Tag Archives: クリス・ブラウン

インスタの女王、エラ・メイ、デビュー・アルバム”Ella Mai” リリース!

“Boo’d Up” の大ヒットで全米の音楽シーンを騒がせている、ロンドン生まれのエラ・メイのデビュー・アルバム「エラ・メイ Ella Mai」がリリースされました。ローリン・ヒル、マライア・キャリー、クリス・ブラウンなどに影響を受けた歌姫、エラ・メイがレコード・デビューのチャンスを掴んだのはインスタグラムです。エラ・メイがアップした音楽に、ヒット・メーカー、DJ Mustardが惚れこみ、彼のレーベルと契約、まさにシンデレラ物語です。

この夏、“Boo’d Up”が大ブレイク、そしてフォローアップ曲、”Trip” を放ち、連続チャート入りという快挙を果たします。クリス・ブラウンのツアーにも参加したりと、アメリカでもエラ・メイの人気はうなぎのぼり。「あなたに首ったけ、あなたの全てが好き……..」と優しく歌いかけるエラ・メイのナチュラルな魅力が、今どきの女の子男の子の間で受けている理由のようです。

エラ・メイ、サタデー・ナイト・ライヴ SNL 初登場!

デビュー・アルバム「Ella Mai」の発売を記念して、夕べ、11/17 (土)ニューヨークのコメディ・バラエティ番組、「サタデー・ナイト・ライヴ」に音楽ゲストとして出演しました。アーティストにとっては、この番組に出れるのは成功の証し (made it)、彼女の今後の活躍が期待されます。

披露してくれたのは、“Boo’d Up”と ”Trip”の2曲。以下、チェックしてみて下さい。

“Boo’d Up”

“Trip”

Advertisements

いよいよ明日、エリカ・バドゥ司会「ソウル・トレイン大賞」放映

Erykah Badu Hosts the Soul Train Awards 2015 on BET

Erykah 2015-Soul-Train-AwardsЭрика Баду узлов Soul Train Awards этого года

Read in English

今年もまた、ソウル・トレイン大賞の季節がやってきました。明日、11月29日夜8時、BETにて “Soul Train Awards 2015” が放映されます。Rケリー、タイリース、ファンティジア、ブランディ、ボーイズIIメン、カメオ(え、あのCameo?)など、パフォーマンスも盛りだくさん。なんと、司会にエリカ・バドゥが抜擢されたとか。エリカ・バドゥといえば、音楽性もさながら、いつもあっと驚くような奇抜なことをすることでよく知られています。覚えていますか、突然 DJ Lo Down Loretta Brown と名乗り、クラブやイベントでスピンしていたことを……..。ホストとしてもいろいろ面白いことをしてくれること請け合い。

©2014/Mary Ellen Matthews/NBC

©2014/Mary Ellen Matthews/NBC

今回の見どころは、「ビデオ・オブ・ジ・イヤー」など5部門ノミネートを獲得したブルーノ・マースとマーク・ロンソンのチームとカナダの新星、ザ・ウィークンドです。ユニークなミュージシャンが第一線を固めてくれているのはなんとも嬉しい限りですね。

Beyonceビヨンセ、クリス・ブラウンなどの常連がノミネートされているほか、アレーシァ・カーラ、ジデーナ、ティナーシェたちが繰り広げる新人によるトロフィー合戦も楽しみです。

ノミネートは以下のとおり。

Best New Artist

Dej LoafAlessia Cara
Dej Loaf
Jidenna
Jussie Smollett
Tinashe

Best R&B/Soul Male Artist

chris-brownChris Brown
D’Angelo
The Weeknd
Trey Songz
Tyrese

Centric Certified Award

vivan_greenAvant
Chrisette Michele
The Internet
Tyrese
Vivian Green

Video of the Year

Bruno-Mars-and-Mark-Ronsons-Uptown-Funk-Notch-14-Weeks-at-No-1Beyonce – “7/11″
Jidenna Ft. Roman Gianarthur – “Classic Man”
Kendrick Lamar – “Alright”
Mark Ronson Ft. Bruno Mars – “Uptown Funk”
The Weeknd – “Earned It” (From The Fifty Shades Of Grey soundtrack)

Best Gospel And/Or Inspirational Song

Erica CampbellErica Campbell – “More Love”
Fred Hammond Ft. Breeann Hammond – “I Will Trust”
Kirk Franklin – “Wanna Be Happy?”
Lecrae – “All I Need Is You”
Marvin Sapp – “Yes You Can”

