Tag Archives: Грэйс Джонс

ローリン・ヒルが!!グレース・ジョーンズが!!アフロパンク・フェスト突撃レポートAfropunk Fest Special Report

Erina 27
Read in English

今や世界的に注目されているブラック中心の音楽フェスティヴァル、「アフロパンク・フェスト」、なんと今年11年目を迎えたのだそう。もともと約100人くらいのインディーの小規模なフリー・イベントとして始まりましたが、出演者だけでなく観客もユニークな人ばかりで一躍大人気のコンサートへと発展、今年の総合入場客の数は60,000人を超えたとか……。ディアンジェロを招いたことがきっかけとなり、フェスの評判はうなぎ昇り、今年はローリン・ヒル、グレース・ジョーンズ、レニー・クラヴィッツなど有名アーティストをもブッキング、今回から有料フェスとなりました。8月22日と23日に開催されたコンサート、さっそく、H2Nの突撃レポーター、絵里奈ちゃんにレポートをしてもらいました。

Reported by: Erina

ブルックリンのCommodore Barry Park 到着後、1時間半の行列を経て会場へ。

Erina 17今回のセキュリティーは、おもろい兄ちゃん、笑顔満面、冗談とばしてみんなを笑わせ和やかな雰囲気。ブルックリンだなぁ~。会場に入ると、すんごい人!!!!(今年は入場者数史上最高。)

Erina 39ステージは3つあり、出演アーティストは別々のステージでギグ同時進行とのこと。え~、まぢ~、みんな見れないじゃんか~。という訳で、目当てをヘッドライナーのローリン・ヒルとグレース・ジョーンズに絞ることに。

Erina 4
アーティストの出演までの間、とりあえず水分(ビール)とフードの調達に走る。ちなみにフードはブルックリンのカフェ・ハバナも出店していて、なかなか充実していた。私はここのやきトウモロコシを食べた。

Erina 3

メイン・ステージの後ろの方にはかわいくてクールなお店達がビッチリ!ペイントができたり、盛りだくさん。フェスといえば食べ物やグッズ販売しかないイメージだったけど、こんなにかわいいアクセサリー達に出会えるなんて、AFROPUNKサイコ〜♡思わず時間を忘れて手に取り見入ってしまった。

Erina 10Erina 11Erina 6

ローリンのギグがそろそろ始まるのでステージに向かう。が、時すでに遅し……。人混みに潜り込むもすぐに身動きが取れなくなる。前が見えない。登場までの間、DJがオーディエンスを盛り上げる。

Erina 34左右前後のみんな、偶然すし詰め状態のご近所さんになったわけだが、みんなむちゃくちゃフレンドリ〜。身動きが取れないにも関わらず、前へ行ったり横切る人がいる。でもみんな、嫌な顔1つせず、「OK〜ここ通りな。」とか「どうぞ〜」と道を作ろうとしてあげてる。なんてみんな優しいの!!みんな冗談言いあって笑ってる。ノリがよくて、あったかくて、笑顔でハッピィ!生まれて初めて人混みの中で楽しめた経験だった。

Erina 30会場には、思い思いのファッションやメイクをして堂々と自分を表現する人、友達、家族、カップル、同性同士のカップル、中性的な人、子どもから大人、1人で来て楽しむ人…….、がいた。みんながいてこのフェスが色づいているのだと強く感じた。

Lauryn Hill - afropunk-festival-2015-42
そんな事を考えている間にローリン・ヒル出番の時間が…….!みんな大興奮!以外と早く(約1時間遅れ)登場したので内心ホッとする私(笑)ギターを抱えて現れたミス・ローリン・ヒル、2014年のNYツアーの時と同様アコースティック・スタイルだった。みんな大好き ”Doo Wop (That Thing)” でローリンの世界へオーディエンスを巻き込む!みんななんだかんだ言ってもローリン大好き。私はもっと好きだけど〜。

Erina 22

日が沈み、会場は夜のAFROPUNK へ。

グレース・ジョーンズまでの間一息つこうとステージから離れ、会場の真ん中へ向かう。そこからステージを眺めると…うわあ〜と思わず声が漏れる。写真では伝わりきれないのが悔しい。みいんなとシェアしたいくらいきれいな景色が広がる。

左上には月が輝き、後ろのビルディングの灯りが更に会場を演出。涼しいそよ風を感じ、芝生でくつろぐ人々。こんな心地の良いフェスの夜は初めて……..。

いよいよトリを務めるグレース・ジョーンズのお出ましの時間が近づいてきた。最後の力を絞り 、すし詰めの人の中に無理やり身を押し込む。もう限界……..、と行き着いたのは、オーディエンスの真ん中の通路の横。足場も悪く、何とか隙間からステージを覗く。

Erina 23私がグレースを知ったのはファッション誌でみたこの写真。

鬼才アンディー・ウォーホルのミューズであり、ファッション、アート、音楽、全てに革命を起こした人物、ということを知った。ただ、彼女のLIVEを観るのは初めて………。

そして前日に知った事実。67歳………………。うそでしょ?

