Tag Archives: キング牧師

市民権運動家ポール・ローブソン・ジュニア逝去Activist Paul Robeson Jr. Dies at 86

Paul Robeson Jr.

Paul Robeson Jr.

READ IN ENGLISH

市民権運動家、著者として活躍したポール・ローブソン・ジュニアが先週の土曜日に逝去しました。86歳でした。

実はポール・ローブソン・ジュニアを語る時に欠かせないのは彼のお父さん、市民権運動の指導者として黒人たちの人権擁護のために果敢に闘った偉大な運動家であり、俳優、歌手でもあったポール・ローブソン・シニアです。なぜなら息子のポール・ジュニアは、お父さんの功績を次の世代へ伝えるために、生涯を捧げたと言ってもいいくらいだからです。

Paul Robeson in 1930's

Paul Robeson in 1930’s

ということで、まずお父さんのポール・ローブソン・シニアについて。

続きを読む

キング牧師の夢から50年!

Martin Luther King Jr. in 1963

Martin Luther King Jr. in 1963

50th Anniversary Of The March On Washington

キング牧師50周年記念マーチ

Read in English

March on Washington

March on Washington

月28日は、あのマーティン・ルーサー・キング Jr.牧師の有名な「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」スピーチの50周年記念日、ワシントンDCで大々的なマーチが行われ、オバマ大統領がスピーチしました。

President Obama 2013

President Obama 2013

「50前、キング牧師がこの場所で演説した’夢‘の一部は叶ったと思う。が、しかし、まだまだ黒人と白人との収入や失業率は著しく差があり、キング牧師の理想にはほど遠い……。課題はたくさんあるが、あの当時から比べるて大きく進歩したことには間違いはない。」とプレジデント・オバマが熱弁しました。

オバマ・スピーチを聞く

March on Washington 1963

March on Washington 1963

今では1963年のワシントン・マーチはキング牧師が率先して企画した運動のように報道されていますが、これは黒人公民権運動の一環、「平等の権利、生活向上」を掲げた集会で、けっしてキング牧師がスピーチするためだけのイベントではありませんでした。キング牧師のほか、スピーカーはロイ・ウィルキンス(NAACP会長)、フィリップ・ランドルフ(ニグロ労働組合団長)などが黒人社会の不平等をなくすために闘おうと訴えました。

Charlton Heston, James Baldwin & Marlon Brando in 1963

Charlton Heston, James Baldwin & Marlon Brando in 1963

有名人のハリー・ベラフォンテ、ジェームズ・ボールドウィン、白人俳優のマーロン・ブランド、チャールトン・ヘストンなどもサポートに駆けつけています。面白いことに、この集会には、キング牧師と犬猿の仲とされていたマルコムXも参加していました。その事情など興味ある方は自伝「マルコムx」を読んでみてください。

Martin & Malcolm

Martin & Malcolm

伊藤弥住子

[Black History Month]Malcolm X – El_Hajj Malik El-Shabazz マルコムXを殺した真犯人

Malcolm X at NYC Rally in 1964

Malcolm X at NYC Rally in 1964

READ IN ENGLISH

黒人の歴史月間に寄せて
“マルコムXを殺した真犯人”

Malcolm X – El_Hajj Malik El-Shabazz
(1925年5月19日生まれ、1965年2月21日逝去)

アメリカのブラック・コミュニティーではマルコムXは英雄として多くの人たちから尊敬されています。

Malcolm X - By Any Means Necessary

Malcolm X – By Any Means Necessary

特に、ヒップホップ世代の若者たちからは、「薬物取引、窃盗などの犯罪で逮捕され服役……..ゲトーならどこにでもいるようなチンピラだった男がイスラムの教えに目覚め、黒人社会のために命を賭けて闘ったヒーロー」と讃えられています。

マルコムがライフル銃を構えて窓から外を窺っている有名な写真を KRSワンが真似たアルバム・カバー (By All Means Necessary) はよく知られていますが、他にも多くのラッパーがマルコムX語録を歌詞に取り入れています。

