Chapter V By Trey Songz ヴァージニアの王子様

Trey Songz - Chapter V

Chapter V By Trey Songz ヴァージニアの王子様

トレイ・ソングズが5枚目のアルバム「チャプターV」を発表!

R&B界の王子様、トレイ・ソングズが新しいアルバムを制作中。ほぼできあがったところでいろいろな人に聴かせて意見をきこうと、NYの「ジャングル・シティ・スタジオ」で連日リスニング・セッションを開催しています。2005年にデビューして以来、通算5枚目にあたるというので「チャプターV」というタイトルにしたのだそう。

Chapter V - Trey Songz

トレイのマネジメント会社の社長で、元ワーナー・ミュージックのエグゼクだったケヴィン・ライルズがしっかり手綱を握っているのできっと素晴らしいアルバムになることマチガイなし。ケヴィン曰く、「トレイは本物のソウル・シンガー。今どきのポップ・アーティストとはわけが違う。アイドルとして人気がでるのもいいけど、しっかりソウル・ミュージックを歌い継いでいけるアーティストはトレイしかいない!」暗にクリス・ブラウンのポップ性を非難しているようにもとれます。

アイドル御三家 Chris Brown, Bow Wow & Trey Songz

ヒップホップ/R&Bアーティストの登竜門と言われている人気TV番組、 BET 「106 & Park」によく出演するアーティストのなかでもクリス・ブラウン、バウワウ、トレイ・ソングズは「アイドルの御三家」と視聴者から絶大な支持を誇っています。ダントツで売れているのはクリス・ブラウン、真似とはいえ、マイケル・ジャクソン並みのダンスが踊れるエンターティナーは、アメリカ広しといえどCB以外にはいないのではないでしょうか。トレイ・チームとしては、CBとの人気の差がどうも納得いかない様子。「トレイの実力だったらもっと売れてもいいはず。」とケヴィン・ライルズはこのアルバムに大きな期待を賭けているようです。トレイ自身も目標を「マーヴィン・ゲイのようなソウル・シンガーになること。」と明確に打ち出しています。

「すでに30曲くらいレコーディングしているけど、この6曲は多分アルバムに収録されるはず。」というので聴かせてくれたのが以下の6曲です。

1. “Heart Attack” – ファースト・シングルの「ハート・アタック」。 試聴はここをクリック
http://www.thisisrnb.com/2012/03/trey-songz-looks-to-share-his-heartache-on-new-single/

2.         “Two Reasons “ – 「クラブに行く理由はふたつ。酒とビッチ。」トレイ様本人のお言葉です。

3. “Dive In” – お馴染みプロデューサー、トロイ・テイラーとのコラボ曲。ダイヴ・インというのは浴槽でお遊び、という意味でしょうか。トレイ得意のセクシー・プレイ。水しぶきの音が聞こえてきます…….。

4. “Without A Woman” – シングル・マザーで育ったトレイにとって「女性は神様」、「男は女なしには生きられない」のです。そんなトレイ本音を歌ったのがこの曲です。

5. “Ladies Go Wild” – 珍しくユーロ・ポップなサウンドです。トレイにとっては冒険といえる1曲。トロイ・テイラー&–Teetimus Da Producerとの共作。

6. “Simply Amazing” – トレイのお気に入りの曲。大人の女性に受けそう。ラジオ・ヒット間違いなし。

日本が大好きなトレイ、「AIちゃん、どうしてるかな。前にコラボしたことあるんだ。彼女のファンキーなヴァイブ最高だよね。また一緒にやりたいので宜しく言ってね。」とのことです。実現するようにみんなで応援しましょう。

伊藤弥住子

Chapter V by Trey Songz, the Prince of Virginia

Trey Songz

 

Last month, during his promotional visit to NYC Trey Songz rented a room at Jungle City Studios and invited a few members of the press in to preview some select tracks from his forthcoming anticipated album Chapter V.

Upon arrival, attendees were greeting by a row of vixens in black Chaper V tees, matching tights, and pumps serving Grey Goose cocktails.

He says he’s about 30 tracks into his forthcoming fifth album, Chapter V, the follow-up to 2010’s smash hit Passion, Pain and Pleasure.

“I’m excited as hell to hear them loud,” Trey said before queuing up the six songs that he’s almost positive will make the final cut of the album, which is tentatively set to drop in August.

1. “Heart Attack” – First Single Click here to listen http://www.thisisrnb.com/2012/03/trey-songz-looks-to-share-his-heartache-on-new-single/

2.         “Two Reasons “I go to the club for two reasons, the bitches and the drinks.”Trey said.

3. “Dive In” –Trey wrote and produced with frequent collaborator Troy Taylor. Trey croons about how he loves “swimming in your body.” This one is nasty.

4. “Without A Woman” – A very special song for Trey. “A man can’t be a man without a woman,” Trey was raised by his mother alone and always gives strong women all his love.

5. “Ladies Go Wild” –. “It’s a little different for me,” he conceded of the Euro-pop track, which he put together with Troy Taylor and Teetimus Da Producer.

6. “Simply Amazing” – This mid-tempo cut is likely score big on adult contemporary stations.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s