きっと歌メインで、「大御所ですわよっ」という感じで見せるんだろうな、と思っていた。

曲のイントロがはじまり、会場が興奮の坩堝に……….。ステージの幕が落ちた瞬間、暗闇の中に光が射し、そこにツノの生えたギラリと光る仮面をつけステージに君臨。

出たーーーーーー!!!!

会場は一気に興奮の渦!

grace jones afropunkfashion-4妖艶で怪しい………..、なんとも不思議な世界へ引き込まれるような感覚。スレンダーで背が高く、全身にペイントが施され、筋肉質で異様な存在感……..。彼女のファンの方はよくご存知のことと思うが、次から次へと衣装が替わり、観客を飽きさせない!そして激しい動き!

年齢を思いだし、まさか、と目を疑う連続……..。いや、この人はきっと人間じゃない。地球外から来たスーパー・ウーマンだ。

grace_jones_078そしてよく見ると、ポロポロおっぱいが揺れる。え????トップレスぢゃん!クールすぎるグレース!いやグレース女王!

Erina 28Erina 26
彼女のLIVEにしばし没頭、と、目の前をローリンと関係者達が通過………、控え室用にしつらえたテントで待機していた彼女の子どもたちと合流。グレース姫のパフォーマンスを鑑賞している。わぉぉぉ!たまたま私がいた所が、関係者用テントとすごく近かったことが判明。

Erina 24
グレースのパフォーマンスと、ローリンのどちらを見てよいのやら………、テントの中とステージを交互に見る私。

そうこうしているうちに、グレースはシルバーのロングヘアに変身、何とその通路まで男性にまたがりやって来た!それも、至近距離……..!なんてラッキーな。

近くで見ると凄い迫力!鍛えあげられた肉体美。おっぱいの上までビッチリ塗られたペイント。舌を出し挑発する彼女。

Erina 25ぶっとんでる!

そしてラストの曲「Slave To The Rhythm」で彼女は突然フラフープを回し始めた。(ファンの方にはお馴染み)既に、年齢の固定概念を壊されていた私。

grace-jones-in-a-hula-hoop-at-afropunk-concert-in-new-york-cityしかし知らなかった。彼女が一向にフラフープをやめないことを。そのまま歌い続ける。ほぉ!くるりと周り、リズムに乗り踊る。すげえ!歌い終わると今度はバンド・メンバーの紹介をする。まだフラフープを回している…………。何なの?この人!!

ライブの終盤、テントに待機していた関係者達がゾロゾロとステージ側に向かい通路を通っていく。うそ……..、まさか…….?ローリンもやって来る…。そして、私の目の前に来る!え、心の準備してないよ!!

「ローリン!I love you !」思わず叫ぶ私。すると彼女は振り返り、私の目をじっと見て、低いハスキーボイスで、「Thank you」と、手を差し伸べてくれた!私は利き手に携帯を握っていたので左手を差し出す。彼女と握手できたのは私の指3本。

「ありがとう!本当にありがとう!」我を忘れてと叫ぶ私…….。ハハッと笑うミス・ローリン。

夢、叶っちゃった……..、どうしよ………。どうしよー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

日本にいた時からずっと憧れていたローリンと目が会う時がくるなんて!そして握手できるなんて!ちょっとしか触れなかったからカサッとしてた!

忘れない!

カサッとした感触!

Erina 18

今回すべてのアーティストは見れなかったけど、とても感動の詰まったフェス、たぶん一生忘れない。AFROPUNK、マイ・ラヴ!

 

(完)

 

Advertisements

AFROPUNK Madness!!!!

Erina 24
日本語

Having started out as a free, small-scale music festival in 2003, Afropunk has grown into a conduit for black activism and community action. From that initial output, the little black punk festival that could has grown from 100 attendees to 60,000. One of the organizer’s established relationships with brands and big-name artists, such as last year’s headliner, D’Angelo, helped boost the festival’s profil and attendance. This year’s two-day outdoor festival, the 11th, boasts that same high-caliber bang, with headliners Grace Jones, Lauryn Hill, Lenny Kravitz and Kelis, but for the first time it will cost to get in.

Erina 32

Erina 38Harlem2Nippon’s self-proclaimed fearless reporter, Erina shared her Aropunk experience.