BDP - KRS One - By All Means Necessary

BDP – KRS One – By All Means Necessary

ボクシング界のチャンピオン、モハメド・アリやゴスペルからソウルに転向したサム・クックなどエンターティンメント業界のスターたちと親交があったこともマルコムXが現代でも若い人たちから支持されている大きな理由かも知れません。

え、マルコムXって誰?という方のために以下、簡単な年表を作ってみました。

マルコム X 年表

1925 5月 19日、ネブラスカ州のオマハに生まれる。
1931 小学校入学。父、アール・リトル、市電に轢かれ死亡。Ku Klux Klanによる犯行か…..。
1938 ミシガン州ランシングに移転、中学校に入学。
1939 母、ルイーズ・リトル、カラマズーの精神病院入院。マルコム施設を点々とする。
1941 腹違いの姉、エラをたよってボストンに移転

1943 ニューヨークのハーレムに引っ越し、「スモールズ・パラダイス」のウェイターとして働く。招集命令を拒絶。デトロイト・レッドを名乗る。窃盗、強盗をはたらきギャング/ピンプとしての堕落した生活を送る。
1946 窃盗/拳銃所持の罪で逮捕され8—10年の求刑を言い渡される。チャールスタウン刑務所に服役。読書に没頭するようになる。

1947 服役中、家族(兄たち)に啓蒙され、ネイション・オブ・イスラム教団に興味を持つ。指導者イライジャ・モハメドより手紙をうけとり入信を決意。
1952 6年の刑期を務め出所。教団の本部のあるシカゴにイライジャ・モハメドを訪ね、マルコムXの名を授かる。
1954 ニューヨークのハーレムにある教団のテンプル#7の責任者に命名される。

1958 ベティ・サンダース(のちのベティ・シャバーズ)と結婚。11月に長女、アタラー (Attallah)誕生。
1962 イライジャ・モハメドの教団モスリム少女姦通疑惑浮上。

1963 ワシントンDCのマーチに参加キング牧師の有名な「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」スピーチを聞く。ケネディ大統領暗殺事件について「自分がまいた種、内部の犯行。」発言が物議を醸し、教団より謹慎処分を受ける。
1964 アレックス・ヘイリー「マルコムX自叙伝」の執筆準備を始める。ネイション・オブ・イスラムを脱退。新しい組織、アフロ・アメリカン統一機構を設立。キング牧師と面談。メッカ巡礼の旅に出る。

1965 2月14日明け方自宅を爆破されたが、命は取りとめる。2月21日、オーデュボン・ボールルームでの集会でスピーチを始めた直後撃たれ死亡。
###

Boy Malcolm

Boy Malcolm

黒人の歴史月間に寄せて〜”マルコムXを殺した真犯人”
父、アール・リトル惨殺

マルコムがまだ6歳の時、牧師で、マーカス・ガーヴィーのアフリカ回帰運動に触発され黒人の権利を主張した父親、アール・リトルが白人至上主義団体(ク・クラックス・クラン)に殺害されました。殴る蹴るの暴行をうけたあげく、路面電車の線路に置き去りにされ、電車に轢かれるという残虐な死でした。幼いマルコム少年はこの事件を機に黒人差別に対する憤りを意識するようになったようです。その反発か、マルコムは非行の道へ走ります。腹違いの姉を頼ってミシガンの田舎から大都会のボストンへ上京します。そこで盗みや薬物売買といった悪事を重ね、ニューヨークのハーレムとボストンでハスラー生活の後、とうとう逮捕され刑務所に送られます。そこからマルコムXの本当の人生が始まりました。

Malcolm Little a.k.a. Detroit Red

Malcolm Little a.k.a. Detroit Red

ネイション・オブ・イスラムとの出会い

服役中に、ネイション・オブ・イズラム(NOI)という新しいブラック・ムスレム教団の存在を知り入信、指導者のイライジャ・モハメドよりそのカリスマ性をかわれ、ハーレムのテンプル#7の責任者に任命されるまでになりました。

