スパイク・リー監督の映画「BlacKkKlansman」カンヌ映画祭で絶賛!Spike Lee’s “BlacKkKlansman” Wins the Grand Prize of Cannes Film Festival


このところ振るわなかったスパイク・リー監督、久々の新作、「ブラック・クランズマン」がカンヌ映画祭で大絶賛され話題になっています。


今年8月に公開予定の「ブラック・クランズマン」は元警察官、黒人のロン・ストールワースが白人至上主義秘密結社、KKKのメンバーになりすましスパイ活動をしたという実話に基づいた物語です。主役を演じているのは、あの名優、デンゼル・ワシントンの息子ジョン・ディヴィド・ワシントン。

コロラド・スプリングの警察官だったロン・ストールワースは、ルイジアナ州を基盤に広がっていたネオナチ秘密結社、KKK (Knights of Ku Klux Klan) のメンバー募集という新聞広告に興味を持ちます。遊び心から、広告に載っていた私書箱宛てに手紙を書きます。コロラド・スプリング警察署で初めて採用された、たった一人の黒人警官ロンは、白人を装って、「ニガーやメキシカン、チャイニーズ等をのさばらしておく訳にはいかない。オレたち白人の国を取り戻そう。」と、現在のトランプ大統領まがいの人種差別メッセージを書いて投函しました。今から40年前の1978年のことでした。冗談のつもりだったのが、一週間ほど経って、彼が連絡先として残した職場のホットラインに電話がかかってきてしまいます。「KKKの者だが……..。」


まさか本気にされると思わず、ロンは自分の本名で手紙を出してしまったことを後悔します。電話の相手に向かって、「オレはニガーにゃ嫌気がさしている。うちの妹のボーイフレンドっていうのがニガーなんだ。あいつの黒い肌が妹の白い肌に触れるたびにオレは背筋がぞっとする……..。あいつ等を撲滅しないといけない。」ロンの白人至上主義な態度に満足したKKK会員は、「素晴らしい。君こそ我々が求めていた人材だ。新しく立ち上げるコロラド・スプリング支部の支部長になって欲しい。ついてはミーティングしたい。」と、話しはとんとん拍子に進みます。問題は、ロン・ストールワースが黒人だということ。

署では、KKKの犯罪行為の調査しており、ロンにアンダーカバーとしてKKK内に入り込み、諜報活動をするよう提案されます。ミーティングには、同僚の白人警官をロンの身代わりに送り込むということでおとり作戦が開始されます。


ロン・ストールワースはこの時の体験を「Black Klansman」というタイトルの本にまとめ、2014年に出版しました。すぐに大手映画会社がその権利を買いましたが、映画化されずに契約が切れてしまいました。その後、何社か引き合いがあり、「ゲット・アウト」が大当たりしたジョーダン・ピールが第二作目としてこの作品の権利を取得しました。そして、監督にはスパイク・リーを抜擢、ジョーダンとスパイクの夢の共演が実現したのです。


ブラック・パンサー党の影響などもあり、ブラック・パワーとホワイト・パワーが炸裂した動乱の時代を描いた「ブラック・クランズマン」、ソウルフルな音楽を満載したエキサイティングな作品が期待できそう。公開はこの夏、8月10日。

伊藤 弥住子

*カンヌ映画祭の銀賞に当たるグランプリを受賞。最高賞のパルムドールは是枝監督の「万引き家族」

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s