Tag Archives: モータウン・レコード

What’s Going On? 今だからこそ、マービン・ゲイの記念切手

毎年、新しい図柄の切手を発行しているアメリカですが、2019年度に発売する記念切手が発表されました。風景画やお花、動物などの絵柄のほか、有名人にちなんだ切手が注目されています。

どんな基準で選ばれたのかは定かではありませんが、2019年の Black Heritage Seriesとして、マービン・ゲイとグレゴリー・ハインズの二人のアフリカン・アメリカンが選ばれました。

マービン・ゲイ

モータウン・レコードの社長、ベリー・ゴーディーのお姉さんと結婚したマービン・ゲイMarvin Gaye (1939–1984) の、60年代後半から70前半にかけて、ベトナム戦争や警察官の暴力など、混乱をきわめたアメリカ社会に疑問を投げかけた名曲、「ホワッツ・ゴーイング・オン」は今でも多くの人々に愛されています。あれから年50近く経つ現在、快方に向かっていた人種問題が再燃。「この国はいったい、どうなってしまったの?」と多くの人たちがつぶやいています。まさに、What’s going on? です。

グレゴリー・ハインズ

タップ・ダンサーで俳優のGregory Oliver Hines (February 14, 1946 – August 9, 2003) はハーレム育ち。幼少の頃から、お兄さんのモーリス・ハインズと一緒にラップ・ダンスを踊っていました。125丁目にあるアポロ劇場にも、「ハインズ・ブラザース」として頻繁に出演していました。ブロードウェイ・ショー、映画など、俳優としても活躍、リチャード・ギア (The Cotton Club 1984)、ビリー・クリスタル (Running Scared 1986)、ダニー・グロヴァー (A Rage in Harlem 1991)、 ホィットニー・ヒューストン (Waiting to Exhale 1995) などと共演しています。グレゴリーは、すでにすたれ気味だったタップ・ダンスを盛り上げようと、タップ協会を結成したり、若手タップ・ダンサーを育成するなど、数々の功績を残しました。

Advertisements

明日(8/12)のニューヨーク無料コンサート トニー・ブラクストン

Toni Braxton

Toni Braxton

READ IN ENGLISH

今週の無料コンサート NYC Free Concert Series
トニー・ブラクストン・ライヴ

Monday, August 12, 2013
7:30 p.m.
Wingate Park
Winthrop St., Brooklyn Ave., Rutland Rd. Brooklyn
MAP

More info

今年で31回目を向かえる恒例「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・コンサート・シリーズ」のゲストはトニー・ブラクストンです。

このシリーズはブルックリンのウィンゲート公園で夏の間、毎週月曜日に開催されていて、大物アーティストが出演することで知られています。今週はリアリティーTVで話題になったグラミー受賞アーティスト、トニー・ブラクストンの登場です。1993年、ベビーフェイスとR.A.リードの立ち上げたレーベル「ラフェイス」よりデビュー、ベビーフェイスとのコラボ作品、「Breathe Again」「Another Sad Love Song」「You’re Making Me High」などの大ヒットを飛ばしR&B界のディーヴァとして確固たる地位を築きました。この秋には新しいアルバムをリリースする予定で、ベビーフェイスとまた一緒に音楽制作をすることになっているとか…….。この機会にぜひ生のトニー嬢の音楽体験をしましょう。入場無料です!

来週19日(月)はモータウン・レコードの大スター、グラディス・ナイトが出演。こちらも見逃せません!

カメラ、ビデオ撮影などは禁止、アルコールの持ち込みもお断りなので要注意。

帰らぬ人となってしまった, ピロー・トークのシルヴィア Sylvia Robinson Dies at 75


9月29日、ハーレム生まれのシルヴィア・ロビンソンが亡くなりました。ヒップホップ世代の人たちからは、シュガーヒル・ギャングを世に出したことから、「Mother of Hip Hop(ヒップホップの母)」と呼ばれているそうなのですが、私にとってはいつでも「ピロー・トークのシルヴィア」なのです。「Pillow Talk」は1973年にアメリカでスマッシュ・ヒットを記録し、2,3年の時差を経て日本にも上陸、東京の街でもよく耳にした曲です。当時はセクシーな歌として一世を風靡しました。ロビンソンという苗字はあとから知りました。