Erina 34We Can All Get Along

Reported by Erina

The Event: Afropunk Fest

The Dates: August 21 to 23, 2015

The Dig:    Commodore Barry Park in Brooklyn, New York

Erina 30If there is any music festival where black men, women, boys and girls can be their carefree, cool and creative selves, it’s at AFROPUNK Fest. You can find a wide assortment of skin tones, hairdos, makeup, body jewelry and clothing styles.

Erina 33When I reached the Commodore Barry Park the line was stretched a block from the general admissions entrance and it took me an hour and half to get in. Fortunately while we were waiting a friendly young security guy kept us laughing with his jokes.

Erina 4Once inside I was trying to figure out which one was the main stage (there were 3 stages). No event maps or instructions were handed out…….. On the first day, the main stage — a.k.a. the green stage — was set for girl power with acts ranging from newcomers Lion Babe to Grace Jones, a headliner, so I was told later. OK, first things first, I have to quench my thirst. Yes, beer sounds good. Then I got a chance to walk around. When it comes to food, there were plenty of options, from Indian to Belgian, but what caught my eyes was Café Habana from Brooklyn. I got myself this baked corn.

Erina 3

I looked around. So many people……. The vibe was so friendly and laid back. Very chill and a sense of togetherness.  Yes, it’s the people. The energy of the people throughout the event is so positive. It was my first time I felt so good among ocean of the people, talk to someone you never thought you would, and leave with the sense that you were just a part of something that really mattered.

Lauryn Hill - afropunk-festival-2015-42I waited faithfully for Ms. Lauryn Hill to grace the stage at Afropunk, and when she finally arrived I felt like the wait was rather short, even though it was almost an hour later than scheduled. Darkness had set over Brooklyn by the time the legendary rapper sat centerstage, guitar in hand. Her set was totally acoustic just like her NY Tour in 2014.

She moved through tracks from her Unplugged album. Us fans anticipated hearing cuts from The Miseducation of Lauryn Hill, and she didn’t disappoint us singing my favorite “Doo Wop (That thing).” Everybody seemed to love Lauryn and I’m the biggest fan.

It was so beautiful and peaceful after dark and tall skyscrapers in the backdrop. Quite impressive.

Erina 23I first came to notice Grace Jones from a famous photo in the fashion magazine. All I know about her back then was that she was Andy Warhol’s muse and she revolutionized everything in fashion, in music and in art. But I have never seen her live performance until now.

One thing I found out yesterday was that she was 67! For real??

By the time Grace Jones were to perform, the crowd situation created a level of mayhem like none other. I was squeezed in to the passage connected to the stage. I can’t move………

grace jones afropunkfashion-4Maybe she would act like a diva just standing and sing…….. so I thought. “Ladies and gentlemen, Ms. Grace Jones,” said a robotic voice over as she appeared atop an elevated stage dressed in a billowing black cloak and a gold metal skull mask with a halo of pointy sun rays encircling it.

Then SHE came!!!! She came out!!

With fabulous costume changes — as unique as they could get — and fearless energy, Ms. Jones is one of the most vibrant performers you can ever see live.

Clad in white and black body paint, she also wore a hooded skeleton mask head dress as she showed out for the crowd.

grace_jones_078It was so socking that I couldn’t believe my eyes!! At age 67. Still topless…..!!!!

I don’t think she is human. Maybe she is a superwoman came from the outerspace.

Erina 27I was blown away by Queen Grace’s over-the-top live show then the group of people passed me by. What…….? Lauryn Hill and her entourage proceeded to V.I.P. tent designated for main performers. She joined her kids waiting there. I was happened to be by the passage to VIP Tent!! Lucky me!!!

Erina 28Erina 26I really can’t focus either Lauryn or Ms. Grace. I was looking at both back and forth. While I was distracted Grace suddenly appeared from a close range. She was wearing a silver sparkling wig riding on a man! I could see her shinning breast with white body paint.

grace-jones-in-a-hula-hoop-at-afropunk-concert-in-new-york-cityMs. Grace started to twirl a Hula Hoop as she launched into her smash hit song “Slave To The Rhythm.” Her longtime fans might be familiar with her act that once she started she won’t stop!! To my surprise she didn’t stop spinning her Hula Hoop until the end of her song. Where did she come from………???

Damn, I haven’t seen anything like this before!!

Then, something unthinkable happened. After the show, Ms. Hill walked towards me with her family. I couldn’t help but screamed “Lauryn, I love you!” She heard me and turned around and her raspy voice said, “Thank you,” and she reached out for me and shook my hand!!!

Erina 22Never in a million years did I dream that my favorite Lauryn Hill would shake my hand……!! My dream came true!!!! It felt flaky when she touched my hand just because it happened so quickly. I wasn’t prepared.

Thank you, Lauryn.

Erina 18The best part of my Afropunk experience was that I walked away feeling like I had learned something and seen something through an entirely new perspective.

I will cherish this precious memory till the day I die.