Tag Archives: チャック・ジャクソン

伊藤弥住子レポート:Ben E King追悼 Feat チャック・ジャクソン&ロイド・プライス Harlem Week Ben E. King Tribute feat. Chuck Jackson&Lloyd Price

Chuck Jackson2re
ENGLISH

いよいよ「ハーレム・ウィーク」の幕開けです。私の大好きなチャック・ジャクソンとロイド・プライスのご両人が、初日7月26日のイベント「ベンEキング特別追悼ライヴ」に登場しました。

ベンEキングがソロになって間もない大ヒット「スパニッシュ・ハーレム (1961)」をロイド・プライスが歌ってくれたのは嬉しいのですが、年齢(82歳)のせいか、ほとんど声もでずなんだかがっかり。それも一曲でおしまいという寂しいパフォーマンスでした。

CharlesLloyed

ところが、次にでてきたチャック・ジャクソンは自分の持ち歌「エニィ・ディ・ナウ」のイントロからパワフルでソウルいっぱいの歌声に観客から歓声があがります。さすが、まだ若いチャックは(78歳になったばかり)まだまだ現役、しっかりとしたヴォーカルにうっとり。1962年に放った「Any Day Now」チャックにとっても最大のヒットで思い入れもかなりあるらしく、ライブ用にアレンジしたロング・バージョンをしっとり歌ってくれました。

ベンEキングの懐かしの名曲、「Stand By Me」も同じ1962年の大ヒット曲です。ベンとチャックは同時期に活躍した仲間同士、以前はいわばライバル・アーティストでした。お互いずっとR&Bイベントの常連としてこれまでコンスタントに活動してきました。この日はベンの追悼特別記念コンサート、仲良しだったチャックが彼の最大ヒット「スタンド・バイ・ミー」を心を込めて歌います。

ChuckJackson_5

♪♪~When the night has come And the land is dark And the moon is the only light we’ll see~♪♪

お馴染みの歌詞、ハーレムの住民たちで大合唱しました。

GreatDay2015

(伊藤 弥住子)

7/26(日)ハーレム・ウィーク開幕 with B.B.King、Ben E King追悼 A Great Day in Harlem!

harlem-week-2012-family-events
Read in English

また今年もハーレムに夏がやってきました。恒例の「ハーレム・ウィーク」の幕開けです。初日は7月26日(日)お昼12時から夜8時半まで、家族みんなそろって丸一日たっぷり楽しめます。場所は122丁目と西のどんずまり、リバーサイド・パークに位置するU.S. Grant National Memorial Parkです。各イベントは公園内の所定の場所にて開催されます。スケジュールは以下の通り。

grantmemorialparkmap

12 Noon – 6:00 PM
サクラ・パーク – U.S. グラント国立記念公園の向かい
於:テック・パビリオン

最新のテクノロジーを駆使したロボットや、便利グッズの展示、サイエンスを体験できる催しなど、お子様からお年寄りまで満足していただけること請け合い。お昼の12時から夕方6時までずっと開催中。

於:U.S. グラント国立記念公園(U.S. Grant National Memorial Park)

1:00 PM – 4:00 PM
Artz, Roots and Rhythm: 国際文化交流の集い

ハーレムを拠点とするダンス・カンパニーや若手のジャズ・ミ、ージシャンたちによる音楽やアフリカン・ダンスなど盛りだくさんな企画です。(Featuring: Harlem Swing Dance Society, NJPAC Wells Fargo Jazz for Teens, Uptown Dance Academy and Africa Center’s Okay Africa DJ’s and Dancers)

gospelforteens
4:00 PM – 5:00 PM
A Gospel Celebration ゴスペルの祭典

ママ・ファウンデーション・ゴスペル・クワィアーによるソウルフルな本格的なゴスペルが楽しめます。他に、ヘジカイアー・ウォーカーとラヴ・フェローシップ・クルセイド・クワィアーも出演。(Featuring: inspirational music with Mama Foundation Gospel Choir, Tiger the Hope Boy and Bishop Hezekiah Walker and the Love Fellowship Crusade Choir)