シルヴィアはティーンの頃に歌手としてデビュー、当時はパートナーのミッキー・ベィカーと「ミッキー&シルヴィア」というデュオで活躍していました。「Love Is Strange」という曲がチャート入りしているので知っている人もいるかと思います。ま、発表されたのがドューワップ・ブームのさなか、1956年とかなり古いので若い人たちは知らないでしょう。デュオを解散したあとジョー・ロビンソンと結婚したシルヴィアは8トラックのレコーディング・スタジオを始めます。それが発展してレコード・レーベル、オール・プラチナムを1968年に立ち上げ、当時まだ珍しかった女性プロデューサーとして活躍することになります。1970年、シルヴィア自身が作詞、プロデュースに加わったザ・モーメンツのスィート・バラード、「Love On A Two Way Street」をシングルでリリースしたところ大ヒットを記録、ビルボードのソウル・シングル・チャート5週連続ナンバー・ワンに輝きました。この曲はジェイZが「Empire State of Mind」でサンプル、アリーシャ・キーズがフックを歌っています。

ソ ング・ライター/プロデューサーとして確立したシルヴィアはさらに多くの作品を発表していきます。「ピロー・トーク」はシルヴィアが書いたデモ用の曲で、 アル・グリーンに送ったところ、信仰心の厚い彼としては受け入れることはできないという理由でお蔵入りになってしまったとか。「それだったら私が自分で 歌ってみようかしら。」ということでリリースしたところ予想外の反響で、R&Bチャートのナンバー1になってしまったほどのビッグ・ヒットになりました。しばらく第一線での活動をしていなかったシルヴィア、「ピロー・トーク」のヒットで歌手としてカムバックしたのでした。もちろん、自分のレーベルからリリースしています。

ロビンソン夫妻の経営するオール・プラチナム・レコードは順調に成長していきました。音楽業界はバブルだったのか、気を良くした夫妻は「チェス・レコード」のカタログを買い取ります。チェスは1950年にシカゴで設立、マディー・ウォーターズ、チャック・ベリーといった大物ミュージシャンが所属していたことで知られています。「チェス・レコーズ」はブルース、ドュワップ、ソウル、R&Bが全盛期を迎えた60年代のシーンの主役でした。モータウン・レコードが台頭するちょっと前のことです。ビヨンセがエタ・ジェームス役で熱唱して評判になった「キャデラック・レコーズ」はこのチェス・レコーズ物語を映画化したものです。

ロビンソン夫妻はチェスを買ったところまではよかったのですが、新しいアーティストの育成、大々的なマーケティング展開をするための資金が底をついてしまい境地に立たされてしまいました。ここで一発大ヒットがほしいところ……..。

おりしもダンス・ミュージック業界では「ラップ・ミュージック」なるものが話題になっていました。ローカル・クラブなどでDJがレコードをかけながらマイクで喋るという技法が新しいのだと息子のジョーイから聞いたシルヴィアは「これだ!」と閃いたのです。それの結果生まれたのがシックの「Good Times」をサンプルしたシュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・ディライト」というレコードです。まだサンプルという概念は理解されておらず、最初にリリースした盤にはシック及びナイル・ロジャースのクレジットはありませんでした。ターンテーブル1台とラッパーさえいればレコードが作れてしまう……..。ヒップホップ・ブームはニューヨークだけでなく全米を制覇してしまいました。シルヴィア・プロデュースによるフォロー・アップ曲、グランド・マスター・フラッシュ&フューリアス5の「メッセージ」は黒人社会、さらにアメリカ社会の問題点に焦点をあて、爆発的なヒットを記録しました。もはやヒップホップは単なるブームではなくなり、社会現象として全世界に羽ばたくこととなったのです。

