Tag Archives: バスタ・ライムズ

A Great Day In Hip Hop 1998 – 20周年記念イベント 於Schomburg Center in Harlem, NY

A Great Day of Hip Hop (1998)

日本ではほとんど知られていないと思いますが、1998年、まだスタートして間もないヒップホップ雑誌、XXL(ダブル・エックス・エル)が、ヒップホップ・アーティスト200人あまりを集め、ハーレムの路上で記念撮影をした写真、 A Great Day In Hip Hopを掲載しました。

撮影したのは、黒人エンターティナーの間ではレジェンド的存在のセレブ・フォトグラファー、ゴードン・パークスです。当時はまだ珍しかった黒人探偵を主人公にした映画、「シャフト」を監督したり、写真だけでなく、映画監督としても有名でした。時間にはルーズと悪評の高かったヒップホッパーたちを一堂に会することができたのも、ひとえにゴードン・パークスの功績と言えます。

MCたちの間ではキングと言われたラキムやスリック・リックを始め、クール・モー・ディー、クール・キース、KRSワン、そして、伝説のDJ、グランドマスター・フラッシュ、ジャジー・ジェフ、キッド・カプリ、チャック・チルアウトなど、朝の10時集合という、夜明けまでチル組の彼らには過酷な条件にもかかわらず、なんと200人が集まるという驚異…….。

当時はまだ若手だったコモン、モス・デフ、タリブ・クウェリ、ノーティー・バイ・ネィチャー、ファット・ジョー、ブスタ・ライムズ、デ・ラ・ソウル、Qティップ、チャネル・ライヴ、ブラック・ムーン、ビッグL、ジャメィン・デュプリなど、まるで、その日にニューヨークにいたラッパーたちが全員集合したかのよう。

この企画は、その40年前の1958年、全く同じ場所にて行われたジャズ・ミュージシャンたちを集めたエスクワィア・マガジンの記念撮影、A Great Day In Harlemに敬意を表し、そのヒップホップ版として行われました。

A Great Day of Harlem (1958)

A Great Day In Hip Hop 20周年記念イベント, ハーレムにて開催

A Great Day In Hip Hopから20年、あの時の撮影のアウトテイクを集めた写真集、「Contact High – A Visual History of Hip Hop」の刊行を記念して、ハーレムのショーンバーグ・センターにて記念イベントが11/7(水)に開催されました。


パネル形式で、当時のXXL編集担当だったシーナ・レスター、そのアシスタントで現在はVibe Magazine編集長、ディトワン・トーマス、ヒップホップ界のアイコン、ファブ5フレディ、ヒップホップ・ライターのマイケル・ゴンザレス、そして当時売り出し中だったラッパー、The Lox のスタイルズPの5人が、1998年の記念撮影の模様を語ってくれました。

以下、その模様をレポートいたします。

まずは、映像クリエィター/ライター、ネルソン・ジョージ監修の、20年前の撮影風景を綴ったドキュメンタリー、「A Great Day in Hip Hop」を上映。

進行役は、20年前の駆け出しのアシスタントから、Vibe マガジンの編集長へと昇りつめたディトワン・トーマスです。この企画の話を聞いた時は、「まさか、そんなことができるとは思わなかった。」と回想しています。その時のボスだったXXLのシーナ・レスターが、自分の企画で動き始めたプロジェクト、「ア・ディ・イン・ヒップホップ」が実現するまでのいきさつを語ります。

Sheena: 1958年に、エスクワィア誌がジャズ特集を組んで、その時に、ハーレムの路上に一世を風靡したジャズ・ミュージシャンを集めて記念撮影した写真を、堂々、見開きで掲載して話題を集めたことがありました。そのヒップホップ版をXXLでやろうということになったんです。黒人写真家、ゴードン・パークスに撮影を依頼するというのは、有名パブリシスト、レスリー・ピッツ(マイケル・ゴンザレスのガール・フレンドで翌、1999年逝去)のアイディアでした。

彼女からミスター・パークスの電話番号をもらって、恐る恐る聞いてみたんだけど、頭ごなしにノー!レスリーも頼んでくれたんだけど、やっぱりノー、と断られたの。それでも食い下がって、‘この仕事をしたがっているフォトグラファーはいくらでもいるんです。でも、あなた、ゴードン・パークスでないとできない撮影なんです。’って嘆願して、やっと三度目にオーケーしてもらいました。