Album of the Year

Black MessiahChris Brown – X
D’Angelo and The Vanguard – Black Messiah
Jill Scott – Woman
The Weeknd – Beauty Behind the Madness
Tyrese – Black Rose

Best Hip-Hop Song of the Year

AlrightBig Sean Ft. Drake & Kanye West – “Blessings”
Big Sean Ft. E-40 – “IDFWU”
Fetty Wap – “Trap Queen”
Kendrick Lamar – “Alright”
Nicki Minaj Ft. Drake & Lil Wayne – “Truffle Butter”

Best R&B/Soul Female Artist

Janelle MonaeBeyonce
Janelle Monáe
Janet Jackson
Jill Scott
Tamar Braxton

Song of the Year

jidenna-classic-manCommon & John Legend — “Glory” (from the motion picture “Selma”)
Jidenna Ft. Roman Gianarthur — “Classic Man”
Mark Ronson Ft. Bruno Mars — “Uptown Funk”
Rihanna — “Bitch Better Have My Money”
The Weeknd – “Earned It” (From The Fifty Shades Of Grey soundtrack)

The Ashford & Simpson Songwriter’s Award

the-weeknd-earned-it-preview-lead“Glory” (from the motion picture Selma) — written by: Lonnie Rashid Lynn, John Roger Stephens and Che Smith (Common & John Legend)
“Apparently” — written by: Jermaine L. Cole, Damon Coleman, Filippo Trecca (J.Cole)
“Uptown Funk” — written by: Mark Ronson, Rudolph Taylor, Lonnie Simmons, Philip Martin Lawrence II, Peter Gene Hernandez, Jeffrey Nath Bhasker, Nicholaus Joseph Williams, Devon Christopher Gallaspy, Robert Lynn Wilson, Charles K. Wilson, Ronnie Wilson (Mark Ronson Ft. Bruno Mars)
“Earned It” (from the “Fifty Shades Of Grey” soundtrack) — written by: Abel “The Weeknd” Tesfaye, Ahmad “Belly” Balshe, Jason Quenneville, Stephan Moccio (The Weeknd)
“Shame” — written by: Warryn S. Campbell Ii, Sam Dees, Tyrese Darnell Gibson, Ron Kersey, De Wayne Julius Rogers (Tyrese)

Best Dance Performance

Beyonce – “7/11″
Chris Brown x Tyga – “Ayo”
Janelle Monae & Jidenna – “Yoga”
Mark Ronson Ft. Bruno Mars – “Uptown Funk”
Silent – “Watch Me” (“Whip/Nae Nae”)

Best Collaboration 

bigseannewBig Sean Ft. Drake & Kanye West – “Blessings”
Common & John Legend – “Glory” (from the motion picture Selma)
Mark Ronson Ft. Bruno Mars – “Uptown Funk”
Nicki Minaj Ft. Beyonce – “Feeling Myself”
Omarion Ft. Chris Brown & Jhene Aiko – “Post To Be”

 

 

再結成ジョディシィの出演が話題!ソウル・トレイン大賞 11/30 TV放映 Jodeci to Reunite at Soul Train Awards 2014

Jodici at soul-train-awards-2014-3
English

また今年もソウル・トレイン大賞が開催されます。今回はラスベガスの会場で収録が行われました。

Wendy Williams - Soul Train Awards 2014
ホストには、TV番組「ウェンディ・ウィリアムス・ショー」で高視聴率を誇るウェンディ・ウィリアムスが挑戦します。どう見ても男が変装したようにしか見えない大柄でマスキュリンなウェンディ、ゲイやにトランスベスタイトたちに人気があるというのもうなずけます。

CB, Beyonce, and Drake -soul-train-nominees-2014

最多ノミネーションはクリス・ブラウンの7部門、ビヨンセも6部門と負けてはいません。

番組のハイライトは久々に再結成をしたジョディシィのパフォーマンスです。90年代に一世を風靡した「ワル」な感じのR&B 4人組グループ、Jodiciが懐かしのヒット曲を披露してくれます。

jodeci1
ケィシィー、ジョージョーの兄弟とディヴァンテ・スウィング、ミスター・ダルヴィンのオリジナル・メンバーが全員揃うなんて夢のようですね。

missy-elliot-lil-kim-billboard-650そして、ミッシーとリル・キムとのカップリング、「Not Tonight」もライヴで観ることができます。ほかにも出演が予定されているのは、メィス、MCライト、ダブラット、トータルなど。トータルのメンバー、キーシャは俳優のオマー・エップスと結婚し芸能界から引退しているので今回は欠席、キーマとパムふたりでの参加です。

