Tag Archives: ミッシー・エリオット

再結成ジョディシィの出演が話題!ソウル・トレイン大賞 11/30 TV放映 Jodeci to Reunite at Soul Train Awards 2014

Jodici at soul-train-awards-2014-3
English

また今年もソウル・トレイン大賞が開催されます。今回はラスベガスの会場で収録が行われました。

Wendy Williams - Soul Train Awards 2014
ホストには、TV番組「ウェンディ・ウィリアムス・ショー」で高視聴率を誇るウェンディ・ウィリアムスが挑戦します。どう見ても男が変装したようにしか見えない大柄でマスキュリンなウェンディ、ゲイやにトランスベスタイトたちに人気があるというのもうなずけます。

CB, Beyonce, and Drake -soul-train-nominees-2014

最多ノミネーションはクリス・ブラウンの7部門、ビヨンセも6部門と負けてはいません。

番組のハイライトは久々に再結成をしたジョディシィのパフォーマンスです。90年代に一世を風靡した「ワル」な感じのR&B 4人組グループ、Jodiciが懐かしのヒット曲を披露してくれます。

jodeci1
ケィシィー、ジョージョーの兄弟とディヴァンテ・スウィング、ミスター・ダルヴィンのオリジナル・メンバーが全員揃うなんて夢のようですね。

missy-elliot-lil-kim-billboard-650そして、ミッシーとリル・キムとのカップリング、「Not Tonight」もライヴで観ることができます。ほかにも出演が予定されているのは、メィス、MCライト、ダブラット、トータルなど。トータルのメンバー、キーシャは俳優のオマー・エップスと結婚し芸能界から引退しているので今回は欠席、キーマとパムふたりでの参加です。

ほかにもたくさんのパフォーマンスが予定されています。是非お見逃しのないように。

放映時間:11/30(日) 8pm BET

ちなみに、2014 年度Soul Train Awards候補者は以下のとおりです。

Best New Artist
August Alsina
Jhené Aiko
LiV Warfield
Mack Wilds
Nico & Vinz
Sevyn Streeter
Centric Certified Award
Avery Sunshine
Kelis
Leela James
Luke James
Robert Glasper
Best Gospel/Inspirational
“Help” – Erica Campbell feat. Lecrae
“I Can Only Imagine” – Tamela Mann
“No Greater Love” – Smokie Norful
“Real Love” – Inspired People feat. Charles Jenkins
“Say Yes” – Michelle Williams feat. Beyoncé & Kelly Rowland
“We Are Victorious” – Donnie McClurkin feat. Tye Tribbett
Best Hip-Hop Song of the Year
“Fancy” – Iggy Azalea feat. Charli XCX
“Hold On (We’re Going Home)” – Drake feat. Majid Jordan
“Loyal” – Chris Brown feat. Lil Wayne & Tyga
“No Mediocre” – T.I. feat. Iggy Azalea
“Pills N Potions” – Nicki Minaj
“Studio” – ScHoolboy Q feat. BJ the Chicago Kid
Best R&B/Soul Female Artist
Beyoncé
Janelle Monaé
Jennifer Hudson
Jhené Aiko
Marsha Ambrosius
Ledisi
Best R&B/Soul Male Artist
Chris Brown
John Legend
Kem
Pharrell Williams
Tank
Trey Songz
Album of the Year
Beyoncé – Beyoncé
G I R L – Pharrell Williams
Love in the Future – John Legend
Nothing Was the Same – Drake
The Electric Lady – Janelle Monaé
Xscape – Michael Jackson
Song of the Year
“All of Me” – John Legend
“Drunk in Love” – Beyoncé feat. Jay Z
“Happy” – Pharrell Williams
“Hold On (We’re Going Home)” – Drake feat. Majid Jordan
“Love Never Felt So Good” – Michael Jackson feat. Justin Timberlake
“Loyal” – Chris Brown feat. Lil Wayne and Tyga
The Ashford and Simpson Songwriter’s Award
“All of Me” – John Legend (Toby Gad, John Stephens, Dave Tozer)
“Happy” – Pharrell Williams (Pharrell Williams)
“Pretty Hurts” – Beyoncé (Joshua Coleman, Sia Fuller, Beyoncé Knowles)
“Stay With Me” – Sam Smith (Steve Fitzmaurice, James Napier, William Phillips, Sam Smith)
“The Man” – Aloe Blacc (Khalil Abdul-Rahman, Sam Barsh, Aloe Blacc, Elton John, Daniel Seeff, Bernie Taupin)
“The Worst” – Jhené Aiko (Jhené Aiko Chilombo, Mac Robinson, Brian Warfield)
Best Dance Performance
“2 On” – Tinashe feat. ScHoolboy Q
“Electric Lady” – Janelle Monáe
“Good Kisser” – Usher
“Loyal” – Chris Brown feat. Lil Wayne & Tyga
“Talk Dirty” – Jason Derulo feat. 2 Chainz
“Turn Down for What” – DJ Snake & Lil Jon
Best Collaboration
Chris Brown feat. Lil Wayne & Tyga – “Loyal”
Chris Brown feat. Usher & Rick Ross – “New Flame”
Janelle Monaé feat. Miguel – “Primetime”
Michael Jackson & Justin Timberlake – “Love Never Felt So Good”
Robert Glasper feat. Jill Scott – “Calls”
Toni Braxton & Babyface – “Hurt You”
Video of the Year
“Drunk in Love” – Beyoncé feat. Jay Z (Hype Williams)
“Good Kisser” – Usher (Christopher Sims)
“Happy” – Pharrell Williams (We are from L.A.)
“New Flame” – Chris Brown feat. Usher (Breezy & Mike Ho)
“The Man” – Aloe Blacc (Matty Barnes)
“The Worst” – Jhené Aiko (Danny Williams)
Best International Performance 
Davido – “Aye”
Machel Montano – “Ministry of Road (M.O.R.)”
Nico & Vinz – “Am I Wrong”
Sam Smith – “Stay With Me”
Shaggy feat. Ne-Yo – “You Girl”
Ziggy Marley – “I Don’t Want to Live on Mars”
Best Traditional Jazz Performance
Audra McDonald – “What a Little Moonlight Can Do”
Gregory Porter – “Hey Laura”
Kenny Garrett – “Pushing the World Away”
Monty Alexander – “Concierto de Aranjuez”
Wynton Marsalis – “Flee as A Bird to the Mountain (Live)”
Best Contemporary Jazz Performance
Liv Warfield – “Stay – ‘Soul Lifted’”
Najee feat. Meli’sa Morgan – “In the Mood to Take It Slow”
Robert Glasper feat. Jill Scott – “Calls”
Snarky Puppy – “Lingus (We Like It Here)”
Terrace Martin feat. Robert Glasper – “It’s Yours”
Vandell Andrew – “Let’s Ride”
Best Independent R&B/Soul Performance
Joe feat. Kelly Rowland – “Love & Sex Pt. 2″
Kelly Price – “It’s My Time”
LiV Warfield – “Why Do You Lie?”
Sebastian Mikael feat. Wale – “Last Night”
Shaliek – “The Past”
Terrace Martin feat. T$,, Tone Trezure – “You’re the One”
Advertisements

