Tag Archives: マルコムX

過激なブラック・カルチャー番組、「ソウル!」復活?

オプラやアシニオ・ホールのずっと前、ソウル・トレインより前に時代を先取りしていた黒人のTV番組がありました。番組のタイトルもずばり、「SOUL!」、黒人による、黒人のためのカルチャー番組でした。放映されたのは、ベトナム戦争の真っただ中、公民権運動や反戦運動で若者たちの意識が大きく変わった、まさに過渡期ともいえる、1968 – 1973の5年間です。ホストは、今のメディアには珍しい、自己主張の少ない陰の立役者的存在のゲイの黒人、エリス・ヘィズリップです。ニューヨークに拠点を置く公共放送テレビ局、NET (National Educational Television)、現在のWNETで1968年9月12日に放映が始まり、瞬く間にブラック・コミュニティのお茶の間に広がりました。

すでに過去の番組ではありますが、その内容の濃さに、今のメディアがいかに腑抜けか思い知らされます。そんな素晴らしい「SOUL!」という番組があったことをもっと多くの人に知ってもらいたい、という切実な願いを込めて、一人の女性がドキュメンタリー制作に乗り出しました。昔の映像を集めることもそうですが、関係者のコメントを取ったり、誰でもできることではありません。その女性とは、「SOUL!」のクリエイターであり、ホストのエリス・ヘィズリップを最も理解している、実の姪、メリサ・ヘィズリップ。彼女の熱意と、「SOUL!」をサポートしたいという人たちが集まり、ドキュメンタリ映画、「Mr. Soul!」が完成、ハーレムのアポロ劇場で2月21日に上映会が行われました。ブラック・ヒストリー・マンスでもあり、マルコムXが銃弾に倒れた日(2/21/1965)とも重なり、とても意義あるイベントとなりました。

日本ではこの「SOUL!」はほとんど知られていないと思いますので、このドキュメンタリーの中からかいつまんでご紹介したいと思います。

Mr. Soul!

このドキュメンタリー映画では、一世を風靡したという、教育テレビNETで放映されていた「SOUL!」の実際の映像と、関係者のコメントで構成されています。

毎週木曜日の夜に放映されたこの番組の初回、プレミア・ショーのゲストはパティ・ラベルとブルーベルズです。60年代に多くのヒット曲を放ったガールズ・グループのはしりとも言えます。メンバーは、サラ・ダッシュ、ノナ・ヘンドリックス、パティ・ラベルの3人で、のちにそれぞれソロとして独立してゆきます。エリスは、ゲスト・ホストに進行を任せたりすることも多く、ソウル・トレインのドン・コーネリアスのような威圧感はなく、レイドバックで、つねにゲストの引き立て役に徹していました。

黒人のための番組なので、ゲストもみんな黒人、それもエンターティンメントだけでなく、カルチャーの要素も強く、2週目のショーにはマルコムXの未亡人、ベティ・シャバーズを迎えています。その当時の緊張した社会情勢が伝わってきます。この日の音楽のゲストは、ホィットニー・ヒューストンのお母さんがメンバーとして活躍していた、スウィート・インスピレーションズがパフォーマンスを披露しました。それも、口パクではなく、ちゃんとライヴバンドで歌うのですから迫力満点です。

まだホモセクシュアルは差別されることが多かった時代ですが、エリスは自分がゲイであることを公言していて、番組内容にも顕著にあらわれていたようです。すでに作家として名を成していたジェームス・ボールドウィンはアメリカを離れ、ヨーロッパに住んでいましたが、わざわざ彼をロンドンに呼び、アメリカから女性詩人のニッキ・ジョヴァンニを送り込み、取材を試みました。全米ネットのテレビで、黒人の知識人が語り合う番組なんて考えられない時代です。「本当」の黒人の姿がテレビに映し出された、画期的な番組が「SOUL!」だったのです。

ゲストが多彩だったのもその人気の理由だったようです。アル・グリーン、ビリー・プレストン、マキシーン・ブラウン、ハロルド・メルヴィン&ブルー・ノーツなど、ソウルフルなミュージシャンも多く出演しましたが、ブラック・パンサー党のメンバーだった、モデルのように美しい、エルドリッジ・クリーヴァーの奥さん、キャサリン・クリーヴァーが登場したり、一時はブラック・パンサー党にも関わった、公民権運動家のストークリー・カーマイケル(のちにクワァメ・トーレと改名)と、彼と結婚した南アフリカ出身の歌手、ミリアム・マキーバがゲスト出演したり、映画監督のマリオ・ヴァン・ピーブルズなど、時代をそのまま反映していた、まさに黒人のための教育番組だったといえます。前衛的なアーティスト/ポエットのアミリ・バラカや、超過激なザ・ラスト・ポエット、下ネタ・ジョークのコメディアン、レッド・フォックスなど、X Rated な出演者をフィーチャーしたりできたのも、エリス・ヘィズリップのユニークな手腕だといえます。

1968 – 1973の5年間の間に、ソウルがぎっしり詰まったカルチャー満載のエピソードがなんと130本も放送されたそうです。リアル・タイムで見たかった……。ドキュメンタリーには、今も健在のハリー・ベラフォンテ、ニッキ・ジョヴァンニ、ソニア・サンチェスなど、当時、番組にゲスト出演しただけでなく、エリスを個人的によく知っている関係者たちのコメントを交え、「SOUL!」がいかに時代を先取りしたファンキーなショーだったかを浮き彫りにしてゆきます。この映画は、あちこちで上映予定とのことなので、ネットでチェックしてみて下さい。

Mr. Soul! – directed by Melissa Haizlip

Advertisements

ブラック・ヒーロー、マーカス・ガーヴィー物語映画化決定!

