Tag Archives: ダイアナ・ロス

Motown: The Musical モータウン・ザ・ミュージカル絶賛上演中![ネタバレ注意!]

Motown: The Musical Lunt-Fontanne Theatre

「モータウン」ミュージカル  絶賛上演中!

「モータウン」が大絶賛されています。久々のブラック・ミュージック中心のミュージカルとあって、ハーレム2ニッポンのスタッフ、私のほかシェリーめぐみ、ケン・シモンズ、ばらばらでしたが見てきました。それぞれ不満な箇所はいくつかありましたが、エンターティンメント性の高い素晴らしいショーに仕上がっているという点では全員一致、ぜひ観てほしいと思います。正式スタートは4月14日でしたがすでに今月のチケットは完売、5月末まで入手困難だそうです。以下、ストーリーと私の個人的な感想をレポートします。これから観る予定の方は楽しみが半減してしまうかもしれないのでご覧になったあとにお読みいただくことをお薦めします。

続きを読む page 2 | 3 

motown-on-broadway-photo

チケット$57より

http://www.ticketmaster.com/Motown-The-Musical-tickets/artist/1776746

@ Lunt-Fontanne Theatre,
205 West 46th Street,
New York, NY
MAP

Advertisements

Motown: The Musical モータウン・ザ・ミュージカル絶賛上演中![ネタバレ注意!]part-2 The Story

MotownTheMusicalOfficialBro

この前を読む page 1 | 2 | 3

Motown 25 Yesterday, Today, Forever

第一幕は1983年、ロスアンジェルスのパサデナ・シビック・オーディトリアムで開かれた「モータウン25周年記念イベント」。まだ現役のテンプテーションズ、フォー・トップスのショーが開催されています。 各グループのヒット曲のメドレーが圧巻です。”Standing On The Top,” ”She Used To Be My Girl,”など各グループの持ち歌のほか、”Dancing In The Street”などモータウン・カタログの中でもアップテンポ曲にダンサーたちを交え、いかにもブロードウェー・ショー的なきらびやかなダンス・シーンが繰り広げられます。初期のモータウン在籍アーティストはみんな歌だけでなく踊りも本格的にレッスンを受けていたのでパフォーマンスは完璧でした。さすがにミュージカル化されているこのショーはドキュメンタリーではないのでそのへんは期待はずれ、ダンスの場面はあまり多くないほうがよいのでは……、というのが私の正直な感想です。

フラッシュ・バックして舞台は1938年のデトロイト、ゴーディー家のリビング・ルームに移ります。ラジオから初の黒人野球選手、ジョー・ルイスの活躍が伝わります。9歳のベリー少年は黒人でもがんばれば何でもできる、と大興奮、その感動が将来のベリー・ゴーディーの基礎となることをほのめかします。

黒人社長ベリー・ゴーディー(BG)の誕生

Motown: The Musical Lunt-Fontanne Theatre当時のデトロイトには自動車産業しかありませんでした。1957年、若きベリー・ゴーディーは他のひとたち同様、フォード自動車工場で働いていました。音楽制作にのめりこんでいたベリーはいつか有名な音楽ライター/プロデューサーになりたいと曲作りに励みます。すでに地元のスターだったジャッキー・ウィルソンのために作った曲、「Reet Petite」が採用されたことをきっかけに音楽業界に入ることを決意。1959年、よき理解者の姉、グウェンをはじめとするゴーディー家の家族全員のサポートを受け、新しいレコード会社を設立します。自動車の街、デトロイトのニックネーム、モーター・タウンをもじって「モータウン」と名付けます。このあたり、やはりビジョンがあったのでしょう。オリジナル・アイディアの溢れる人、それがベリー・ゴーディーなのだと思います。最初にリクルートしたのはストリート・コーナーで歌っていたスモーキー・ロビンソンです。50年代はドゥワップが主流で、4、5人でグループを作ってハモっている黒人たちがたくさんいました。スモーキーも例に洩れず、クローディアという女性をふくむハーモニー・グループ、ミラクルズを結成してデビューのチャンスを掴もうと必死でした。”Shop Around,” “Got a Job” など、ストーリーは全てモータウンのヒット曲で綴られていきます。当時の社会背景などを反映しながら早いテンポで展開してゆきます。