ほかにもたくさんのパフォーマンスが予定されています。是非お見逃しのないように。

放映時間:11/30(日) 8pm BET

ちなみに、2014 年度Soul Train Awards候補者は以下のとおりです。

Best New Artist
August Alsina
Jhené Aiko
LiV Warfield
Mack Wilds
Nico & Vinz
Sevyn Streeter
Centric Certified Award
Avery Sunshine
Kelis
Leela James
Luke James
Robert Glasper
Best Gospel/Inspirational
“Help” – Erica Campbell feat. Lecrae
“I Can Only Imagine” – Tamela Mann
“No Greater Love” – Smokie Norful
“Real Love” – Inspired People feat. Charles Jenkins
“Say Yes” – Michelle Williams feat. Beyoncé & Kelly Rowland
“We Are Victorious” – Donnie McClurkin feat. Tye Tribbett
Best Hip-Hop Song of the Year
“Fancy” – Iggy Azalea feat. Charli XCX
“Hold On (We’re Going Home)” – Drake feat. Majid Jordan
“Loyal” – Chris Brown feat. Lil Wayne & Tyga
“No Mediocre” – T.I. feat. Iggy Azalea
“Pills N Potions” – Nicki Minaj
“Studio” – ScHoolboy Q feat. BJ the Chicago Kid
Best R&B/Soul Female Artist
Beyoncé
Janelle Monaé
Jennifer Hudson
Jhené Aiko
Marsha Ambrosius
Ledisi
Best R&B/Soul Male Artist
Chris Brown
John Legend
Kem
Pharrell Williams
Tank
Trey Songz
Album of the Year
Beyoncé – Beyoncé
G I R L – Pharrell Williams
Love in the Future – John Legend
Nothing Was the Same – Drake
The Electric Lady – Janelle Monaé
Xscape – Michael Jackson
Song of the Year
“All of Me” – John Legend
“Drunk in Love” – Beyoncé feat. Jay Z
“Happy” – Pharrell Williams
“Hold On (We’re Going Home)” – Drake feat. Majid Jordan
“Love Never Felt So Good” – Michael Jackson feat. Justin Timberlake
“Loyal” – Chris Brown feat. Lil Wayne and Tyga
The Ashford and Simpson Songwriter’s Award
“All of Me” – John Legend (Toby Gad, John Stephens, Dave Tozer)
“Happy” – Pharrell Williams (Pharrell Williams)
“Pretty Hurts” – Beyoncé (Joshua Coleman, Sia Fuller, Beyoncé Knowles)
“Stay With Me” – Sam Smith (Steve Fitzmaurice, James Napier, William Phillips, Sam Smith)
“The Man” – Aloe Blacc (Khalil Abdul-Rahman, Sam Barsh, Aloe Blacc, Elton John, Daniel Seeff, Bernie Taupin)
“The Worst” – Jhené Aiko (Jhené Aiko Chilombo, Mac Robinson, Brian Warfield)
Best Dance Performance
“2 On” – Tinashe feat. ScHoolboy Q
“Electric Lady” – Janelle Monáe
“Good Kisser” – Usher
“Loyal” – Chris Brown feat. Lil Wayne & Tyga
“Talk Dirty” – Jason Derulo feat. 2 Chainz
“Turn Down for What” – DJ Snake & Lil Jon
Best Collaboration
Chris Brown feat. Lil Wayne & Tyga – “Loyal”
Chris Brown feat. Usher & Rick Ross – “New Flame”
Janelle Monaé feat. Miguel – “Primetime”
Michael Jackson & Justin Timberlake – “Love Never Felt So Good”
Robert Glasper feat. Jill Scott – “Calls”
Toni Braxton & Babyface – “Hurt You”
Video of the Year
“Drunk in Love” – Beyoncé feat. Jay Z (Hype Williams)
“Good Kisser” – Usher (Christopher Sims)
“Happy” – Pharrell Williams (We are from L.A.)
“New Flame” – Chris Brown feat. Usher (Breezy & Mike Ho)
“The Man” – Aloe Blacc (Matty Barnes)
“The Worst” – Jhené Aiko (Danny Williams)
Best International Performance 
Davido – “Aye”
Machel Montano – “Ministry of Road (M.O.R.)”
Nico & Vinz – “Am I Wrong”
Sam Smith – “Stay With Me”
Shaggy feat. Ne-Yo – “You Girl”
Ziggy Marley – “I Don’t Want to Live on Mars”
Best Traditional Jazz Performance
Audra McDonald – “What a Little Moonlight Can Do”
Gregory Porter – “Hey Laura”
Kenny Garrett – “Pushing the World Away”
Monty Alexander – “Concierto de Aranjuez”
Wynton Marsalis – “Flee as A Bird to the Mountain (Live)”
Best Contemporary Jazz Performance
Liv Warfield – “Stay – ‘Soul Lifted’”
Najee feat. Meli’sa Morgan – “In the Mood to Take It Slow”
Robert Glasper feat. Jill Scott – “Calls”
Snarky Puppy – “Lingus (We Like It Here)”
Terrace Martin feat. Robert Glasper – “It’s Yours”
Vandell Andrew – “Let’s Ride”
Best Independent R&B/Soul Performance
Joe feat. Kelly Rowland – “Love & Sex Pt. 2″
Kelly Price – “It’s My Time”
LiV Warfield – “Why Do You Lie?”
Sebastian Mikael feat. Wale – “Last Night”
Shaliek – “The Past”
Terrace Martin feat. T$,, Tone Trezure – “You’re the One”

