Nas Opened Tribeca Film Festival ナズ&ドキュメンタリー映画トライベッカ映画祭のオープニングを飾る!

Time is Illmatic

Read In English

ニューヨーク、クイーンズ出身のラッパー、ナズのドキュメンタリー映画「Time Is Illmatic」が、ニューヨーク春の恒例イベント「トライベッカ映画祭」のこけら落とし作品に選ばれ、16日(水)ビーコン・シアターでスクリーニングとスペシャルパフォーマンスが開催された。

今年デビュー20周年を迎えるナズのデビューアルバム「Illmatic」はラップ史上に残る名作として今も売れ続けている。映画は高校中退したナズが、どのようにしてラップ界で最もインテリジェントでリスペクトされるラッパーに成長したのかが、当時の貴重な映像や写真などと共に描かれる。

トライベッカ映画祭は世界中から野心作、意欲作がエントリーされるが、911後のダウンタウンの街おこしを目標に12年前に始まったという経緯がある。主催者ロバート・デニーロは「この映画は私たちのホームタウン・ニューヨークに生まれた素晴らしいアーティストの誕生ドキュメンタリーだ。」と紹介。

スクリーニングと同時に行われたコンサートにはサプライズゲストとしてアリシア・キーズ(ドキュメンタリーにも出演)も登場しイベントを一層盛り上げた。

Nas Opened Tribeca Film Festival

Rapper Nas kicked off the Tribeca Film Festival with a documentary screening and special performance at New York City’s Beacon Theater.

Raised in Queens, New York, Nas went from eighth-grade dropout to one of hip-hop’s most respected and intelligent rappers. His landmark debut album “Illmatic” just turned 20 years old. The documentary “Time Is Illmatic” captures his life story with rare archival footage,family photos and interviews.

Tribeca became one of the world’s premiere film festivals since it started 12 year ago to revitalize the local economy damaged by 911.  Tribeca co-founder Robert De Niro introduced the film as not just about the making of an album, but “about the making of an artist here in our hometown.”

At the performance set, another New York native Alicia Keys made a surprise appearance and added even more hometown feel.

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s