一流ファッション誌「グラマー」に起用された、黒人で初のファッション・フォトグラファー、この撮影時85歳だったゴードン・パークスは、ブラック・エンターティナー達からも一目置かれている存在でした。

撮影現場に来るように、と言われたマイケル・ゴンザレス、当時はソース・マガジンやヴァイブ・マガジンなどで、アーティスト・インタビュー等、多忙を極めていました。同棲していた彼女、パブリシストのレスリーから、「凄いことになるから、必ず現場に来てレポートしてね。」を言われたのですが、行くつもりはなかったそうです。その辺のところを、本人が説明します。

Michael: オレ、あの時はすでに30台半ばで、大勢のラッパーのインタビューをしてきたけど、一人として時間通りに来た試しがなかったね。そんな調子だったから、この撮影の話をレスリーから聞いた時、‘実現するのかな、’と半信半疑だったんだ。レスリーはその朝、けっこう早く出たんだけど、オレはぶらぶらしていたんだ。昼前に、レスリーの携帯から電話がかかってきて、‘凄いことになってるから、今すぐ来なさい。’と言われて、タクシーで現場に行ってみたら、本当にすごい人数のヒップホップ関係者が集まっていてびっくり。ラッセル・シモンズ、シャキール・オニール、ラキム、とにかく、ヒップホップ界で活躍してる連中が勢ぞろい。本当に凄かったね。

さらに、ディトワン・トーマスもその時の様子を語ります。

Datwon: いやぁ、壮観だったよね。今日、来てるスタイルズPなんて、ベテラン勢に交じって、まだ The Loxが売り出し中の新人だったのに、ちゃっかりラキムとか、スリック・リックとかと最前列の中央に並んでたよね。ちょうど、みんなが揃って、‘はい撮影’っていう時になって、ラン・DMCのランが、ゆっくり歩いてきたんだ。みんなが、よぅラン(走れ)、ラン(走れ)って叫んでいるのを聞いて、奴、自分のことをRunと呼ばれてると思ったのか、ちっとも急がないんだ。(笑)

スタイルズPもそれを受けて、

Styles P: オレ、めちゃ興奮したよ。だって、ラキムだぜ。ずっと憧れてたし…….。ピート・ロックとか、グランド・マスター・フラッシュとか、すげぇメンツで、マジ、ぶっ飛んだね。

Datwon: オレもそう。それまで、ジャケ写とかでしか見たことのないアーティストがずらーっと並んでて、そりぁコーフンした。それに、アーティスト同志もすげぇ盛り上がってたよね。普段はコワモテでクールに決めてる若手ラッパーとか、もう、グルーピー丸出しで、‘ヒェー、ラキム!!’とか叫びながら走り寄ったりして。(笑)あの日は、確か、大統領だったビル・クリントンがハーレムに来るとかで、交通が遮断されたりしていたのに、よくみんな集まれたよな。そのせいかな、ローリン・ヒルが来るはずだったのに渋滞で間に合わなかったとか。(爆笑)
(ローリンは遅刻常習犯で有名)

この後、DJの神様的存在のグランドマスター・フラッシュが登場。この晩のパネルに飛び入り参加。フラッシュという名前は、手さばきがあまりに素早いところからついたニックネームです。

Flash: あの頃、MTV の番組、Yo! MTV Rapsとかでヒップホップを盛り上げてくれた、ファブ5フレディが来てくれてるけど、オレにとっては忘れられない出来事があるんだ。まだ、オレがブロンクスの奥地のクラブとかで回していたある晩、フレディがゲストを連れてきてくれた。黒人の客しかいないクラブに、白人の、それも金髪の女の人が入ってきた!いやぁ、驚いたね。80年代のブロンクスだぜ。それが、すでに売れっ子だったブロンディ、デボラ・ハリーだった。彼女が、DJブースに来て、オレの耳元で囁いたんだ、「あたし、あなたのための曲を書くわ。」って。それが、のちの大ヒット曲、”Rapture”だよ。