2013年BET大賞:本日これから生中継!

BKUU41kCcAE1JvK

Chris Brown & Charlie Wilson

READ IN ENGLISH

2013BET大賞:本日これから生中継

6月30日(日曜日)8時、BET Awardsがロスアンジェルスの「ステープル・センタ−」より生中継で放映されます。今年の最多ノミネーションはドレイクの12部門。他にも2チェーンズ、ケンドリック・ラマーが8部門ノミネートを獲得、リアーナもベスト・フィーメール・アーティストなどの3部門の候補にあがっています。

Rihanna BET Awards 2013

Rihanna

drake-leads-2013-bet-awards-nominees

T.I.ロビン・シック、ジャスティン・ティンバーレーク

パフォーマンスも満載です。ジャネール・モネイ、南部ヒップホップのキング、T.I.そして、久々の大ヒット「Blurr The Lines」で注目を浴びている白人R&Bシンガー、ロビン・シック、6年振りにアルバムを発表して絶好調のやはり白人R&Bシンガー、ジャスティン・ティンバーレークが最新ヒットを披露してくれます。もちろんノミネートされているコンプトン出身のユニークなヒップホップ・アーティスト、ケンドリック・ラマーも楽しいステージを見せてくれそう。

kendrick-lamar-bet-awards-2013-press-conference-01

Kendrick Lamar

犬からライオンに昇格したスヌープ‘ライオン’ドッグも出演します。アトランタのプリンセス、シアラもこの日のために特別リハーサルをしたとか。楽しみです。

これまで各賞を総なめにしてき歌姫のマライア嬢も健在、素晴らしいパフォーマンスが期待できそう…….。

クリス・ブラウン、Rケリー

そして見逃せないのが、「バッド・ボーイ」のレッテルを貼られてしまったクリス・ブラウンです。実力で勝負、溢れる才能をステージいっぱいに発揮してくれることマチガイなし。R&B界のパイド・パイパーことRケリーも負けてはいません。昔のヒットと最新ヒットを取り混ぜたハイパーなショーを展開してくれそう。

chris-brown-bet-awards-press-conference-2013-the-jasmine-brand

Chris Brown

チャーリー・ウィルソン

今年の功労賞(ライフタイム・アチーブメント賞)はチャーリー・ウィルソンに授与されます。60歳になっても衰えるどころかますますソウルがはじけているアンクル・チャーリーのパワフルなパフォーマンス、見逃せません。

司会クリス・タッカー

chris-tucker-bet-awards-2013-press-conference-04

Chris Tucker

そして、司会のクリス・タッカーがどこまで盛り上げてくれるか………、2013年BET大賞は今夜8時から始まります!

候補アーティストのリストは以下。

http://www.mtv.com/news/articles/1707339/bet-awards-2013-nominations.jhtml