Tag Archives: ジョー

いよいよ今週!Charlie Wilsonフォエヴァー・チャーリー・ツアー NY公演!

charliewilsonx-topper-medium
Read in English

新しいアルバム「フォエヴァー・チャーリー」をリリースしたチャーリー・ウィルソンが全米ツアーを敢行中!すでに2月12日のクリーヴランドを皮切りに3月28日のラスベガス最終ライヴまで26箇所を回ります。ニューヨーク近辺にも今週やってきます。3月5日(木)はブルックリンのバークレーズ・センター、3月7日(土)はニューアークのプルーデンシャル・センターにてそれぞれライヴ・コンサートがあります。

CharlieWilson2015_EDPMain
アンクル・チャーリーを盛り上げるのはケムジョーのふたりのR&Bアーティストです。チケットもまだまだ取れるようなので、ぜひお薦め。

joe-2011Kem
アンクル・チャーリーの最新ヒット、「グッドナイト・キスィズ」を生で聴くチャンスをお見逃しなく。

March 5, Thursday
@ Barclays Center Brooklyn, NY

March 7, Saturday
@ Prudential Center Newark, NJ

Official Website
http://www.charliewilsonmusic.com/home/

 

Advertisements

Joeライヴ・レポート in ハーレム/ Joe Live In Harlem

Joe
Read in English

先週の火曜日、ハーレムのマーカス・ガーヴィー公演内にある野外ステージでジョーがライヴを行いました。私たちハーレム2ニッポンのメンバー、そして近所の仲間たちを誘い、ワインとサンドイッチ持参でピクニック気分ででかけてきました。連日晴天続きのニューヨークでしたが、この日だけはなぜか怪しい雲行き……..。

124丁目の公園入口を入るとすぐにWBLSのテントが見えます。あいにく雨が降り出してきてしまいました。それでもコンサートは決行するとのこと。ジョーのライヴを見逃すわけにはいきません。

すでに大勢のファンが私たちよりも前に席を占拠、やっと中央の一列を確保することができました。シートは雨でびしょ濡れです。

前座の新人R&B歌手が登場すると雨はさらに強く降り出しました。「途中でライヴが中止にならないように」と祈るばかりです。いよいよジョーの出番………..。しだいに雨もおさまり、ところどころ青い空が見えてきました。

Joe_crowd
夏らしい白のスーツに帽子姿のスリムなジョーがステージに登場!オープニング・ナンバーはジョーの3枚目アルバム「マイ・ネーム・イズ・ジョー」からの”Stutter”、Talk to me tell me / Where you were late last night? ジョーの安定した美しいテナーがハーレムの公園内に響き渡ります。

つづいて、故ビッグ・パンをフィーチャーしたヒップホップ・リミックスが大ヒットした「Don’t Wanna Be A Player」で私たちファンを魅了します。20年あまりの歌手生活でジョーがリリースしたアルバムは11枚にものぼります。

Gユニットをフィーチャーして話題になった”Ride With U”、初期のヒット、”All That I Am” もあますところなく披露。

ジョーが師と仰ぐ先輩ミュージシャン、フランキー・ビバリーの看板ソング、“Before I Let Go”のカバーはオリジナルをしのぐ素晴らしさです。ファンを大切にすることで有名なジョー、ステージを降りて客席にご挨拶。女性観客に握手をしたりアイフォンで写真を撮られたり、客席と一体になってパフォーマンスを展開します。

“I Wanna Know” “All The Things” “ What If A Woman” “Doubleback”  どの曲も丁寧に歌い上げます。曲の合間に「サンキュー、ニューヨーク」「サンキュー、ハーレム、20年間暖かいサポートをありがとう」と感謝の気持ちを表すジョー、あくまでも謙虚なところがクールでした。

伊藤 弥住子

8/12(Tue) Joe, ハーレムで 無料ライヴ SummerStage Presents: Joe in association with WBLS

Joe-Thomas-2013
READ IN ENGLISH

私たちの大好きなR&Bシンガー、ジョーがハーレムのマーカス・ガーヴィー公園内の野外ステージで8月12日夕方7時より無料ライヴを行います。私たち、ハーレム2ニッポンのスタッフ及び仲間たちも押しかけますので、みなさんもお誘いあわせの上是非見に来てください。

この企画は、ニューヨークの夏の「サマー・ステージ」無料コンサートの一環で、ブラック・コミュニティーに貢献しているジョーのコンサートということで、地元のFMステーション、WBLSが協賛としてサポートしています。

ジョーといえば、1993年、マーキュリー・レコードよりデビュー・アルバム、「Everything」をリリースしましたが、注目されるようになったのは、1997年にジャイヴ・レコードに移籍して「All That I Am」を出してから。”All The Things (Your Man Won’t Do)”,  ビッグ・パンをフィーチャーしたリミックスでもお馴染みの“Don’t Wanna Be A Player”, “No One Else Comes Close”などの名曲でトップ・スターの座を獲得。以来、2000年には「 My Name Is Joe」。 2001 年、「Better Days」、 2003年「 And Then…..」、 2007年「 Ain’t Nothin’ Like Me」、 2008 年、「Joe Thomas, New Man」、 2009年 「Signature 」、2011年「 The Good, the Bad, the Sexy」、 2013年「 Doubleback: Evolution of R&B」とノン・ストップで活躍しています。

ジョーは今年の始め、長年「連れ添った」マネージャー、キダー・マッセンバーグと離別し、新しいマネージャー、ジェラルド・アイザックと契約、BMG傘下のレーベルよりニュー・アルバム「Bridges」をリリースしました。

8月12日のライヴでも新アルバムからの曲を披露してくれるとのこと。楽しみですね。

会場は120丁目、ハーレムの東にあるマーカス・ガーヴィー公園内の野外シアターです。パフォーマンスが始まるのは7時ですが、人気アーティストなので早めに行って場所取りする必要あり。みんなでジョーを応援しましょう。

Tuesday, August 12, 2014

7:00pm – 9:00pm

Free

Marcus Garvey Park

18 Mt Morris Park W
New York, NY 10027 MAP

 

伊藤弥住子

タイ・ダラー・サインからビートナッツまで、こんなに無料で見れる!夏のフリー・コンサート NYC/2014 Free Concert in NY Schedule

Ty Dollar $ign

Ty Dollar $ign

2014 Free Concert in NY Schedule
Here’s your summer preview for free concerts in New York City this year.

ニューヨーク、この夏の無料コンサート・ガイド

やっとニューヨークに夏が訪れました。暖かくなるとみんなが外にでたがります。パーティーの季節、コンサートの季節です。ニューヨークでは、マンハッタン、ブルックリン、クィーンズ、ブロンクス、スタテン・アイランドのそれぞれの公園で無料ライヴ・コンサートが開催されます。H2N(harlem2nippon)のみなさま用にヒップホップ、R&B,ダンス系のライヴを選んでみました。(これ以外にも、スケジュールが追加されますので随時レポートします。)

summer-stage-3-f

タイ・ダラー・サイン Ty Dollar $ign
Tuesday, June 3
7:00pm – 9:00pm
@ Red Hook Park, Brooklyn

続きを読むRead More