アリーヤ、12回忌 Aaliyah’s 12th Anniversary

Aaliyah by David LaChapelle

Aaliyah by David LaChapelle

Read in English

アリーヤ、12回忌 Aaliyah (January 16, 1979 – August 25, 2001)
Aaliyah’s 12th Anniversary

8月25日はアリーヤの命日です。アリーヤが亡くなって12年が経ちました。昨年より、ドレイクのプロデュースでアリーヤの未発表曲を収録したアルバムがリリースされるというニュースが流れましたが、彼女の家族は承認していないようです。

Aaliyah in 1994

Aaliyah in 1994

アリーヤ(本名、Aaliyah Dana Haughton)は1994年、ジャイヴ・レコードより「Age Ain’t Nothing but a Number」でデビュー、300万枚突破という記録的なセールスで大成功を収めました。この頃、15歳だったアリーヤはアルバム・プロデューサ、Rケリーと極秘に結婚しています。ふたりは、アリーヤの叔父で、グラディス・ナイトの元の夫だったバリー・ハンカーソンの紹介で出会っています。バリーはブラック・グランド・レコーズをたちあげ、マネジメント、プロデュースをしていました。当時、Rケリーのマネージャーだったバリーは、歌手志願の姪っ子、アリーヤのプロデュースをケリーに任せたのです。結果、アルバムは大ヒット、15歳の若々しいアリーヤのボーイッシュなファッションは全米で大人気を博し、トミー・フィルフィガーのモデルに起用され、新しいR&Bヒップホップのスタイルを打ち出しました。

Aaliyah - Baby Girl

Aaliyah – Baby Girl

1996年にリリースされたアリーヤの第二作目、「One in a Million」はご存知、ミッシー・エリオットとティンバーランドとのコラボ、こちらも爆発的に売れ、アリーヤの人気は不動のものとなりました。

Aaliyah - 3rd Album Cover

Aaliyah – 3rd Album Cover

マーシャル・アートの大スター、ジェット・リーとの共演「ロミオ・マスト・ダイ」で映画界にメジャー・デビューを果たし、3枚目アルバム、「アリーヤ」の制作も順調にすすみ、若くしてすべてを手に入れてしまった彼女の前途はバラ色に輝いていました。

Romeo must Die

Romeo must Die

2001年8月、バハマの島でビデオ撮影が行われていました。「モア・ザン・ア・ウーマン」「ロック・ザ・ボート」、いずれも当時ナンバー1だったハイプ・ウィリアムズに依頼、思い通りの映像が撮れ、順調にすすんでいました。予定より早く撮影が終了したのが災いしたのでしょうか。次のスケジュールが詰まっているというので、アリーヤ他、スタイリスト、レコード会社のスタッフ等はすぐに島を出発することにしました。来る時に使用したプライベートのセスナ機の準備が間に合わず、急遽小さいサイズのセスナ402Bでマイアミに向かうことに……。アリーヤを含む8名を乗せた小型飛行機は離陸間もなく墜落、全員帰らぬ人となりました。事故の原因は重量オーバーとパイロットの経験が浅かったこと、あとでパイロットがコカインとアルコールを摂取していたことも判明しました。ビデオ監督のハイプ・ウィリアムズ、コリオグラファーのファティーマは別便で飛び、無事に難を逃れました。

Aaliyah - Rock the Boat Video Shoot

Aaliyah – Rock the Boat Video Shoot

アリーヤの遺作となってしまった、「ロック・ザ・ボート」、美しいバハマの海が悲しみを誘います……..。

ブルックリン生まれのアリーヤが永眠しているのはニューヨークのハーツデールです。以下、ご参照下さい。同じ墓地にはマルコムXやランD.M.C. のジャム・マスター・ジェイなどがいます。

Burial:

Ferncliff Cemetery and Mausoleum

Hartsdale, Westchester County, New York
Plot: rosewood Mausoleum, Unit 4, Tier CC, Private Alcove, Crypt 3

James Baldwin (1924 – 1987)

Cab Calloway (1907 – 1994)

Malcolm X (1925 – 1965)

Betty Shabazz (1936 – 1997)

Jam Master Jay (1965 – 2002) DJ for Run-D.M.C.

Thelonious Monk (1917 – 1982)

R.I.P.

伊藤弥住子