Jamaican Jerk Festival Special Report ジャーク祭りレポート

READ IN ENGLISH below

ジャマイカン・ジャーク・フェスティヴァルに行ってきました。

今年はジャマイカ独立50周年ということもあり、正確な数字はまだ発表されていませんがたくさんの人たちが集まって大盛況でした。ロイ・ウィルキンス公園はジャーク・チキンを焼く煙が立ちこめ、人気のあるヴェンダーの前は長蛇の列……..。チキンだけだと10ドル、エスコヴィッチ・フィッシュのフライは12ドル、ライス&ビーンズのコンボは15ドル、焼きトウモロコシ1本5ドル……..と決して安いわけではないのに飛ぶように売れていました。

メイン・ステージでは爆音でレゲエ・アーティストがパフォーマンスをしていましたが、各ブースでもCDをガンガンかけたり、音楽があちこちから聴こえてきます。ジャマイカ人の他にもガイアナやバルバドス、いろいろな島の人たちがジャーク・フェスティヴァルを楽しんでいました。

以下、写真レポートをご覧下さい。

それにしても暑い一日でした…….。

伊藤弥住子

The second annual Grace Jamaican Jerk Festival at Roy Wilkins Park in Queens, New York
was a huge success attended by a large crowd enjoying the best of Jamaican jerk cuisine, music, and culture.

Sunday’s day-long, family friendly festival highlighted the spicy jerk seasonings from a variety of NYC-based
eateries, including Miss Lily’s and Spur Tree. Additional activities include celebrity chef cooking demonstrations
and a Kidz Zone featuring magicians and amusement park rides.

Entertainment on The Cultural Stage featured dance, drumming, storytelling, and of course reggae and soca music.
Headliner Tarrus Riley rocked the crowd along with several Jamaican artists. It was a joyous affair celebrating
Jamaica’s 50th anniversary in style!

(pics by Megumi Shelley)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s