オールド・スクールは奥が深いですね。ファンにとってはたまりません。いろいろ秘話も聞けて、とても楽しいイベントとなりました。

200人ものヒップホッパーがハーレムに集まることができたのは、やはりゴードン・パークスという偉大なフォトグラファーのお蔭だったようです。現場に来ていたMC、DJ、ライター、写真家、レーベル関係者など、ミスター・パークスに握手を求めたり、と和やかで楽しい撮影風景が浮かんできます。

実は、私もマイケル同様、20年前、このプロジェクトのことは聞いていたのですが、やはり、半信半疑というか、ヒップホップ業界ではよくある、現場に行ってみないと「詳細不明」というので、行きませんでした。そのことは今でも悔やまれます。

伊藤 弥住子

 

Advertisements

“Mastermind” ヒップホップ界のヘヴィー・ヒッター、リック・ロスの新作視聴パーティ Rick Ro$$’s New Album, “Mastermind” Listening Party in New York

Rick Ross MASTERMIND Evite[1]
Read in English

12月リリース予定だった新作「マスターマインド」を34日に発売することを決めたリック・ロスのアルバム視聴パーティーが昨日(2/11)開催されました。今絶好調なアーティスト、リック・ロスの話題作とあって、厳寒の中500人を超す関係者がマンハッタンの会場、西50丁目の「ニューワールド・ステージ」に集まりました。

Rick Ross, DJ Khalid, Busta Rhymes, Meek Mill, Jermaine Dupri, Bow Wow, Free (former 106 & Park host), Sway (BET, MTV)

本人の他、DJ Khalid、バスタ・ライムズ、ミーク・ミル、ジャメィン・デュプリ、バウワウなど、アルバムでコラボしているアーティストやレーベルの仲間などが駆けつけ、VIPルームは高校のランチ・ルームのような賑わいでした。ヒップホップ・イベントにつきもののKUSAで室内は煙が立ち込め、こわもてのリックの目が潤んでいました。 

まずはウォーム・アップのカクテル・タイム。Pディディーのお洒落ウォッカ・ブランドCirocのイメージ・キャラクターをリック・ロスが務めているということもあって、シロック・カクテルがふんだんに振る舞われました。 

Mastermind

ニュー・アルバムには、すでにラジオでもヘビロ(heavy rotation)のジェイZをフィーチャーしたシングル、”The Devil Is A Lie”も収録されます。視聴会はスクリーンに映し出されるビデオの映像を見ながらアルバム曲を聴いてゆくという気のきいた趣向ですすめられます。リック本人の挨拶のあと、”Rich Is Gangsta”が巨大なスピーカーから爆音で鳴り響きます。ストリート・ライフを表現した”Drug Dealers Dream”………ギャングスタ「リック・ロス」の世界が広がります。1997年のノートリアスB.I.G. “You’re Nobody (Till Somebody Kills You)”にインスパイアされて作った曲、”Nobody”にはオーディエンスが熱い声援をおくり、ヒットの兆しが……..。カニエ・ウエスト、ビッグ・ショーン参加の”Sanctified”や、リル・ウェインをフィーチャーした”Thug Cry” など大きなヒットになりそうな手ごたえのある作品ばかり。アルバムのデラックス盤のみに収録されるという、ヒューストン代表のスカーフェイスとのコラボ曲、”Blessing In Disguise”でリスニング・セッションを締めくくりました。

 

DJ ヒロ追悼チャリティー・パーティー @ Santos, NYC

DJ Hiro Celebration at Santos on 12.19.2013

DJ Hiro Celebration at Santos on 12.19.2013

DJ Hiro Life Celebration Party at Santos, NYC

Read in English

Feb. 17, 1968 – Dec. 3, 2013 – Rest in Peace

DJ ヒロの追悼パーティーが12月19日(木)NYのクラブ、「サントス」で行われました。ヒロと親しかった DJ たちがみんな最後にプレイさせて欲しいと申し出たため、ニューヨークのクラブでは異例の8時スタート、多くの仲間たちが集まってくれました。入場料は一人10ドル、チャリティー・イベントなのでゲスト・リストはなしです。