映画、「ブラック・パンサー」が大当たりして黒人のヒーローが注目を浴びています。まだその興奮もさめやらぬ矢先、また、ブラック・ヒーローの映画が登場!今度は、実在の人物、マーカス・ガーヴィー物語です。

え、マーカス・ガーヴィーって誰か知らない…….?

今から100年近く前、「黒人諸君、アフリカに帰ろう」と唱えて一世を風靡したジャマイカ生まれの黒人がマーカス・ガーヴィーです。世界中の二グロ(昔は黒人を二グロと呼んでいました)を統一し、アフリカに帰って自分たちの国を打ち立てよう、というアフリカ回帰運動を全米に広めた彼の功績は、のちにボブ・マーリーなどのラスタファリアン運動や、マルコムXのネィション・オブ・イスラム・ムーヴメントへと受け継がれます。

当時、黒人と言えば=奴隷、というイメージが浸透していましたが、ガーヴィーは、「我々黒人はもともと奴隷という身分だったわけではない。過去に素晴らしい文明を築いた誇り高き人類だ。我々、黒人たちが団結して自分たちの国を作ろう。」と、ブラック・イズ・ビューティフルを提唱し、ニューヨークのハーレムを皮切りに各ブラック・コミュニティで熱狂的に迎えられたのです。

ガーヴィーの生涯を映画化しようという動きは6年ほど前からスタートし、昨年の暮れに制作が完成したようです。映画公開の日程はまだ出ていませんがもう間近だそうです。


主役のマーカス・ガーヴィーを演じるのは、やはりジャマイカ出身でモデル/俳優のケヴン・ナヴェインです。まだあまり知られていませんが、アメリカではテレビや映画で注目され始めています。実物のガーヴィーと比べてずいぶんハンサムなケヴン、ずんぐりしたガーヴィーに近づけるため、体重を30キロほど増やし、役作りに励んだとか…….。

実在のマーカス・ガーヴィーについて読む

[Black History Month#2]ブロードウェイ・デビュー最年少の黒人女性劇作家、ロレイン・ハンズベリー

Black History Month 2
Lorraine Hansberry – A Raisin In The Sun

2月は黒人歴史月間です。PBS TV(公共テレビ放送局)では、ブラック・ヒストリー・マンスのシリーズ第一弾として、「ロレイン・ハンズベリー・ドキュメンタリー映画」を放映しました。日本ではあまり知られていないかも知れませんが、ブラック・カルチャーに貢献したロレインをここで紹介したいと思います。

「ア・レーズン・イン・ザ・サン」byロレイン・ハンズベリー

女性劇作家、ロレイン・ハンズベリーのデビュー作品、「ア・レーズン・イン・ザ・サン」は今から59年前(!!!)、1959年の3月、ニューヨークのブロードウェイで幕開けをしました。史上初の黒人女性劇作家、28歳という若さでの快挙でした。作家だけでなく、監督、ほとんどの俳優たちが黒人という、これまでのブロードウェイ・ショーの常識を覆した、黒人が主役のドラマ「ア・レーズン…..」は大成功を収めました。

続きを読む

ブラック・ヒストリー・マンスに見ておきたいオスカーノミネート作品「I AM NOT YOUR NEGRO」A Black History Lesson for All

i-am-not-your-negro

Read in English

Black History Month 2月はブラック・ヒストリー・マンスです。
「黒人の歴史、といってもどこから入っていいのかわからない」という人に是非見てほしいのが、先週金曜日から公開された映画、「I Am Not Your Negro’ 」です。
1950年代に作家としてデビューした、ジェームス・ボールドウィンのドキュメンタリー映画が ‘I Am Not Your Negro’

medgarevers
私生活でも交流のあった、メドガー・エヴァース、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師、そしてマルコムXの3人の代表的な公民権運動家たちをボールドウィンの視点でとらえたユニークな発想の内容です。

南部、ミシシッピー出身の公民権運動アクティヴィストのメドガー、非暴力主義の聖職者マーティン、急進的なムスリムのマルコム、いずれも背景やアプローチこそ違いましたが、ゴールは同じ、「人種差別撤廃」のために生涯をかけて闘った人たちでした。そして、3人とも30代で暗殺されています。ボールドウィンの生の声を通して、1960年代の黒人人種差別の実態や、彼らの葛藤が伝わってきます。

martin-luther-king-ftr「アメリカの歴史は黒人の歴史、しかも決して美しい姿とは言えない。ボールドウィンが残した言葉は、まるでこの映画を集約しているかのようです。

続きを読む