1990年代、ニュージャージーのイングルウッドにあるシルヴィアのオフィスを訪ねたことがあります。ゴールドやプラチナ・アルバムが壁一面に飾られていました。現場の仕事はほとんど息子のジョーイに任せていたようです。ジョーイ・ロビンソンJr.はその昔、West Street Mob というラップ・グループを結成して母親の経営するシュガーヒル・レコーズからアルバムを出していたこともあります。シルヴィアと何を話したかはほとんど覚 えていませんが、半世紀ほどもバリバリ現役でがんばっているエグゼクのはずなのにそんな印象は全くなく、頼れる黒人のおばさんというほのぼのとしたヴァイ ブを感じました。料理好きで、よくバーベキュー・パーティーをしてはアイズリー・ブラザースやウィルソン・ピケットといった音楽仲間を招いてご馳走をふる まったという話を聞いたことがあります。招待された人たちが羨ましい………..。

シルヴィアは亡くなる5か月ほど前からずっと病気だったそうです。死因は心臓病、75歳でした。R.I.P.

( 伊藤弥住子)

Sylvia Robinson, The Co-Founder of Sugar Hill Records Dies

Harlem native, Sylvia Robinson died on September 29.

Sylvia Robinson, a singer, songwriter and record producer whose music resume includes the 1957 song “Love Is Strange,” the 1973 solo hit “Pillow Talk” and 1979 rap classic “Rapper’s Delight.” Ms. Robinson lived in Englewood, N.J.

Born Sylvia Vanderpool in New York City in 1936, Ms. Robinson made her recording debut at 14 singing blues while she was still a student at Washington Irving High School in lower Manhattan. She went on to make several other blues recordings for before joining forces with Mr. Baker in 1956.

She sang with Mickey Baker as part of the duo Mickey & Sylvia in the 1950s and had several hits, including “Love Is Strange,” a No. 1 R&B song in 1957. After several hits, Mickey & Sylvia broke up in 1962 when Mr. Baker moved to Paris.

Two years later, Ms. Robinson married Joseph Robinson, a musician, and settled in Englewood, where the couple opened an eight-track recording studio, Soul Sound, which, like Motown and Stax, had its own house band of backing musicians. The Robinsons formed the All Platinum record company in 1968, and Sylvia became one of the few female record producers at the time. She played an important role in the career of The Moments, producing their 1970 hit single “Love on a Two-Way Street,” later sampled by Jay Z & Alicia Key’s “Empire State of Mind.”

The company’s biggest hit was “Pillow Talk,” written and performed by Ms. Robinson. After the song had been turned down as too risque by the soul star Al Green, Ms. Robinson recorded the disco track in 1973.

When “Pillow Talk” was a hit, Sylvia Robinson was simply identified by her first name.

By the late 1970s, All Platinum was in financial difficulties, caused in part by the Robinsons’ purchase in 1975 for close to $1m of the rights to the Chess Records catalogue, which included recordings by Chuck Berry and Muddy Waters. They intended to record new material under the Chess banner, but found they could not afford to. In 1979 the company was thrown a lifeline.

Ms. Robinson was alerted by her teenage son Joey to the new sounds developing in the Bronx. She saw where a DJ (Lovebug Starski at the Harlem World nightclub) was talking (to the music) and the crowd was responding to what he was saying. And this was the first time she ever heard this before. She said, ‘Joey, wouldn’t this be a great idea to make a rap record?’

Using Joey Robinson as a talent scout, she found three young, unknown rappers in Englewood — Big Bank Hank, Wonder Mike and Master Gee — and persuaded them to record improvised rhymes as the Sugar Hill Gang over a nearly 15-minute rhythm track adapted from Chic’s “Good Times.” She was the mastermind behind the Sugar Hill Gang’s “Rapper’s Delight,” the first hip-hop single to become a commercial hit. It sold more than 8 million copies, reached No. 4 on the R&B charts and No. 36 on Billboard’s Hot 100, opening the gates for other hip-hop artists.

Some called her “the mother of hip-hop.”

Ms. Robinson later signed Grandmaster Flash and the Furious Five, and in 1982 she was a producer of their seminal song, “The Message.” It was groundbreaking rap about ghetto life that became one of the most powerful social commentaries of its time

Ms. Robinson was the mother to three sons, Joseph Robinson Jr., Leland Robinson and Rhondo Robinson.