ネイション・オブ・イズラムはイスラム教を踏襲していると謳っていますが、実際は「元祖、神は黒人であり、白人は悪魔である。」という黒人至上主義を推進した団体だったようです。指導者、イライジャ・モハメドは、「白人は悪魔。自分たちは白人に搾取されず、黒人の統一、権利向上を目指す。」とブラック・コミュニティーでの布教活動を展開していきました。「諸悪の根源は白人にある。」という過激な教えは、白人社会で搾取されることに嫌気をさしていた多くの黒人たちの賛同を得て、ゲトー・コミュニティーの間で瞬く間に広まりました。

Elijah Muhammad and Malcolm X

Elijah Muhammad and Malcolm X

偽善者、イライジャ・モハメド

マルコムXは、イライジャ・モハメドの忠実な部下として12年間その人生を捧げてきましたが、ある時、イライジャが自分の回りに侍らせているティーンの女性メンバーとの間に子供をたくさん作っているという噂を聞きます。教団の掟では、不倫、姦淫は禁止されています。モスリムは酒、タバコ、薬物のみならず、いかなる賭け事、エンターティンメントも禁止されているのです。噂が事実なのか確かめるため、マルコムは教団の本部のあるシカゴを訪ね、実際にイライジャの妾だと言うシスターに会って話を聞きました。なんと、イライジャには妻との子供のほか、ネイション・オブ・イスラムに所属するティーンのシスター6人に生ませた子供が合計8人もいることが発覚したのです。聖なる神のメッセンジャーであるはずのは単なる好色じじぃだったのだろうか…….。12年間忠誠を尽くしてきた自分はいったい何だったのだろう……..。

Martin & Malcolm

Martin & Malcolm

時を同じくして、ジョンFケネディ大統領が暗殺されます。プレスに囲まれたマルコム、「大統領暗殺についてのコメントを。」と求められ、「起こるべくして起きた事件、内部の仕業なのは明白だ。」と答えます。翌日、そのコメントが新聞の一面を飾りました。それを知ったイライジャは、マルコムを90日間活動停止という謹慎処分にしました。イライジャのナンバー1の子分だったマルコムXの面目丸つぶれです。その時、やっとマルコムは「これは罠だ。」と気がついたのです。

もう後戻りはできません。マルコムは、イライジャと袂を分かつ決断をします。1964年3月、マルコムXは12年間信仰してきたイライジャ・モハメドのネイション・オブ.イスラムを脱退し、宗教を母体としない人権の平等を謳った組織、「アフロ・アメリカン統一機構」を立ち上げました。

Malcolm X Speaking

Malcolm X Speaking

誰がマルコムXを殺したのか……..?

マルコムXは自分が暗殺されることを予知していました。「自分は長くは生きられない。今、こうして生きているのだって奇跡なくらいだ。」と取材でもコメントしていました。マルコムX自身、彼の暗殺を企んでいたのは教団で、さらに手を下すよう命令されていたメンバー5人の名前をすでに知っていたと言います。1965年2月21日、166丁目にあるオーデュボン・ボールルームでスピーチを始めようとしたマルコムめがけ一斉に銃弾が浴びせられました。即死でした。

警察は、マルコムを破門処分した教団、ネイション・オブ・イスラムのメンバー3人を逮捕したと発表しました。死が近づいているのを知っていたマルコムXは、「自分はムスリムの手によって殺されるだろう。でも裏で糸を引いているのはアメリカ政府だ。」と確信していました。ジョンFケネディが処分されたように、自分も、そしてキング牧師もアメリカ政府によって抹殺されるだろうと予測していたのです。

マルコムX暗殺の3人の容疑者はみな刑務所送りになりました。(一説によると、FBI特別措置で週のうち5日間は自宅謹慎、2日間のみ刑務所で過ごすというV.I.P.待遇だったとか……。)良心の呵責に耐えかねた犯人の一人タルマッジ・ヘィヤーは獄中でのインタビューで真犯人を告白しました。それによると、当初逮捕されて20年以上もお務めを果たしたノーマン・バトラー、トーマス・ジョンソンは無実で、教団のメンバー、ウィルバー・ミッキンリー、リオン・ディヴィッド、ウィリアム・ブラッドリーが真犯人だという。

さらに詳しい真相を知りたい人は、ドキュメンタリー「By Whatever Means Necessary」を参照して下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=TGzkFVNyvH0

(伊藤弥住子)

Martin Luther King, Jr. Day キング牧師デー

Dr. King March

Dr. King March

READ IN ENGLISH

Martin Luther King, Jr. Day キング牧師デー

マーティン・ルーサー・キングJr.は英雄か?