Motown: The Musical Lunt-Fontanne TheatreSound Of Young America

モータウンの成功はそのマーケティング戦略とタレント養成プログラムにあるといわれています。新人タレントは歌や踊りのレッスンだけでなく、服の着こなし、身のこなし方、インタビューの答え方など、ショー・ビジネスのマナーをとことん叩き込まれます。そのシーンは残念ながらありませんが、毎週月曜日の朝行われていたリリース選曲審査会議、「マンデー・ミーティング」を再現しています。これは、多数決で、リリース曲を選ぶというものです。参加者は社長のベリー、タレント発掘及びソング・ライターのスモーキー・ロビンソン、ライター・チームのホランド・ドジャー・ホランド、ミッキー・スチーヴンソン、ノーマン・ウィトフィールド、プロモーション担当のスザンヌ・デ・パッシ、ハーヴァード出身の白人販促担当など。テレビが普及する前のアメリカ、全米のラジオ局に新譜を配ってオン・エアしてもらうというのがプロモの王道だった時代です。ブラック・ミュージックというのを全面にださず、「サウンド・オブ・ヤング・アメリカ」というコンセプトを打ち出し宣伝活動を展開しました。賢いやり方です。モータウンのマーケティングを操っていたのは全員ハーヴァード大学出の白人エリートだったというのを聞いたことがあります。なるほど…….。

Motown: The Musical Lunt-Fontanne Theatreモータウンのスタジオ、「ヒッツヴィル」ではスタッフ・ライターがいつも音楽制作をしていました。スモーキー・ロビンソンをはじめ、、ミュージシャンのジェームス・ジャミソン、ベニー・ベンジャミン、振り付け師のコリー・アトキンス等がつねにスタジオで作業していたそうです。マーヴィン・ゲイもドラマーとしてマーヴァレッツのセッションに参加するなど、アーティストたちはファミリー的なつき合いをしていたようです。そんな昔のモータウンのほのぼのした一面が伝わってきます。ステージには60年代に活躍したモータウン・アーティストたちが次々と登場してヒット曲を披露していきます。衣装もキラキラと豪華です。たぶん、実際のアーティストたちが着ていたコスチュームより派手め、ハリウッド的な演出が伺えます。

ベリーとダイアナ、シュープリームの終焉

Motown: The Musical Lunt-Fontanne Theatre物語の中心はモータウン社長のベリー・ゴーディー・ジュニアとシュープリームスのメンバー、ダイアナ・ロスとの恋愛です。本人たちは隠していたようですが、所属アーティスト、従業員たち、誰もが知っていました。ダイアナばかり可愛がったことで、ほかのメンバー、メアリー・ウィルソン、フローレンス・バラッドとの関係に亀裂が入り、やる気をなくしたフローレンスはリハーサルに遅刻してきたり、ずる休みをするようになり、やがてグループをクビになります。かわりにシンディー・バードソングが加入しますが、69年にとうとうシュープリームは解散することになります。それにしても、”Come See About Me,” “Love Child,” ”Stop in the Name of Love,” “Where Did Our Love Go” などシュープリームスのヒット曲が多いのにはあらためて驚かされます。

Motown: The Musical Lunt-Fontanne Theatre60年代のスターたちは全米をツアーし、一日に2〜3回のショーをやるのは当たり前でした。なかでも「モータウン・レビュー」というツアーは大評判でした。売れっ子のスモーキー・ロビンソン、メアリー・ウェルズ、スティーヴィー・ワンダー、テンプテーションズ、フォー・トップス、コントゥアーズ、グラディス・ナイト&ザ・ピップスなどパフォーマンスを再現、とても充実しています。シュープリームスがデビュー当時、全く売れなかったというエピソードも紹介されます。