Grandmaster Flash and Big Jeff

Grandmaster Flash and Big Jeff

DJ Clark Kent and Mark Ronson

DJ Clark Kent and Mark Ronson

DJ クラーク・ケントが音頭をとり、 DJ ソウル、ストレッチ・アームストロング、ジャスト・ブレイズ、マーク・ロンソン、 DJ スクラッチ、 DJ リズ、 DJ ジューン、 DJ ミホコ、DJ カオリ、など、ヒロの DJ 仲間が結集してまるで同窓会のノリ。ニューヨークのヒップホップが一番熱かった頃の曲がたくさんかかってとても楽しいパーティーになりました。

big Jeff and Mark Ronson

big Jeff and Mark Ronson

Stretch Armstrong and Busta Rhymes

Stretch Armstrong and Busta Rhymes

DJ Scratch

DJ Scratch

Ssurストアが DJ HiroスペシャルTシャツを寄贈してくれ、その販売収益全額と入場料のドネーションはDJ ヒロの遺族の方におくられます。

All Star DJs

All Star DJs

Casher Team - Jiro, Azusa, Sally Mo & Yasuko Ito  - photo by Kenny Rodriguez

Casher Team – Jiro, Azusa, Sally Mo & Yasuko Ito – photo by Kenny Rodriguez

この日のドアは、私、伊藤弥住子が担当させていただきました。息子の二郎、友人のあずさ、サリー・モーの協力で滞りなく集金できたことをここのご報告致します。合計人数566人、$9200(約92万円)が集まりました。このお金はDJヒロ(本名、伊藤浩)の奥さん、伊藤アシュリーさんに電信送金することになっています。来てくださった方、本当にありがとうございました。

DJ Kaori, DJ Erick Lapeau and Taquana

DJ Kaori, DJ Erick Lapeau and Taquana

DJ Daz, Carol, Tomomi

伊藤弥住子

期待の新人、ウィークエンドNYライヴいよいよ開催!

Kiss Land

Kiss Land

The Weeknd Live in New York

Read in English

9月10日にデビュー・アルバムのアルバム、「キッス・ランド」をリリースしたカナダのアーティスト、ウィークエンドが業界の話題をさらっています。日本でも9月18日に日本盤が発売されているので知っている人も多いかと思います。

2011年、ミックス・テープ”House of Balloons”がネット上で大ヒットを記録、「ウィークエンド(eなしのスペルWeeknd) の名前が浮上、「マイケル・ジャクソンの再来」と世間を騒がせるようになりました。 取材嫌いで知られるウィークエンドの正体は謎に包まれまま。とにかくライヴが素晴らしく、地元カナダでの公演はどれもソールド・アウト、ウィークエンドのカリスマ性が伝えられています。

その注目のアーティスト、ウィークエンドのNYライヴが2日間のみ、「ラジオ・シティ・」ミュージック・ホール」行われます。ニューヨーク在住のみなさん、この機会に是非ウィークエンド・サウンドを体験しましょう。

Monday, October 7 @ 8pm – Radio City Music Hall, New York City

Tuesday, October 8 @ 8pm – Radio City Music Hall, New York City

https://www.songkick.com/artists/4363463-weeknd

Flyer

Flyer

それにしてもアルバム・タイトル、「キッス・ランド」には脱帽!まったく彼の音楽性とかけ離れたキッチュな響きがたまりません。アルバム・コンセプトは彼の現在の心境、「一瞬先は闇、恐怖の旅路」なのですが、ありきたりなネーミングにはしたくなかったというシニカルな人間性が表れています。

美しいファルセットで知られるウィークエンドのサウンドはとてもビジュアルです。幻想、快楽、デカダンス、ドラッグ、さまざまな世界が広がります。愛のかたちも屈折しています。ストレートな純愛ソングはありません。

ビデオの映像やアルバム・デザインに日本のカルチャーや日本語を取り入れてしるところもユニークです。ニューヨークで行われた「キッス・ランド」の視聴会でもカタカナで「キッス・ランド」と書かれたフライヤー、ステッカーが配られ、パーティー会場のウェイター、ウェイトレスも日本語のTシャツを着ていたり、本人のジャパンびいきな嗜好が反映されていました。会場に表れたウィークエンド、挨拶もせずにV.I.P.ルームに引きこもったまま出て来ず、「変人」ぶりを発揮していました。ちなみに応援に駆けつけてくれた業界人は、ディプセットのジュエルズ、筋肉モリモリのバスタ・ライムズなど。

伊藤弥住子