アメリカ合衆国では、毎年1月の第3週月曜日はマーティン・ルーサー・キング牧師の誕生日を祝う祝日に定められています。州によってはヒューマン・ライツ・デーと呼ばれているところもあります。広島でもこの日はノーベル平和賞を授与されたキング牧師に敬意を表して祝日として祝う、という話も聞いたことがありますが本当でしょうか。日本の場合は一都市だけ祝日というのはあまり聞いたことがないのですが…….。

アメリカ公民権運動の指導者として人権の平等を唱え、政府の弾圧と闘ったキング牧師の貢献はよく知られています。ハーレムはもちろん、黒人コミュニティーでは学校や道路、公民館などにキング牧師にちなんだ名前がつけられ、彼を英雄として讃えています。

キング牧師は、今も学校の教科書に書かれているような、非暴力主義を貫いた平和主義運動の英雄なのでしょうか。

Paul Robeson at the Peace Arch, 1952

Paul Robeson at the Peace Arch, 1952

George Schuyler

George Schuyler

1964年にノーベル平和賞がキング牧師に授与されました。この決定に真っ向から異議を唱えた作家がいました。「ピッツバーグ・クーリエー」という印刷物を刊行していたジョージ・スカイラー(George Schuyler)です。「ドクター・キングが世界平和のためにしたことといえば、全米を渡り歩いて頭の弱い人たちにクリスチャンの教えを広めて伝染病のように感染させたことくらい。しかも、レクチャー演説という名目で不当な金額の報酬をふんだくっている。」と声明を発表しようとしたのですが、あまりに過激な内容だったのでオーナーからストップがかかりました。キング牧師批判が原因でスカイラーは文壇から姿を消し、彼の過去の作品も市場からほとんど抹殺されてしまいました。

Harriet Tubman - Conductor of the Underground Railroad

Harriet Tubman – Conductor of the Underground Railroad

90年代になってスカイラーの代表作、「Black No More (邦題:もう黒くない)」、「Black Empire(邦題:黒人帝国)」がリイシューされました。「Black No More」は黒人からみたアメリカを風刺した小説です。‘白人社会における黒人たちの問題は黒人がいなくなることにより解決できるはず……..、’おりしもドイツで新しい医学の開発を研究してハーレムに戻ってきた某ドクターの新発明により、化学療法によって黒人を白人にすることが可能になり、アメリカ中の黒人がこの治療を受け白人になってしまう、というサイエンス・フィクション。登場人物も一読してそれとわかる史実の著名人ばかりで、パロディー小説としても面白い作品に仕上がっています。ブラック・コミュニティーの偽善、欺瞞、矛盾と正面から取り組んだ作品を多く発表した著者がキング牧師の業績に異論を唱えたのはなぜなのか、とても気になるところです。

Stokely Carmichael - Black Power Movement

Stokely Carmichael – Black Power Movement

Civil Rights Day

スカイラー以外にもキング牧師に批判的な人たちもいるようですが、キング牧師が人種差別反対を叫び、公民権運動のリーダーとして大きな貢献をしたことは歴史的にも明らかです。ただ、キング牧師以外にもアメリカ社会での黒人の地位向上のために闘ってきた人たちがたくさんいることも忘れてはいけないと思います。ジェームズ・ボールドウィン(作家)、ストークリー・カーマイケル(公民権運動家)、アンジェラ・ディヴィス(ブラック・パンサー運動家)ロレイン・ハンズベリー(脚本家/作家)、ハリエット・タブマン(奴隷解放運動家)、ジェームズ・ブラウン(ミュージシャン)、ポール・ローブソン(歌手/俳優)などは若いヒップホップ世代の人たちにもよく知られています。キング・デーは、そうした同じ目的のために闘ってきた多くの活動家たちの功績をいまいちど振り返るよい機会ではないかと思います。

伊藤弥住子