PART 3
ダイアナ・ロス役ヴァリシア・ルケイ熱演

→続きを読む page 1 |2 | 3

Motown: The Musical モータウン・ザ・ミュージカル絶賛上演中![ネタバレ注意!]part-3 ダイアナ・ロス役ヴァリシア・ルケイ

Motown: The Musical Lunt-Fontanne Theatre

ダイアナ・ロス役ヴァリシア・ルケイ熱演

この前を読む page 1 | 2 | 3

「モータウン:ザ・ミュージカル」はあくまでも娯楽作品として作られています。ドキュメンタリーではないので役者が本人と似ていなかったり…..というのは大目に見ましょう。ダイアナ・ロス役のヴァリシア・ルケイの演技、歌、踊りは見物です。この役をやる前に、ブロードウェイ・ショー、「ドリーム・ガールズ」の地方公演で主役のディーナ・ジョーンズ(ダイアナ・ロス)を演じたと聞いて納得。身の振る舞いやしぐさがダイアナにそっくりなのです。ベリー・ゴーディー役のブランドン・ビクター・ディクソンも素晴らしい俳優です。とにかく歌がうまくて存在感があります。マイケル・ジャクソンは子供の頃のシーンのみですが、そのティーンの子もかなり歌えます。オリジナルのマイケル・ジャクソンとは比べ物になりませんが…….。このミュージカルを観ると、モータウン・アーティストがいかに優れたミュージシャンだったかを思い知らされます。「才能の宝庫」、それがモータウンではないでしょうか。

Motown: The Musical Lunt-Fontanne Theatreやがて世の中は黒人の公民権運動が盛んになり社会全体の政治色が強くなってゆきます。キング牧師暗殺を機に、マーヴィン・ゲイなどの社会派ソング、

”What’s Going On,” “Mercy, Mercy Me” などが注目されるようになります。大人になったスティーヴィー・ワンダーを演じる俳優のパフォーマンス、“Signed, Sealed, Delivered” は本人よりうまいのではないかと思わせるほど素晴らしくて感動しました。

Motown: The Musical Lunt-Fontanne Theatre60年代校半、次々にアーティストがメジャー・レーベルへと移籍してゆきます。モータウンのバックボーンだったプロデューサー・チーム、Holland, Dozier, Hollandも古巣を離れてゆきます。

ハリウッド移転

デトロイトで産声をあげたモータウンですが、1972年ロスアンジェルスにオフィスを移します。ダイアナ・ロスをハリウッド映画スターにしようというベリーの思惑に多くの人たちが反対しました。黒人シンガーを主人公にした「ビリー・ホリデー物語(Lady Sings the Blues)」の制作費が底をつき、ベリーの個人資産をつぎ込んで完成させるというアブナい橋を渡らざるを得なかったのです。主役を演じたダイアナは、のちにアカデミー賞ノミネート獲得という快挙を遂げました。ベリーの株は上がったかのように思えましたが、ダイアナとの関係もだんだんこじれてゆきました。

ブラック・ミュージックが一般に受け入れられるようになり、R&B産業にもメジャー・レーベルが参入してきました。アーティストのモータウン離れはさらに加速を増し、とうとう家族同然だったビッグ・ネームのマーヴィン・ゲイがコロンビアに移籍することを表明しました。「オレはアイドルでもないし、操り人形じゃない。押し付けられた音楽なんてやらない。」とマーヴィンはベリーから離れてゆきました。さらに、追い討ちをかけるようにダイアナが離別を宣言したのです。まさか……、愛が冷めてしまった今でもビジネスの関係は保てる、と信じていたベリーにとってダイアナが去ってゆくというのは強力な打撃でした。20ミリオンという当時では巨額のオファーRCAが提示したのです。ダイアナにとって世界のスターへと飛躍する絶好のチャンスでした。

ライオネル・リッチー、リック・ジェームス、ティーナ・マリー、ディバージといった若手アーティストたちが新風を吹き込んでくれたにもかかわらず、モータウンは次第にその勢いを失ってゆきます。”Brick House,” “All Night Long,” “Super Freak,” “ Square Biz,” “All This Love” 新しいモータウン・メドレーが続きます。登場するアーティストのキャラがよく出ていてあっという間に3時間経ってしまいます。