5:00 PM – 6:15 PM
ファッション・フュージョン・ショーケース
都会的なハーレム・ファッションを紹介する楽しいファッション・ショー。

6:30 PM – 8:30 PM
ハーレム音楽の祭典
ハーレムにゆかりのあるミュージシャンたちへ捧げるハーレム独特の音楽のオンパレード。

ben_e_king_2438304b

ベンE.キング追悼特別コンサート
先ごろ76歳で亡くなった(9.28.1938 – 4.30.2015)元ドリフターズのリード・シンガーで親日家で知られるR&BシンガーのベンEキングの歌手としての栄光のキャリアにスポットを当てたコンサートが行われます。1961年のベンEキングのソロ曲、「スパニッシュ・ハーレム」そして同年にリリースされた「スタンド・バイ・ミー」は今でもハーレムの人たちが大好きな曲です。昔の仲間で親しい友人だったベテラン・アーティスト、ロイド・プライスやチャック・ジャクソンが彼のヒット・ナンバーを歌ってくれることになっています。他にも、バンド・リーダーのポール・シェイファー、日本人キーボードプレイヤーのトーヤも出演予定。

BB King
B.B.
キング追悼特別コンサート
後を追うようにこの5月に亡くなった(9.16.1925-5.14.2015)ブルースの王様、B.B.キングの功績を讃えたコンサートも同時に行われます。出演はキング・ソロモン・ヒックスとキース‘キャプテン’ギャンブル。

7:30 PM
星空コンサート
出演:レイ・チューとハーレム・ミュージック・フェス・オールスター・バンド、メイサ&スペシャル・ゲスト

会場:U.S. Grant National Memorial Park
West 122nd Street and Riverside Drive MAP

 

チャック・ジャクソン近況報告:Special Report “ママ・アイ・ウォント・トゥ・シング/Mama, I Want To Sing” 30周年記念ガラ祝賀イベント#2

Chuck Jackson2

READ IN ENGLISH

ブラック・ミュージカル、Mama, I Want To Sing
30
周年記念ガラ祝賀イベントReport #2
チャック・ジャクソン近況報告

1962年に「Any Day Now」という大ヒットをだして一躍人気R&Bスターの座を獲得したチャック・ジャクソンも来ていて大感激。お話をする機会があったのでミニ・インタビューを試みました。

H2N:                  ミスター・チャック・ジャクソン、お元気そうですね。現在はどこを拠点に活動しているのですか。

Chuck:         あちこちに行っています。ちょうどデトロイトでショーをやってNYに戻ってきたところです。

H2N:                  チャックさんといえば、80年代ニューヨークにあったライヴ・ハウス、「スウィートウォーターズ」によく出演されていましたね。あそこは有名人がよく来ることで知られていて、ボクシング界のチャンピョン、マイク・タイソンが遊びに来ていた時がありました。当時、マイクとフィアンセのロビン・ギブンスは熱々のカップルでマスコミでよく取り上げられていました。その晩、彼女が遅れてきて、マイクがイライラしていて店内に緊張感がみなぎっていたのをよく覚えています。

Chuck Jackson

Chuck Jackson

Chuck:         そうそう。わたしもあの時のことはよく覚えています。その後、ロビン・ギブンスは有名な女優になってしまいましたからね。

H2N:                  今はニューヨークにいらしていますが、もう「モータウン・ザ・ミュージカル」をご覧になりましたか。(チャックは一時、モータウン・レコードに在籍していたことがあります。)

Chuck:         いや、まだです。確か本公演は4月からだったと思います。(4/14より開催。)夕べもスモーキー・ロビンソンと電話で話したところです。是非、観に来て欲しいと言ってくれているので近いうちに実現すると思います。わたしもモータウンにいた時期があるので、どんなショーが展開されるか楽しみです。

H2N:                  チャックさんは60年代からずっと活躍していますが、最近でも新しい作品を発表していますか。

Chuck:         今、アルバムを制作中です。最初にデビューした時のレーベル(Wand 1976年に売却され現在は別名のレーベル) とまた契約しました。スモーキーも曲を提供してくれています。他にも、Hal David/Burt Bacharach、Jerry Leiber/Mike Stollerたちとのコラボが決まっています。

H2N:                  ということは、クラシックな「チャック・ジャクソン」が期待できるということですか。

Chuck Jackson

Chuck:         その通り。レコード会社から、今風なサウンドを意識せず好きなように制作して欲しいと頼まれました。わたしのバンドには日本人のシンガーがふたりいて、もう16、7年一緒にやっています。素晴らしいR&Bアルバムをお届けできると思います。詳しいことはわたしのウェブサイトを見て下さい。

www.chuckjackson.org

H2N:                  日本にも来てくれますか。

Chuck:         もちろん。日程はまだわかりませんが、確か日本でのライヴの話がきていたと思います。あちこち回って、日本のみなさんにも本物のR&Bを体験していただきたいですね。

H2N:                  それは嬉しいですね。楽しみにしています。ありがとうございます。