンの仲間入りを果たしたレイ・チュウ・バンドが「ソウル・トレイン」の名司会者、ドン・コーネリウスの追悼ライヴを繰り広げます。ジェームス・ブラウンやマイケル・ジャクソンのダンス曲、シェリル・リンの大ヒット、’To Be Real、’一斉を風靡したクール&ザ・ギャングの‘ハリウッド・スウィンギング’などたくさんソウルフルな曲を披露してくれたのですが、ヴォーカリストが今イチだったり、ゲスト出演した歌手のたまごの女の子の歌がちょっと怪しかったり、飽きてきてしまって帰ろうとステージに背を向けた瞬間、「次のゲストは麗しのアリソン・ウィリアムズで〜す!」というアナウンスが……..。

Ray Chew (c)Romi Uchiakwa

アリソン嬢の登場です。さすが貫禄があります。声もしっかり出ているし、昔とちっとも変っていなくて大感激!スティーヴィー・ワンダーのナンバーを歌ったり、彼女の80年代同期のアーティストのヒット・ソングをカバーしたり、R&Bクラシックばかりで盛り上げます。アリソン・ウィリアムズはこの日、ハーレム・デーだけでなく、「ハーレム・ウィーク」の他のイベントにも出演したり、アポロ劇場でパフォーマンスしたりとまだまだ現役でがんばっています。応援してあげましょう。

ステージの合間にアリソンに挨拶したところ、「私、日本には何度も行ってるのよ。最近、ほらタワーができたでしょ。あそこでもライヴやったのよ。」と言うので、てっきり、東京にできたスカイツリーのことかと思ったら、「トーキョーじゃなくて、Hで始まる街よ。」と否定されてしまいました。「え、広島?」「ノー。」「北海道?」「ノー。」「博多?」「ノー!」誰か知っている人がいたら教えて下さい。

(c)Romi Uchikawa

(伊藤弥住子)