Motown Is Forever

Motown: The Musical Lunt-Fontanne Theatre最終場面はショーのオープニング、「モータウン25周年記念イベント」に逆戻り。この歴史的なイベントに出席すべきか悩んでいるベリーの姿があります。いろいろな思い出のあるモータウン。いいことばかりではありませんでした。裏切り、妬み、訴訟、裁判……..これまでの人生に疑問を感じるベリー。スモーキーが説得にきます。「ベリー、どうしても出席すべきだ。オレも間違ったことをしてきたかもしれないけど、今回だけは自信を持っていえる。ベリー、おまえは間違っている。モータウンはべリー・ゴーディーそのもの、ベリーなしにはこのショーを成功させることはできない。」

フィナーレはモータウン・アーティストが勢揃いしてヒット・メドレーで締めくくります。アッシュフォード&シンプソンの作詩作曲による名曲、Ain’t no mountain high enough, ain’t no river wide enough……….to keep me from getting to you…….とダイアナ役のヴァリシアが情熱的に歌い上げます。ベリーを演じるブランドン・ヴィクター・ディクソンが姿を表し、キャスト・メンバー全員集合して大合唱、拍手大喝采を浴びて幕が降ります。歌と踊り満載です。モータウン・ファン必見です!!

最初から読む page 1 | 2 | 3

チケット$57より

http://www.ticketmaster.com/Motown-The-Musical-tickets/artist/1776746

@ Lunt-Fontanne Theatre,
205 West 46th Street,
New York, NY
MAP

(伊藤弥住子)

‘Motown’ Opens Soon! 「モータウン」ミュージカル、いよいよ開幕!

Screen Shot 2013-03-07 at 1.56.36 PM

Motown The Musical - Logo

Motown The Musical – Logo

READ IN ENGLISH

「モータウン」ミュージカル、いよいよ開幕!
60年代、一世を風靡したモータウン・ミュージックの歴史を綴ったミュージカル、「モータウン」がいよいよ開幕します。プレビューは3月11日から、本公演は4月14日からです。

これまで、ダイアナ・ロスとシュープリームスの物語をミュージカル化した「ドリーム・ガールズ」など関連のショーがブロードウェイで上映されてきましたが、創始者のベリー・ゴーディー自ら脚本/プロデュースに参加するのはこれが初めての試みです。

売れないボクサーだったゴーディーがモータウン・レコードを立ち上げ、アメリカ・ポップ音楽の殿堂として君臨するに至るまでの実話を、ダイアナ・ロス&シュープリームス、テンプテーションズ、スティーヴィー・ワンダー、マイケル・ジャクソン、マーヴィン・ゲイなどのヒット曲をふんだんに盛り込んで綴ったミュージカルが「モータウン」です。

Motown Cast Members

Motown Cast Members

ストーリーを知っている人はもちろん、まったく知らなくても十分に楽しめる内容だそう。

ゴーディー自身が脚本を書いているので自分に都合のいいことばかりなのでは…..と訝る人もいるかと思いますが、本人のそのへんは重々承知で、「ダイアナ・ロスとの不倫関係についても赤裸々に語っている。ふたりの間にできた娘についてもそのまま事実を描いている。ダイアナが僕から去っていった時は涙がとまらなかった…….。」と告白しています。20ミリオン(ドル)のソロ・ディールを獲得したのですから、ダイアナでなくたってモータウンから移籍するのは当然とはいえますが……。

Director, Charles Randorph-Wright

Director, Charles Randorph-Wright

出演者はオーディションなどで募った実力者揃い。マイケル・ジャクソン役、スティーヴィー・ワンダー役を決めるのがとても大変だったとか…….。ダイアナ・ロスを演じるのはブロードウェイ・ショーのベテラン女優、Valisia LeKae、監督はCharles Randolph-Wright。

Valisia a.k.a. Diana Ross

Valisia a.k.a. Diana Ross

3月後半のプレビュー・チケットを入手したので追ってレポート致します。お楽しみに。

4月11日正式オープン。問い合わせは以下。

Lunt-Fontanne Theatre

205 West 46th Street, NYC

(212) 575-9200

(伊藤弥住子)